スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校からの塾のこと色々

M男は、中学時代、塾に通わず、机に向かって勉強することもなく、
3年間部活のサッカーに明け暮れて過ごしていた。

自分がどのレベルの高校を受験できるかさえ知らず、
高校受験4か月前に受けた模試で、
「あれ?勉強してこなかった今のレベルでここ?」
とわかり、
進学校の受験を志した。

結局、勉強してこなかったツケは、
やはり最終、第一志望の進学校の不合格につながったわけだけど、
ワンランク下げた学校では、物足りない。

もう少しだけ勉強していたなら、
進学校に行けたはず・・・・
気づくのが遅すぎた・・・・
そんな今のM男の心境。

足りない学業への思いは、塾で補うことにした。
進学校に入れば、大学進学に相当する勉強を
学校が賄ってくれるのだけど、
準進学校では、そうもいかず・・・・

M男の希望で、
塾は駿台予備校に決まった。

体験授業や診断テストを受けた。
難易度が高い・・・というので有名な駿台予備校。
授業料も相当なものですね(笑)

診断テストで受講クラスが決まり、
ある程度の学力がないと、
受講クラスがないのも、さすが!って感じで、
授業の難易度も高い。


高1の今年は・・・・
数学→駿台(¥17000程/月)
国語→Z会(¥4000程/月)
英語→あたしが教える
理科・社会→参考書を買い独学

スタディサプリも利用(¥980/月)

全てを駿台にすると、
莫大なお金が必要なので、
高1の間は、経済面を考慮して、
上記の予定になった。


英語のお母さん先生は、M男が小学校の時以来。
準2級レベルの英語力は既にもっているM男。
一年半程かけて、準1レベルの英語力に母が上げてみせます!
やる気のある今のM男ならきっとできる!
久しぶりの英語の先生になるあたしも燃えてきたよ~。

引っ越し先決定

M男の高校と塾の通学の利便性と
家賃を下げる目的での今回の引っ越し。

引っ越しせよ!
と言わんばかりの条件が一気にそろった。

この4月からの家賃の値上げ。
M男の高校の受験の失敗で、ここから遠方の高校に決まったこと。
それにより塾通いが必要になり、塾費用を捻出せざるを得なくなったこと。

元々部屋が広くて、親子二人には贅沢なマンションだった。
離婚した時、引っ越しも考えたけど、
あまりにも環境が急激に変化することは、子供の精神に負担がかかると思い、
引っ越しをせずに頑張ってきた。
でも中学を卒業した今、この学区にこだわって住む必要性もなく・・・
そして、10万円近い家賃は到底払えるわけもなく・・・・
6万8千円の2DKにお引越し。

17年間住んできたこのマンションともとうとうお別れだ。

大きく自分の人生が変化しようとしているのを感じる。

引っ越しは来月。
荷造り準備に、大あらわ。


元夫のこと

離婚して、早や7年半程が立とうとしている。
もう、そんなになるのかあ・・・

あんなに辛かったこと(修羅場とか)が、どうでもよくなっている。
ひどいうつで、夜も眠れず、泣き叫んでいた程だったのに。
時間が流れ、記憶が風化したからなのだろうか。
それとも他の辛い経験で、上書きされてしまったのか・・・わからない。



元夫は、きちんと毎月養育費を払い、
(※私は養育費には手を付けていないので、
息子が文系の4年生制大学に通えるほど貯まりました。
でも理系の6年生制大学に進学希望なので、今はまだ足りない
息子が「会いたい」といえば会ってくれていたし(まだ元夫が実家に帰る前)、
欲しいものがあれば、息子に買ってくれたりもした。
連絡も息子とはとっているようだ。

受験日前には、
「頑張れよ」とメールをくれたりもしていたらしい。

そして、今回、
高校入学祝にかなりの金額を送ってきた。

息子やあたしに「申し訳ない」といつも遠慮気味に接する元夫。

この数年の元夫の言動を見ていると、
本当に自分のしたことを心から申し訳ないと思い、
ひたすら償おうと、
そして、父親としての責任を果たそうとしていることがわかる。

