スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロピアンの同僚と女子会

あたしの会社には、外国人が何人か働いている。
外国かぶれの社長のお好みのようだ。

あたしが働く事務所には彼女達はいないのだが、
新年会の時に、ヨーロピアンの彼女とは初めて顔を合わせ、同席だったのだ。

そのときはあまり話せなかったのだが、
「もっと話したしないな・・・」と思わせるほど、
明るく快活な女性だった。

彼女に色々相談したいことがあり、
彼女と連絡先の交換をした。

外国人が日本で働く時の労働ビザについて、聞きたかったのだ。

あ、でも、もうその必要がなくなってしまったので、
単なる女子会になってしまったのだが。。。。

留学生でやってきた彼女は、日本の大学で、日本語を勉強し、
一度母国に帰り、再来日し、日本で仕事を始めたばかりということ。
前の会社は、お給料が安く、でも責任は重く、「やってられない!」と
辞めることを決意し、その時にあたしんとこの会社の社長にスカウトされたらしい。
「うちの会社に来ませんか?」って。

彼女は、日本が好きで、日本語も流暢で、
「ずっと日本に住みたい!」って言っていた。
とても若く、夢にあふれ、エネルギッシュな彼女は、とても眩しかった。


彼女の母国と、日本の違いもとても興味深かった。
個人主義の国だから、仕事よりプライベートを優先させる
「人生は一度しかないから、楽しまなくちゃ!」という感覚。
日本人にはない感覚だなあ・・・と思った。


彼女は、前職は外資系のコンサル系の会社だったらしく、
「この辺には、みんな知らないだけで、たくさんの外資系の会社がありますよ。
ドイツの会社だからと言って、ドイツ語ができなくては・・・とかありませんし、
英語と日本語さえできれば、結構仕事ありますよ。」とか、教えてくれた。

「いざとなったら、コネも使えます(笑)」とか・・・。

そういえば、あたしんとこの社長は外国人好きだから、
外国人が働けるような会社も知っているのかもしれない。

ロシアくんがもし本当に信頼できるような人で、
あたしと将来を真剣に考えているような人だったなら、
日本で働き、一緒に未来を作れたかもしれないのに・・・・
なんて馬鹿な男だったんだろう・・・と思った。

でも結婚とか、日本に住み着く前にその馬鹿さに気づけて良かったけど。

同僚の彼女とはたくさん話した。
すごいパワーをもらった。

前向きに頑張って、楽しんでいる人といると、気分が明るくなる。

あたしを地獄に突き落とすように傷つける人と一緒じゃ、
あたし、幸せになれない。
ポジティブな人たちと関わって、前向きに生きていこう。

スポンサーサイト

念願の新しい仕事

ロシアくんとのいざこざで、すっかり落ち込んでしまったあたしに、
「気晴らしにこんな仕事しない?」と、友達が勧めてくれた。

あたしには実力不足かもしれない・・・と思い、
断ろうかとも最初は思ったけれど、

「これも何かの縁。」

断ることを前提じゃなくて、自分が出来る方法を考えてみた。
できないであろうと思うことにチャレンジすることで、
自分の中で何かが変わる気もした。

一人ではできないかもしれないけれど、
誰かヘルプしてくれたらできるかも、と思い、
ヘルプしてくれる人を探した。

そうしたら、「やってもいいよ」という人が出来てきた!!

彼女の力を借りながら、自分の可能性を広げるために、
思い切ってはじめることにした。

本当に今は勉強がてらになるので、お金をもらうのはもったいないくらい。
もちろんお金は、ヘルプしてくれる人と折半する。

新しく決まった仕事、それは


翻訳の仕事。

社内での翻訳は少しだけやったことがあったけど、
フリーで外部からの仕事は始めてである。

和訳は多少いけるかも・・・・と思っていたのだが、
今回の依頼は英訳の仕事だった。
英訳は経験がなかったので、あたしが訳したものを
ネイティブの友達に添削、チェックしてもらって、納品する予定だ。
定期的に発行されるフリーペーパーの英訳なので、
仕事をしながら、コンスタントにこなしていかなければならない。

量をこなせるなら他にもやってもらいたい英訳の仕事がある。

とも担当者の方に言われ、
自分に実力さえあれば、どんどん道は開けてくるし、
今の仕事を辞めて、フリーランスで仕事をすることも夢じゃないかもしれないと思った。

よく「失恋を転機に、人生が変わった」ということがあるけれど、
あたしも本当にそうなるかもしれない。
悔しさをバネに!
前を向いていくぞ!

ちなみに、ヘルプをしてくれるネイティブの友達というのは、
ロシアくんのことがきっかけで知り合い、仲良くなった。
ロシア人とアメリカ人のハーフで、ロシアに住む女の子。
その子の彼氏は日本人、
あたしの彼氏はロシア人というこで、
お互いに立場が反対だったので、お互いの国の情報交換をしたり、
恋愛相談をしたり、していた。

ロシアくんとの出会いと別れがなければ、
このあたしがやりたかった仕事は、
今あたしの元にはこなかったかもしれない。

こういうのは、「ご縁」といい、「めぐり合わせ」であり、
一時の時間軸で見ていくと、
ロシアくんとのことは、いやーーーな思い出になりつつあるけれど、
(最後はひどかったので)
その流れで、未来が開けてきたことも事実であり、
人生は色んなことでつながって、築かれているんだとあらためて感じる。

そういう意味では、ロシアくんとのことは、
あたしの人生では、なくてはならなかったことだったのかもしれない。

恋愛はしばらくお休みして、
自分の目の前にあることに全力で取り組み、
自分をより高いところに置き、自分を磨いていきたい。

いい仕事ができますように・・・・・







嘘の見抜き方

ロシアくんにたくさんの嘘をつかれて、本当に私自身とても疲れた。

なぜ、嘘をつくのか?
その嘘にどんなメリットがあるのか?

嘘の本質とは、何か。

それがわかる面白いトークを見つけた。



↓日本語サブタイトルはこちら
嘘の見抜き方

嘘の本質。
それは、

誰もが 己の願望のためには 進んで何かを差し出すもの。




騙されたくないと思うのなら 自分の願望を知る必要があり、
自分の願いや夢想と現実の差を 埋めようとするのが嘘なのだ。
実際の自分と、こうありたい自分、こんな風だったらと思う自分との差を
進んで嘘で埋めようとする。



人はつくづく欲深い生き物なのだと思った。


嘘を見抜くためのポイントも面白い。
ロシアくんに、面白く当てはまった点もあった。

どんな人も秘密を守ることはできない。
お気に入り
ランキング
最近の記事
プロフィール

qualitytime

Author:qualitytime
英語大好き☆子育て幸せ☆な家庭だったはずが、旦那のギャンブルでの借金や社内不倫が発覚し、別居(突然の家出と住所不明)、離婚調停をへて離婚しました。シングルマザーとして頑張っています。母として息子を立派に育てていきます!

月別アーカイブ
カテゴリー
あたしの英語関連本
訪問ありがとう!!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
読みの導入にこんなのはいかが?
あたしんちで使っている図鑑や科学の本
M男が今まで使ってきたワークブック
こんなのはいかが?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。