女子会に子連れってあり?

1~2ヶ月のペースで女子会をしている。
いつも3人で、あたし、大きいお子さんのいる既婚者、子供のいない既婚者。

離婚してすぐ、まだM男が小さかったとき、
夜ご飯を食べるということで、夜に子供をひとり置いておくことはできなかったので、
「連れておいでよ。」というご厚意に甘えて一度だけM男を連れいてったことはある。

でも全然楽しめず、子供に気を使うし、
それきり、女子会を子供を置いておける昼間にしてもらって、
「連れておいで」と言われても一度も連れて行ったことはない。

そのほうが、自分も子供も楽だったからだ。

今回その女子会になんと!


高校生の子供を連れてきた友人にびっくりしてしまった。!


仮に急にご主人が面倒を見れなくなったという小さいお子さんなら、
十分わかる気がするが、
なぜ高校生を大人の会話がなされる女子会に?!


しかもそのお子さんがバーゲンの買い物をしたいから、ということで、
あちこちのお店をはしごさせられた。
ゆっくり喋ることもできず、連れ回され、
なんだかストレスの溜まる女子会と相成った。

大人の会に子連れはやっぱり非常識ではないだろうか?

どうしてもひとりで置いておけない子供がいて、
預ける人がいない場合は、「子連れも有り」という気がするけど、
さすがに高校生の子を連れてくるのは、非常識だよね。
留守番できるでしょう?

どんな事情があったかのか、聞く気もしなかった。
どう考えても非常識だ。



スポンサーサイト

なんかムカついた

今日、会社の人が一人突然クビになった。
過去記事はこちらから 6/5記事

相談にのっていた人だっただけに、残念だ。

彼にも勿論非があった。
仕事で何度もミスをしたため、取引先の仕事がおじゃんになった!

彼が一人やめたからといって、問題は解決されたわけではない。
問題は、入社一年の社会人一年生に責任を押し付けていた会社の体制や上司の管理能力のなさだ。

彼は「夏頃には辞めようと思う」と言ってはいたけれど、
こんな形で辞めるつもりはなかっただろう。


彼が新しく出直すためにも、こんな会社は辞めたほうがいいのかもしれない。

でもやっぱりあたしの気持ちはやりきれない。
毎度、毎度人が入れ替わって、新人ばかりの会社だ。



今日は気分が滅入っていたからか、
ロシアくんとしゃべっていてもなんだか彼の態度や言葉にムカついてしまった。
日本語が上手じゃないのに、一生懸命話してくれてるし、言葉の行き違いは仕方ないのだろうけど、
それでも失礼な言葉には、やっぱりムッとする。

あたしの趣味を「怠惰な趣味」と。
趣味って「自由時間にする好きなこと」っていう意味じゃないの?
読書や音楽を聴くこと、人と話すことが好きって、そんなに怠惰なのだろうか?!

「僕は毎日本を読むし、音楽も聞くし、人とも話すけど、それは趣味って言わない」

あたしは本を読む時間も音楽を聴く時間も限られているし、
仕事では人と一切話すこともないし、
息子の機嫌が悪い時は、一日誰とも話すこともない日だってある。
フルタイムで仕事して、家事も育児もして自分の時間は限られていて、
その限られた時間内で勉強もして、
自由な時間にできるこれらがストレス解消で楽しみなんだけど、何かあああ?!

なんかムカついた。


相変わらず、「xxに(自分の住んでいるところ)来て~」の会話ばかりだし、
会いたけりゃ「おまえが日本に来い!


