スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熟女好きの元同僚のこと No.4

熟女好きの元同僚を含め、最終的に5人での飲み会になった。
久しぶりに元同僚達と飲めて楽しかった。
この職場は、あたしは大好きだったので、本当に久しぶりにワイワイできて面白かった。


ところで、ここ最近話していなかった熟女好き同僚くん。
彼は、せっかく彼女ができたのに残念なことになっていた。
なんと!


彼女と別れたい・・・・と!



しかも彼女の他にもキープが何人かいるらしく、
(まだ体の関係はないものの)
非常に残念な行動に出ていた。


付き合って2ヶ月の彼女のことを
ボロクソに悪口を言う。

普通は一番楽しい時期だよね。

付き合う心の準備ができていないと、
新しい彼女ができてもこういう結果になるんだなあ・・・・と思った。
失恋の痛手、寂しさから始まった恋愛って、ロクなことがない。

それでも二週間後には、旅行に行くんだって。

「別れるつもりなら、旅行やめなよ!」って言ってみたけど、
不満は沢山あるし、彼女のことは好きではないものの、
体の関係、都合のいい相手とは薄くでもつながっておきたい男の心理なのか、
ずるずるとしてたいそうで・・・・・

ああああああ・・・・・
残念な男になっている。



彼女も合コンで知り合ったばかりの男と、
早々に体の関係を持ち、
旅行になんて行く早さで交際してたら、
そりゃー軽く扱われるよな・・・・・と彼女側の責任も少し感じるあたしであった。


まさか彼女、そんなことを言われて、思われているなんて、
夢に思わないだろうな・・・・
正直、気の毒になってきた。


男って嫌だなあ。
こんな精神状態の男に引っかかったなら、しばらく立ち直れないよ~~~。



恋愛って難しい。
頑張って、勇気を振り絞って出た一歩が、
こんな結果になることもあるんだもんね。


熟女好きの元同僚の行動を見てたら、
あたしの場合だって、
ロシアくんの精神状態が、恋愛に出来る状態(もしくは遠距離恋愛)じゃなかったからこそ、
起きた結果かもしれないなあ・・・と
その結果を冷静に受け止められるようになってきた。

女も男も、簡単に引っ付いてはいけないんだね、きっと。
悪縁ってこういうことを言うんだね。
相手をよく見て、自分の心と体を許さないと。

すごく勉強になった。




スポンサーサイト

因果応報を信じる?

あたしは因果応報を信じている。
なぜならそれを見てきたから。

だからこそ、嘘をついたり、人を騙したり、良くない行動をしたり、
自分がされて嫌なことはしないとか、
自分に悪が帰ってくるようなことはしないように心がけている。
逆に、自分がされたら嬉しいこと、人の喜ぶ顔ようなことをするようにしている。


自分がされて嫌なことは、因果応報で自分に帰ってくるからしないというより、
自分がされた時の心境も想像できてしまうし、胸にモヤモヤ感が残り、後味が悪いからだと思う。

今回、散々嘘をつかれて、人として扱われなかったことに対して、
あたしはそんな扱いを受けるような悪いことを
自分でも気づかないうちにしてしまっていたのだろうか?
その報いがきてしまったのだろうか?とも考えた。
(ロシアくん以外でも。あたしの周りの誰かにという意味)

考えてみたけど、わからないなあ。。。。







因果応報、これって、あると思うんだ。

あたしを今までひどい目に遭わせた人のその後を知ってるけど、
みんなどん底に落ちていらっしゃる

ものすごく相手に怒りを感じ、復讐したいとか、
マイナスの感情が渦巻くけど、
あたしがその時に手を下さなくても、
必ずその人たちには、自然と罰が下ってるんだよね。

それはそういう人っていうのは、
自己保身のために無意識に人を傷つけたり、
不誠実はことをしているから、
自然と周りが離れていったりして、
しっぺ返しがくるシステムになっているんだろうなあ。。。。と思う。

