スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚悟を決めた!

あたし、転職します!

転職活動を始めた。

この会社で働くことは、もう限界。
一歩も前に進めない・・・・
先も見えない。


これ以上心を殺して働くことは、もう無理。

ただ息を吸っているだけの毎日。
人との関わりもなく、ただ座って、
人のために、会社のためになっているのかわからない仕事。
ただの雑用。
誰に評価されることもなく、隅でモクモクと仕事をこなす。

愚痴る相手も励ます相手もいない。

一体、私は誰なのか?


M男の受験が終わったら、転職しようと一応の区切りは考えていた。
もうすぐだ。

子育ても一段落する。
息子のために、今の職場にいた。
職場が近く、息子が体調不良でもすぐに飛んで帰れる距離。
朝ごはんも一緒に食べられて、夕飯も一緒に食べられる。
「いってらっしゃい」も「おかえり」も言えた。

でも、「もうそこまでしなくても大丈夫」とM男に言われた。
「一人でも大丈夫」って。

これからは、時間の制約とか家事育児の両立という制約を離れて仕事ができる。
やっと、自分の人生だ。
自分の第二の人生、一人で生きていくのだから、
生きがいになるような仕事がしたい。

学費も稼がないといけないけど、老後の貯蓄もしたい。
間接部門じゃなくて、直接部門で働き、
成果給ももらってバリバリ仕事がしたい。
人に感謝されたり、認めてもらいたい。

新たな人生を歩もう。



スポンサーサイト

終わってる・・・

とにかく変な会社だ。
もうこれは、何度もここで書いた。

12月のボーナスは、
「業績悪化のため、出ないかもしれない。出ても半分くらいかも?」みたいな話しが出た。

今までだって、決して多くなかったのに。

業績が悪化というのは、
取引先が少なくなったから。
メインの受注先が、二つも三つも無くなったから。

でも、そうなることは何年も前にわかっていたのに、
新規開拓をしてこなかったトップに問題があるのでは?

あたしは入社してから不思議だった。
一向に新規開拓をしない営業部に。

「今のままではマズイです」と忠告していた営業課長の話は、
一切スルーする社長。
ようやっと、この段階になって、
「マズイ」と気が付いたらしい。
「どうなってるの?」だって。

何度も説明してたじゃない!!!

前からバカな社長だと思ってたけど、
本物のバカだったんだなあ・・・・と思った。

本業と違うことに手を出し、そちらに勤しむ社長。
本業が潰れたら副業どろこではないんじゃないの?

やってないことを「うちはこんなことをやってます!」と
ホラをふく会社。

矛盾だらけで、「本当に終わってる・・・・この会社」と思う。
こういう会社は、間違いなく淘汰されるんだと思う。
その前に辞めないと。
巻き込まれないようにしないと。

20数人程の会社なのに、今年になってもう既に退職者が5人。
全員うちの部署。
うちの部署だけで言うなら、1/3人が抜けた計算だ。
離職率、相変わらず高過ぎ~~~。

何人入っても、すぐに辞めていく。
終わってるわ~~~。
一体何人の退職者を見送ってきたことか・・・・
そして私もその一人になる。

残念な人

最近、友達やいとこと頻繁にやりとりするようになった。
頻繁にやり取りする友達は、
どうも、あまり人の話を聞かないタイプなので、
やり取りにとても気を遣う。

それにちょっと更年期も入っているようで、情緒不安定気味。

引きこもりだった子供が、
やっと学校に行けるようになったとか。

子供の年齢も、性別も一緒なので、
妬まれそうで、会話の内容や言葉に気を遣う。

彼女は、算命学でみると、子供の霊魂がない。
つまり、子供の気持ちがわからない。
また、女性にとって子供の霊魂は表現、伝達という意味にもなるのだけど、
それも同時にないことになる。
つまり彼女は、表現下手でもある。


もう、子供が大きくなったのに、
子育てを放棄してきた罪滅ぼしなのか、罪悪感なのか、
今までしてあげられなかったことをしてあげるんだ!
愛情表現をするんだ!
って意気込んでいるんだけど、

15歳にもなる息子に今更?!

「もう今は、遠くから見守ることが愛情だと思うんだけど」

って、言ってみたんだけど、
伝わらなかったみたい。

これが、子供の霊魂のない人の典型的な行動だと思った。
やってあげるべきときに、やってあげない。
子供の気持ちを考えた行動をとらず、自分の思い込みや自分勝手で行動する。

そりゃー、子供も戸惑うだろうなあ。

でも何を言っても、彼女は聞かないんだろうな。
もっと人の話を聞いたら、現実が明るくなるのになあ・・・・と思った。
残念な人。


残念な人2

友達は、自分にとって耳の痛いことを言われると、
連絡を無視してきたりするので、
一時、何度メールを送っても返事のない時期があった。

それが最近になって
「元気?私、転職をしようと思って。」と送った私の”転職”フレーズの入ったメールに反応したのか?!
再び私に連絡をくれるようになった。

転職=大変=ちょっと自分のほうが勝っている

から、返信をしようと思ったのか・・・?わからないが、
今回は、彼女にとって耳の痛い事をあたしが言っても、
へこたれず、メールを返してくる。

だけど、彼女が返してくる内容って、
ネガティブな発言が多いんだよね。

~したくない、
~にはなりたくない、

みたいな。。。。


彼女は互換中殺っていって、
親を頼っちゃいけない、
また親からみても、頼ってはいけない(友達から見ると頼られてはいけない)という関係になってるのに、
未だに親元でぴったりと暮らしている。
シングルマザーになって、あたしよりも長い。
子供が小さくて、経済的に自立することも難しかった時期なら、多少仕方がないにしても、
期限を決めて、母子で頑張ろう!って思わなかったんだろうか?と思う。

なぜなら、彼女は親が大嫌い。
口を開けば、学生時代から親の悪口ばかりだった。
それなのに、ずっと親に頼りっぱなし。

彼女のメールの返信を読んでいるとわかるのだが、
内容がネガティブなだけでなく、
どこか他力本願。

「~してみたら?」というアドバイスにも
「私には無理。それはqualitytimeだからできたんだよ。」と。

いやいや、あたしだからできたってわけじゃないよ。
頼る人がいなくて自力で生きていけないって、
後がないんだと思ったら、人は死ぬ気で何でもできるよ。
あなたが知らないだけ。
あなたが楽したいと思っているだけ。

自力で生きていかなければいけない宿命なのに、
どんどん外れていってるから、
人生が思い通りにならなくて、
ネガティブ発言になっていってるんだろうなあと感じた。

こういう人と話すと、こちらもネガティブな感情に引き込まれそうになって、
ブルーになるよ。

学生時代は、もう少し明るい子だったのになあ。

ネガティブ、他力本願、人の話を聞かない・・・・

この人、人生明るくなるんだろうか?!

宿命を侮ってはいけないと思ったあたしだった。


お気に入り
最近の記事
プロフィール

qualitytime

Author:qualitytime
英語大好き☆子育て幸せ☆な家庭だったはずが、旦那のギャンブルでの借金や社内不倫が発覚し、別居(突然の家出と住所不明)、離婚調停をへて離婚しました。シングルマザーとして頑張っています。母として息子を立派に育てていきます!

月別アーカイブ
カテゴリー
訪問ありがとう!!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。