スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乙武さん、羊頭狗肉

びっくりした。
結構、尊敬してたんだけどね。

でも、言ってることと、やってることが違う人って、あたしは嫌い。

こういう人、


羊頭狗肉


っていうんじゃない?


こんな道徳観、倫理観の方が、学校の先生をして、教育委員までされてたなんて。

子供達にどの面下げて、どんな教育をされたのだろう。

子を持つ親として、不愉快な人だなあ。。。と思った。

「子供が生まれて、夫婦らしくなくなったから」と、
不倫の言い訳をされているけど、
そりゃー、子供が生まれれば、子供中心の生活になるのは、当然だろう。
子供は親の助けなしには生きていけないのだ。
食べること、排泄にしたって、全てのことにおいて、始めは親に依存しなければいけない。
そうなれば、必然的に世話に追われ、夫婦の時間も少なくなるだろう。
男と女というよりは、互いに家庭という一つの枠組みの中で、
父としての役割、母としての役割が追加され、
子育てを通して、互いに協力し合って、助け合って生きていくことによって、
共同体のような存在になる。
そして、そこから男と女という領域を超えた絆が生まれるんじゃないのかな。
恋人から結婚して夫婦になるってそういうことなんじゃないのかな。

教育者だったなら、子育てにおける家庭の親の役割だって、当然理解してるはずじゃないの?!

でもそこは、自分のこととなると、わからないのかなあ。。。。

いつまでも”男でありたい”がための女漁りだったのかしらね。

まあ、男の人は、自分がいつまでも男でいたい気持ちが強くて、
その証明のために、女を作るなんてことも言われているけどね。
家庭に入ると、男じゃなくなるような気がするらしいよ。


男であるまえに、人間として生きて欲しいよね。
動物は本能の性欲だけで、子作りして繁殖するけど、人間は違う。
子作りするだけでなく、ペアで子育てをしていく種類の生き物で、
本能だけでなく、理性があり、社会性をもつ生き物だ。
結婚して、子供がいる人には、独身の人と違って、それ相応の責任がある。
それだけ、結婚することや子供をもつって、スゴイことなんだと認識して欲しい。
自分ひとりの人生ではないのだ。

最近、本当に社会や家族に対して無責任な人が増えたなあ。。。。
未熟な大人が多いなあ。。。。と感じる。

自分の言動にもっと責任を持って欲しいなあと思う。
(↑自分にも日々、言い聞かせている。)


ところで、こういう事件が起きると、占い師は鑑定をする。

独学素人のあたしででも、パッと乙武さんの命式をみて、なるほど。。。。とわかった。
この方は、「土局潤下格」という非常に生き難い命式の方で、
障害をもって生まれることが多いという格の方。
まさに運勢どおりの方。

山である乙武さんの地支(現実、足元)は水浸しで崩れている。
つまり現実が土砂崩れを起こしているのである。
おまけに自分の隣、すぐ横にも水があり、水浸し。

自分の直下は、配偶者の場所だけど、
その場所がこれだけ土砂崩れを起こしていては、
お相手の奥さんは相当大変だろうと察しが付く。
土砂崩れに巻き込まれているわけだから。

山である乙武さんにとっての配偶者のエネルギーは水性である。
乙武さんは、水性過多の命式。つまり異性の多い命式で、
異性問題を起こしやすいのである。
正妻が地支(現実)に三人。
偏妻(愛人)が自分の真横に一人。

4回の結婚という人生の消化の仕方か、
奥さんが一人だとすると、愛人を外で沢山作って消化するのか。。。。。

ざっと、簡単に命式を見ても、
乙武さんの奥さんになる方は、とても大変だということがわかる。

特に次の大運(10年ごとの運勢)は、
地支が三合局というものになり、大洪水状態になる。
ちょうど4月のお誕生日からだから、もうすぐだね。
今年も申年で、すでに三合局が成立してるし、
今年は大洪水ダブル!

こういう方の奥さん、ホント大変ですね。

※なので、結婚するときは、相手がどういう配偶者運をもっているかを確認して結婚しましょう!
本当に大事です。巻き込まれます。
スポンサーサイト

さぼりすぎの天罰か~~?!