今はあたしの中で、すごく悔しい思いがあって、
マイナス感情からは立ち直れていないけど、
彼には必ずしっぺ返しがくると信じている。



今は若くて綺麗な彼女とお楽しみ中、
悪いことでお金を稼いでいるかもしれないが、
経済的に自分が満足できる程あり、
人生を謳歌しているつもりかもしれないが・・・・

人生は「諸行無常」なのだ。

栄華を極めた平氏が滅んだように、
時は流れ、いい時ばかりではない。
どんな時もいい行いし、恩をあだで返すようなことをしてこなければ、
悪い時にも自分を支えてくれる人が周りにいるような、
穏やかな人生を送れるのだ。


焦ってる?空回り・・・

色んなことにチャレンジして、
毎日を忙しくして、
思いを巡らせ、考えて・・・・・
時には想いを手放す瞑想をし・・・

自分でも何をしていいのかわからず、
やみくもに生きているような感じがするのだ。

ただ、何かをしていないと、自分がダメ人間のような焦りがどこからか沸いてくる。

なぜだろう。

自分が否定された気がしているのだろうか。
今のままでもいいのにね。
あたしは何も悪いことはしてないのにね。

座禅を組み始めて、
禅に興味をもち、
こんな本を読んでみた。

とてもいい本だと思う。

禅語


--------特に気に入った一説から引用--------

何も無いところから始める--本来無一物

私達の命が始まったとき、
何も持っていなかった。
私達の命が終わるとき、
何も持っていけない。

自分は何のために生きるのか、
自分に何が出来るのか、
自分は何を得られるのか、
自分がもっと成長するには・・・。
価値があるように見えることには、
どれくらい意味があるのだろう。
何にこだわっているのだろう。
何にとらわれているのだろう。

無から始まる人生は、
無限の可能性と広がりを持っている。

人生がつらくなったら、
もう一度、何も無いところから、
新しい一日を始めてみよう。

-----------------------------------------

禅の本を読んで、哲学書を読んで・・・・
自分の人生を考える。


「自分は何のために生きるのか、
自分に何が出来るのか、
自分は何を得られるのか、
自分がもっと成長するには・・・。
価値があるように見えることには、
どれくらい意味があるのだろう。
何にこだわっているのだろう。
何にとらわれているのだろう。」


まさしくこれなんだなあ・・・


われわれはどこから来たのか? われわれは何者か? われわれはどこへ行くのか?

(↑ここをクリックすると、絵が見れます。)

by ポール・ゴーギャン

D'où venons-nous ? Que sommes-nous ? Où allons-nous ?
Where Do We Come From? What Are We? Where Are We Going?

今度、「哲学カフェ」にでも行こうかな。。。。

夏の旅行

本当に気分がどんより落ち込んで、頑張って今を生きているものの、
生きている気がしないのである。




いつものあれ、行ってみよう!




失恋した時は・・・・・




やっぱり旅行だああああああ。



ということで、現在企画中。

一人旅のつもりだったが、
(M男が旅行を拒否したため)

「やっぱり僕も行こうかな・・・・」というので、
二人で行ってきます!

二人と言うことは、予算の関係で
自動的に行き先はアジアになります!

M男のパスポートが切れそうなので、現在更新中。

楽しみだなあ・・・・
どこに行こう?

サプライズプレゼントと反省

今日は母の日。
M男があたしにサプライズでプレゼントをくれた。
当のあたしは母の日をすっかり忘れていた。


あたしの好きなブランドのもの、
香りまであたしの好きなものをチョイスしてくれた。

「お母さんが好きそうな香りは知ってるから、それにした。
その香り、好きでしょ?」



22325_820062904736699_7829728026783945339_n_convert_20150509231155.jpg



一人で買いに行き、選んでくれたM男の気持ちを思ったら、
涙が出てきた。

日ごろ思春期で、どんな生意気なことを言って、あたしを邪険に扱っても、
感謝の気持ちを持ってくれてはいるんだなあ・・・とあらためて親子の愛を感じた!
というか、久しぶりにこんな感情を味わった。
(M男が中学に入ってからは、心の交流がほとんどなかったので。)