キツイ女だなあ・・・あたしって。


「英語ができる」ことに抱く幻想

あたしの知り合いで、英語コンプがあるのか、
それともバブル世代の名残なのか
とにかく「英語が出来ること」に対して、特別な幻想を抱いているように感じる人がいる。

彼女はあたしより少し年上のまさにバブル時代を生きてきたバブルさん。

海外へのあこがれが強く、いつも海外ドキュメンタリーや海外旅行特集を見て、、
ネットでも海外旅行を頻繁にしている人や元CAさんたちの優雅なセレブ生活ブログを読み漁っている。
(あたしはこういうところに彼女のバブリーさを感じる
けれども当の彼女は海外旅行に行くこともなく、「英語もできないし・・・・」と
憧れている割には自分からは特に動かない。


一番の自慢は、少し英語のできる娘さんで、
自分ができない分、娘さんに期待を寄せているらしく、
「外大に入れようかと思って・・・」と嬉しそうに語る。
「ほら、英語ができたらいいじゃない?!」と。

あたしが語学学習サイト等で知り合った人達と
スカイプで語り合っていることも知っている彼女は、
「うちの娘にもfacebookで外国人と友達になりなさい!
って言ってるんだけど、なかなかやらないのよ、あの子・・・」と。

いやー、そんなもの、親に言われてするもんじゃないし
そんなに海外や英語ができることに憧れがあるなら、自分がすればいいのに。。。
変な人だな・・・



今の時代、ほんの少し英語ができたらといって、
彼女が生きてきたバブル時代のように憧れの的になるわけでもなく、
特別な職業につけるわけでもないんだけど、
そのへんのところがどうも彼女にはわからないようだ。

主婦生活が長く、ほんの少しパート勤めしてきた女性らしい、
時代の感覚のずれた世間知らずな人だなあ・・・・と、
なんだかちょっと可哀想とさえ感じる。

彼女がそういう価値観を持っていることは全然構わないと思う。
大変なのはそういう感覚を刷り込まれる子供のほうだ。


日本にずっと住み、周りが全部日本人しかいない生活をしていると、
外国語、特に英語ができることがとても特別なことに思えてくるのかもしれないけど、
ちょっと日本を離れたり、色んな外国人と交流するようになると、
そんなことは特別なことでもなんでもないことに気づく。
むしろ、「外国語ができる=すごい!特別なこと」と考えている日本人の感覚が特別なんだと実感する。


外国語をマスターすることは、あくまでもプラスαのαを磨いているだけで、
αの道具だけを磨いても自分の根幹となる部分、専門をしっかり持っていないと、
「じゃ、外国語で何ができるんですか?!」となる。

英語圏の国に行って、
「私は英語ができるんです!雇ってください!」と言われても
「????」
「何を言ってるんですか?そんなのこの国に住んでいる人は英語ができますよ!」ってな反応だろう。
その国で働きたいなら、生活したいなら、その国の言葉ができることなんて、
当たり前中の当たり前。

日本だって、第一線で活躍する人は、
帰国子女だったり、”ほんのちょっと英語ができる人”なんて、いない。



まだまだ日本人はこんな人が多いのを実感する。
英語コンプレックスが根強いのかな。。。
「英語ができるっていいよね」と。

そういう時いつも心の中で、「じゃ、自分も勉強すればいいじゃん!」って思う。
そういう人に限って「あたしは無理!」「僕は無理!」っていうんだよね。





「最近彼氏ができて・・・」とその彼女に話したら、
「やっぱり英語ができるっていいよね」て言われた。

たまたま私を好きだと言ってくれた人が外国人だっただけなんだけど、
彼女の中ではそこでも「英語ができる=すごい!」の図式が成り立ってしまったようだ。
彼女に付ける薬はないのかもしれないな・・・