人は行動では嘘はつけない。

言葉でいくら「反省している」と言っても、
養育費を払わないとか、
息子に連絡一つよこさないとか、
そんな行動だったら、
「反省」の言葉は、口から出まかせだということになる。


信頼関係を壊すのは一瞬だが、
築き上げるのには時間がかかる。

彼は、一度は激しく信頼関係を壊した。
しかし今、ゆっくりとだが、再び信頼関係をきちんと築こうとしてるのだと感じる。

信頼を崩した人間のほうが、
相手にどんなに拒否されようと、
その誠意をみせ続ければ、
こうやって想いが通じるときがいつかは訪れるのかもしれない。

やはり時間はかかるけれど・・・・

元夫は、心から詫びているのだとわかる。
(だからといって、復縁はないけど)


行動で示すことの大切さを改めて感じた。
行動し続けることは、人の心を動かす。
口だけ人間になるべからず。

高校のこととか色々・・・

第一志望の公立高校に落ち、涙、涙の15の春。
ランクを落として、別の公立高校に再受験。
本人は不本意な結果に落ち込んで、しばらくは寝込んでいたものの、
やっと心の整理がつき、現実を受け入れ、
第一志望校ではない高校に入学する決意を固めたようだ。

高校の準備を始め、
制服や教科書、体操服などを購入。
結構な金額がかかるね~。
ざっと15万円程。
毎度、毎度思うけど、
制服って高いよね。
学生にこんなに高い服って必要なの?!


公立高校でこれだけかかるのだから、
私立だったら相当なものなんだろうなあ・・・・

高校に落ちたショックから
M男が決めたこと。

高校では部活をしない!
ガチで塾通いをし、学業に専念すること!

中学で部活をしすぎて勉強が疎かになっていことに
やっと気が付いたそうだ。

ははは・・・遅すぎ(^^;


ということで、現在塾探し中。

M男の希望は、国公立の医療系大学だ。
多分6年、通うことになる?!
今から学費のことが・・・(@@)


自宅から学校へは遠い。
4月からマンションの家賃の値上げもあって、
M男の通う高校の近くにでも引っ越そうかと検討中。

あたしの転職、引っ越し等、
現在、目まぐるしい変化の時を迎えている。

自然に変化が訪れるときっていうのは、
きっかけも自然に巡ってくる。


元夫と元義母から、連名で入学祝が送られてきた。
かなりの額に驚いた。
何て言うか・・・
息子への罪滅ぼし、誠意のつもりなのでしょう。

元夫には、入学式へのご案内をだしており、
わざわざ遠方から出席してくれるそうだ。
夫婦が別れても親子は親子。

元夫は、息子に遠慮しているが、そんな必要はないのに。

あああ・・・春だなあ


春はまだ来ない

続々と受験合格の結果をもらう友達を尻目に、
一人、自暴自棄になるM男。

私立高校専願の子も多いこの地域は、特にその傾向が強い。

M男も一応、滑り止めで受けた私立高校は合格したが、
思うような結果(上位層に入れなかった)でなかったため、
「落ちたも同然」と嘆く。

公立高校受験まであと2週間程!
頑張れと言いたいが、本人の糸はぷっつりと切れている。

春は遠いなあ。
あたしの春も遠いよ~~。

やる気の起きないのは、母のあたしも一緒だ。
お気に入り
最近の記事
プロフィール

qualitytime

Author:qualitytime
英語大好き☆子育て幸せ☆な家庭だったはずが、旦那のギャンブルでの借金や社内不倫が発覚し、別居(突然の家出と住所不明)、離婚調停をへて離婚しました。シングルマザーとして頑張っています。母として息子を立派に育てていきます!

月別アーカイブ
カテゴリー
あたしの英語関連本
訪問ありがとう!!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
読みの導入にこんなのはいかが?
あたしんちで使っている図鑑や科学の本
M男が今まで使ってきたワークブック
こんなのはいかが?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。