M男の思春期の反発につられて、
あたしも最近彼を邪険に扱ってきてたので、
今日は反省した。

もっと彼を遠くから優しい目で見てあげないといけないなあ・・・と。

あたしは最近、本当に自分のことでいっぱい、いっぱいになっていた気がするなあ。
人は自分のことでいっぱいになると、思いやりの気持ちを忘れてしまいがちだ。
ダメだなあ。。。。あたし。
本当に反省。
やっぱり、親子って時には傷つけあったりするけど、
愛情を示した分だけ、その気持ちは伝わるんだなあとも思った。

M男を、息子を大切にしなくちゃ!
愛してるよ、M男。
(そういえば、M男が生まれたてから、中学に入学するまで、毎晩必ず、
「愛してるよ」ってM男に言ってたなあ、あたし。)

私はどこへ向かっているのだろう・・・

がむしゃら。

そうだ。

なんか今のあたしは”がむしゃら”。
何をしていいのか、よくわからない。

今までやってみようと思ってもやらなかったこと、
興味はあったけど挑戦しなかったこと、
友達に誘われたけれど、興味がなかったりでやらなかったこと、

なぜか、そんなことが沢山頭によぎった。

そうだ!

そういうものをやってみよう・・・・・と思った。
今まで、頭の中や環境の中では、チャンスがあったにも関わらず、
行動には起こさなかったこと。
(実は、座禅もその中の一つで、既に今行動に起こしている。)


”自分の行動範囲にはなかったことに挑戦することで、世界が変わるかもしれない。
当たり前だと思っていた既成概念、自分の認知概念が変われば、
自分の新たな道が開けるかもしれない。”


と思ったのだ。


とにかく今は、


自分を変えたい!





今、自分の価値がすごく下がってしまったような気がしてならないのだ。
彼に選ばれなかったこと、他の女への敗北感というよりは、
自分の人を見る目のなさに、ほとほと腹が立って、
矛先が自分に向いてしまっているのだ。
自分の無能さ、愚かさに。



自分を変えたい・・・・・










早速、一つ挑戦してみた!









ボルダリング


あたし、ボルダリングを始めた!

週に3回、スポーツジムに通っているので、
筋肉はだいぶついていて、
予想以上に、サクサクと登れた!
初心者講習で一緒だった20歳の女の子たちより、
経験者の若い男の子より、
ワシワシと登れた!

しかも、このスポーツはあたしの性格にも合っていて、とても楽しい。
登る!=上昇=成長
今のあたしには、ぴったりだわ

いつか、本物の岩で挑戦したい。
その前に壁で、グレード(級)を少しずつ上げていきたい。

心に何人入るのですか?

好きな人がいるのに、もしくは付き合っている人がいるのに、
それでも他に好きな人ができるって、
一体心に何人の人が入るようになっているのでしょうか?

仕組みを教えて欲しい。

あたしは、そんな経験したことがない。

どんなに相手と仲が悪くなろうが、
離婚する間際であっても、
心に他の男性が入ってくるとか、
頼りたいとか、
そんなことを思ったことがない。

自分でケジメをつけて、関係を終わらせて、
気持ちが落ち着いたら、一歩踏み出す。

それに一歩踏み出そうと決意しても、
なかなか男性は心の中に入ってこない。

いいなあ・・・と思って付き合いだしても、
心の中に入ってくるのには、だいぶ時間がかかる。

そもそもストライクゾーンも狭いしね。

離婚して、3年という月日がたって、
一歩踏み出そうと思った瞬間に、
ロシアくんが、あたしの前に舞い降りてきた。

1年後、彼があたしに会いに来て、やっと心の中に入ってきたのに、
入ってきた瞬間に、彼はあたしの前から消えてしまった。


離婚の失敗から学んだことを生かして、
もう失敗しないように・・・と思って、
自分なりに頑張ってきたのに。


心のぽっかり、穴が開いてしまった。


やっと踏み出した一歩だったのに。


失恋しても、すぐに次の異性が心に入ってくる人ってどんな感じ?
付き合っていても、結婚していても、他の異性が入ってくるってどんな感じ?