息子と話す恋バナ

あたしんちは、性に関することや恋愛に関することはオープンにしている。
小さい頃から性教育もしっかりしてきて、

「赤ちゃんはどうやってできるの?どこから生まれてくるの?」

こんな質問にも嘘偽りなく、きちんと答えていた。

あたしの初恋の話を面白おかしく語ってみたり・・・・
M男の好きな子の話を聞いてみたり・・・・。

思春期に入っているM男は、クールな硬派を決め込んでいても、
やっぱり恋をしたいお年頃。

「いいなあ・・・と感じる子が現れない。友達には彼女が出来ているのに。
俺はこのまま彼女ができないんだろうか?」

などど真剣に悩んでたりする。

可愛いねえ



「中学に入ったらいい子が現れるかな・・・・」とか、
「体に雷が走るような女の子が転校してこないあかなあ・・・・」などともぼやいていた。


いいねえ。若いって。


すかさず、

「ね、お母さんに彼氏ができてさ、再婚でもしたらどうする?」

「いいんじゃね。

「うそ~~~~!再婚したら、この家に男の人がいて、
お母さんとイチャイチャすることもあるんだよ?!」

「ふん!別に大したことじゃない。
そうなったら、俺も彼女とこの家でイチャイチャするだけだな。」

「へーー、いいんだ。お母さんに彼氏が出来ても。」

「いつまでもお母さんの相手はしてられないし、
一生お母さんのそばにいれるわけじゃないから、
お母さんにはお母さんの面倒見てくれる人がいたほうがいい。
それにデートとかで出かけてくれたら、俺は一人でのんびりできるし。
ま、頑張ってくれや。」

なんて大人な発言。
小学6年生の発言とは思えない。
やっぱり親離れしてきてるんだなあ・・・と実感し、頼もしく感じた。






これって子育て成功じゃないでしょうかぁぁぁぁ?!!!








お母さんにはお母さんの人生があるし、お母さんの方が先に死ぬんだから一生M男の世話はできない。
M男とお母さんは別の人間でいつも一緒の一心同体じゃないんだから、
自分の人生は自分でで考えて切り開いていきなさい。
高校を卒業したら家を出なさい!

こんな風に何かの折につけて自立を促していた。

あまり家での居心地を良くすると、
「親から離れたい。」
「早く大人になって独り立ちしたい。」
という子ども自身に自立の気持ちが生まれにくくなるとあたしは思う。


実家依存の若者が多いこのご時世、
それは親が子供に至れり尽せりの環境を作ってしまった結果なのではないだろうか。




子育ての最終目標は、親離れ、子離れ、自立

真面目に婚活しようか・・・

あたしの養母が病気で倒れかけたと連絡があった。
今は落ち着いて、薬を飲んで、のらりくらりと過ごしているとのこと。
ただ薬の副作用で、頭がぼーーーーとして、物忘れがひどいのだとか。
年齢も年齢なので、いつまでも元気というわけにはいかないだろうし、
いつかこうなるのかなあ・・・・とぼんやりとは思っていたけれど。

養母は一人暮らし。
物忘れがひどくなったことで、ショックを受け、
一人で生活することを不安に感じ、少し鬱のような症状が出ていた。

酒癖の悪い旦那と離婚し、女で一つで子供を育て上げた後、
親戚であるあたしを引き取って育ててくれた。

ずっと一人。
今も一人。

近くに実の娘さんが住んでいるので、
いざという時は、なんとかなるのだろうけど、
それでもやはり普段の一人での生活は不安なのだろう。


人は最後はみんな一人だとは言うけれど、
でもなああ・・・・


離婚した末にずっと一人って、
やっぱり、寂しいものなんだなあと感じた。


養母は離婚後完全に一人ではなかった。
彼氏がいて、実は今も続いているんだけど、
結婚できない相手らしいのだ。
まあつまり、不倫ってこと。
(もう、30年以上の関係らしい)


きちんと相手を選べば
それなりに再婚もできただろうに、
あえてその道を選ばなかったのだは何故なんだろう。


離婚してあたしは4年目。
息子は「彼氏がいても、再婚してもいいよ。」というくらい、
親離れしてきたようなので、
本当に真面目に相手探しをしてみようかなと思った。

一人生活をエンジョイし、
若い頃は遊びで恋をしたことがなかったので、
ちょっと遊ぶのもいいかなあ・・・・と思ったりもしたけど、
失敗を糧に、今度こそいいパートナーとの関係を作って
新しい人生を歩んでみるのも悪くないのかもしれない。


一人はやっぱり寂しいなあ・・・・と最近思い始めてきた。

ロシアくんと遊んでいる場合ではないかも!

あたしはロシアには住めない!!!し、
彼も日本には来れないだろうし、
めちゃめちゃ優しいし、思いやってくれてはいるけど、
二人の関係に現実感がないのよね~。


婚活、本気でしてみようかなあ。

夢が現実になるようにするには、やっぱり行動あるのみ!