一年前に申し込んだ日本語→英語の翻訳講座。
締め切りはとっくに過ぎて、超過料金を払って、延長してもらっている。
ああーーーー、でも早くも締め切りがすぐそこに!!

もう、延長は出来ない。

急いでやっつけ仕事のようにテキストをこなして、添削課題を完成させていたら。。。。






シャーペンが壊れた!

長年愛用していた、お気に入りのシャーペン。
翻訳の勉強を始めたのをきっかけに、勉強用に10年前購入したもの。

気がついたら、10年も使っていたのね・・・
ということは、さぼり、さぼり、10年も翻訳の勉強してるって事に気が付いた。
(サボリ期間のほうが、圧倒的に長い。笑)

新しいシャーペンを買いに行く暇もなく、
息子のものを拝借していたら、


壊れた!



「ごめん。壊れちゃった。
別の貸して。




壊れた!


とうとう最後の1本。


「お母さん、これ以上、僕の使わないで。
一体、何本壊す気?」


「壊すつもりなんて、全然ないんだって。
普通に使ってたら、自然に壊れたんだって!」

さぼりすぎ天罰か?!
それともあたしの手に魔力が?!笑


息子に「もう、貸さない!」と言われてしまったので、
新しいシャーペンを買いに行った。

こんなにも立て続けにシャーペンが壊れるなんて・・・
ちなみに年明けすぐには、職場で使っていたシャーペンも壊れたばかりで・・・・

今年4本、壊しちゃった!

さーーー、翻訳課題、頑張ろう!

新しいことが始まる♪

春だなあ・・・
新しい季節を感じるなあ・・・


申し込んでいた算命学のテキストが届いた♪

なんか、ドキドキ。
独学で結構学んできたので、再復習のような形になると思うけど、
新たな気分で確認しながら、基礎をしっかり学んでいこうと思う!!


それと、ロシアくんのことがあってから、すっかりやめてしまったロシア語。
ロシアもロシア人も、ロシア語も、大嫌いになってしまったし、見たくもなかったけど、
たまたまあたしの出会った人が悪かっただけで、
ロシアもロシア人も、ロシア語も悪くはない。

もし、ある外国人が、
日本人の異性に騙されてしまって、
「日本なんか嫌い!日本人なんか嫌い!」って思われたら、やっぱり悲しいかな。
だって、日本人って言ったって、
そんな人ばかりじゃないし、日本が悪いわけじゃないしね。
それと同じ。

どんな人種でも、どんな国に住んでいても、どんな言葉を話していても、
嘘をつかない人はつかないし、
人を騙さない人は騙さない。

国も人種も言葉も関係ないのだ。

その人の人格の問題だから

でも、あたしはこのままだと、
やっぱりロシアもロシア人も嫌いになりそうで・・・・・

そしたら、たまたまなんだけど、
ロシア語講座のいいのを見つけてしまって、
良心的な授業料でロシア語を教えている先生を見つけた。
しかもその先生は、とても有名な方で、評判のいい先生のようだ。
とてもラッキーかもしれない。

ロシア語をもう一度勉強してみることにした。
リベンジ!
ロシア語を使って何かをしたいとは、今は思わないけれど、
ロシア人やロシアに対するあたしの悪いイメージを払拭して、
ロシアくんを通して見ていたあたしのロシア観を
あたしの目で見て、感じてみたいと思った。

こだわりすぎかなあ・・・?
「ロシアなんて嫌いのままでいいじゃない!
そんなことも含めて全て忘れちゃえばいいのに!」
って感じかなあ・・?


このロシア語講座は通学。
(とりあえずは10回講座)
先生に生徒、新しい人との出会いがありそうで、楽しみだなあ。


4月から忙しくなるよ~~~~。
お気に入り
最近の記事
プロフィール

qualitytime

Author:qualitytime
英語大好き☆子育て幸せ☆な家庭だったはずが、旦那のギャンブルでの借金や社内不倫が発覚し、別居(突然の家出と住所不明)、離婚調停をへて離婚しました。シングルマザーとして頑張っています。母として息子を立派に育てていきます!

月別アーカイブ
カテゴリー
訪問ありがとう!!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。