あたしには、理解できない領域だ。

同じ人間なのに、どうしてもこうも違うのだろうか。

いつかまた、必ず人を好きになることはあるだろうけど、
あたしは時間がかかるだろうなあ。

そう考えるとロシアくんは、あたしとは違うタイプだったんだなあと思う。
次から次へ、好きな人が出来るタイプ。
あたしとは、そもそも別の人種だ。





夏の旅行2015

お盆休みに行く旅行先が決まった!

マレーシア。



暑いだろうな~。


首都クアラランプールに滞在予定。


目的?!


そりゃー、美味しいものをたくさん食べまくる~~~~



3年前、シンガポールに行ったとき、
シンガポール料理に一瞬で恋に落ちたM男。

今回もシンガポールがリクエストされたが、
友達に聞いたところ、
シンガポールと同じ料理がマレーシアで安く食べられるとのこと。

ということで、今回の行き先は、
有無を言わさず、マレーシアに決定!

特に観光スポットは無いようなので、
食べまくりの旅になりそうだ!


8月9日から14日まで6日間。
楽しんでくるぞ~~~

ちょっとテンション上がってきた!


失恋なんてなんのその。
世の中には、恋よりも楽しいこともある♪

頑張って生きていくぞ~。

わっはっは

振る側、振られる側

熟女好きの元同僚が、彼女と温泉旅行から帰ってきて、
やっぱり「彼女と別れます!」と連絡が来た。

「価値観が合いません!」だって。


いざ振る側になったら、
「あれから連絡が来ないし、僕の中では終わってるので、
このまま音信普通でもいいんですけどね。」って・・・・




あんた!




大好きだった元カノに振られる時は、
うやむやにされるのが嫌で、
「うやむやにせず、はっきり振ってくれ~~~」て何度もお願いして、頼み込んでたくせに!


いざ自分が振る側になったら、このざま!


自分がされて嫌なことは、人にするな!
経験から学んだであろうに。
なんて情けない。
男なんて、みんなそんなもんなんだろうか。

振られるときは、音信普通はイヤ!
振るときは音信不通。

自分勝手すぎる。
そんなヤツは、恋愛する資格もない。
前の恋愛から何も学んじゃいない。


結局恋する準備ができていなかったのに、無理やり今カノを引きずり込んだ形なのだ。
今カノが気の毒だ。
たった2ヶ月。

ボロカスに今カノの悪口を言い、元カノに未練タラタラ。

男ってイヤだなあ。

立場が逆になると、こんな風になるんだね。

ロシアくんだって、きっと元カノとのことで、学んだこと、傷ついたことはあっても、
それをあたしに当てはめることはできなかったのかもね。

振る側になると、みんな自分勝手になるんだね。
自分を正当化して、自分を悪者にしたくなくて。

器が小さい。

最近の若い男ども!
もっと成長しなさい!
人間関係に責任を持ちなさい!
思いやりを持ちなさい!




元夫 帰郷

元夫から連絡があった。
今週の土曜日、仕事を辞め、実家に帰るので、その前に3人で食事をできないかと。

仕事を辞め、実家に帰るつもりだということは聞いていた。
しかし、仕事が見つからないと言うことで、保留だった。

それがトントン拍子に仕事が決まり、5/20に今の仕事も辞めたそうだ。

今まで、車で15分位の所に住み、
M男が会いたい時は、会っていたのだけど、
これからはそうもいかなくなる。
電車で4時間、特急にのれば2時間くらいと離れることになり、
そうそう会えなくなる。

M男は少し涙ぐんでいた。


そっか・・・・
これからは本当に1人で子育てしていくんだなあ・・・・と思った。
「預けたい!」なんてこともできないんだなあ。
それはそれで、不便だなあ。

どうも体の調子が悪いらしく、
もっとゆるく働ける職場に変わりたいのだとか・・・・
それに田舎にいるお母さんと暮らしたいのだろう。

ここにいてもね。
未来がないもんね。
復縁はないし。

明日は最後の晩餐だ。

なんか、今年は色々ある年だなあ・・・・

やっぱり大殺界のど真ん中だからかなあ・・・


元夫へ、幸せを祈る!

離婚して6月で丸5年になる。
今日は元夫との最後の晩餐。

離婚のことを、M男と私に対して、謝罪があった。
真剣に頭を下げられた。

「今まで以上に離れることになるけど、
どこにいてもお父さんだから、遠慮なく何でも言ってこいよ!」と
M男にお父さんアピールをしていた。


離婚に到る結果を作ってしまったことを心から反省しているようだった。
元夫は、見るからに不幸そうだった。
体調を崩し、仕事もうまくいかず、家庭も壊れ、元に戻らず、実家に帰る。
人生の全てがうまくいっていない感じだった。

修羅場だった当時、
元夫は、何が大切なことか見えてなかったんだと思う。

仕事が自分の力一つでうまくいっているような錯覚に陥り、
職場で少し女性にモテ、
天狗だったんだろう。

離婚することになり、
愛人とは、そう時間をあけることなく破局し、
体調を崩し、
仕事もうまくいかなくなり、
1人の寂しさを味わったに違いない。
自分の不甲斐なさも感じたに違いない。

そうして、人生において大切なことに気がついたのだろう。
当たり前にある家族とその支えが、
どれだけ自分に幸せをもたらしてくれていた存在だったかを。

気づいても元に戻らないこともあるのが人生だ。

時間がたってみると、よくわかる。
これが因果応報なんだと。
人生は長い目で見ると、つじつまが合うようにできている。
必ず。
自然の摂理みたいなものだと思う。

一時の「損得」ではなく、
長い目で見た「尊徳」で
真面目に、正直に、努力して生きていくことが大切だと心から思う。

心から反省している元夫には、幸せになって欲しいと心から願う。






苦しかった日々

ここ2週間、とても苦しかった。

ロシアくんからのメッセージ、
元夫との和解とさよなら。

過去を振り切って、ひたすら前に進んでいたところ、
後ろからギューーーーーと髪を引っ張られ、
身動きがとれなくなってしまったような、
そんな2週間だった。


過去を色々思い出したり、
葛藤したり、
心がかき乱されるような
そんな2週間だった。


以前から申し込んでいたラフティング。
色んなことがあった後だったので、
気分は乗らなかったけれど、
行って、正解だった。

死ぬほど笑って、はしゃいで、体を動かして、
すっきりした。
生きてる~~~~~♪って心から実感した。

楽しいこと、幸せになれる瞬間は、私の人生において、まだまだたくさんある。
そう感じた。

ラフティングしたその川は、
ロシアくんとの思い出が沢山詰まった川だった。
最初は、景色を見ながら、涙が出そうになった。
ロシアくんの嬉しそうなあの時の顔が頭に浮かんだからだ。
あれから1年も経っていないのに、
こんなに変わってしまった現実がある。

でもラフティングの楽しさや興奮で、
その思い出の上に、新しい思い出が上書きされた。
少しずつ、美化されたロシアくんとの思い出が、他のことで上書きされるといいなあ。



お気に入り
最近の記事
プロフィール

qualitytime

Author:qualitytime
英語大好き☆子育て幸せ☆な家庭だったはずが、旦那のギャンブルでの借金や社内不倫が発覚し、別居(突然の家出と住所不明)、離婚調停をへて離婚しました。シングルマザーとして頑張っています。母として息子を立派に育てていきます!

月別アーカイブ
カテゴリー
あたしの英語関連本
訪問ありがとう!!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
読みの導入にこんなのはいかが?
あたしんちで使っている図鑑や科学の本
M男が今まで使ってきたワークブック
こんなのはいかが?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。