本当に実行すると、

すぐに叶うかどうかは別にしても、

流れはやってくるのよね。





今までの経験上・・・・

ボーナスと夏休み

転職して一年が過ぎた。
初ボーナスが支給された。

あたしの入社日がボーナス査定日のギリギリだったので、
もしかするとボーナスは出ずに、寸志になるかと思っていたが、
今回、少ないながらも頂戴することができた。

夏の旅行代くらいにはなる!

今まで派遣とか契約社員という形で長年働いていたので、
ボーナスをもらったのは本当に久しぶり。
結婚前にもらったものが最後だったので・・・・

結婚前は営業職だったので、
成績に応じてかなりの額をもらっていたのに比べると、
今の事務職のボーナス額はスズメの涙ほどだけど、
子育てとの両立が可能で、そしてある程度理解がある職は、ありがたい。

やっぱり女が一人で子育てをしていくってのは、
大変なことなんだなあ・・・・とあらためて考えさせられる。
子供に寂しい思いをさせたり、放任にならないように・・・と
思えば思うほど、職種が限られてきて、
経済的にも苦しくなるもの。

子育ては一人でするもんじゃないとあらためて思う。

M男は夏休みに入り、塾の夏期講習で、毎日勉強漬けだ。
学校の夏休みの宿題は、なんと!

今までの5年間からは考えられないことだが、



一日で終わらせてしまった!





受験に結果として成功するか、失敗するかはわからないけど、
受験勉強を通して学習に対する姿勢や態度は大きく変わった。

先日の学校の個人面談でも、
「テストは全て100点ですし、
授業態度、生活態度に特にこれと言って問題がありませんので・・・」と
あっさり終わってしまった。

テストが全て100点!なんてことも、
この5年間では考えられないことだった。
(成績はごく普通だったので)

さあ、ボーナスをもらい、
夏休みも始まったことだし、
旅行の準備と計画を立てて、
楽しく行きましょーーーーーーーー

恋愛って・・・・

暇つぶしにロシアくんとダラダラスカイプで話すものの・・・・・


会話は楽しいです、はい!
イケメンだし、鑑賞するにも充分です、はい!

だけどな。。。。

恋愛は面倒くさい。
恋愛をすっとばして、らくーーーーな安心感のある関係にいきたいもんだなあと思う。

そもそも恋なんてのは幻想だって、現実を知ってるだけに余計にそう感じる。

甘い言葉を囁いていても、そのうち冷めて浮気したりするんだよなあ・・・とか

(元旦那のトラウマがああ


自分にはどういうタイプの人が合って、どういう人だったらうまくいって、
どういう人が好きなのかさえ、自分でもよくわからない。


ロシアくんとバーチャル恋愛のようなものをしていて、色々考える。


そうそう、ロシアくん、
彼は淋しいだけのような気がする。
優しくしてくれる人なら誰でもいいんじゃないだろうか?

あたしは彼に特別優しくしたつもりはないけれど、
ぽっかり穴のあいた彼の心にたまたまストンと入っただけのような・・・・

殺されてしまった昔の彼女が彼の心の中にいて、
なんだかいつも寂しそうだ。
おまけに今の生活では女性にあまり相手にされていない環境のようだし。

あたしには息子もいて本当の一人じゃないから、そんなに寂しいと感じていなので、
なんだかそういう寂しがりの男の人に付き合うのは、正直しんどいなあ・・・・。

イケメンなのに自国で女性に相手にされない男性って。
どないやねん!



男には決断力!!

今の会社に入社して一年、あたしの直属上司がどんな人かだんだん見えてきた。
最初は、言葉が柔らかくて、人の意見をよく聞く、頼りになる人だと思っていたけれど、
どうも最近違うことに気がついた。

彼は、仮にもここのトップなので、
みんなを引っ張るリーダーシップ、決断力が欲しいところなのだが、
どうもそれに欠けている気がする。

みんなの意見を聞くけれど、それをまとめ、


「じゃ、こうしよう!」


というgoサインがいつもでない。


言葉が柔らかく、婉曲的に回りくどい話し方が、
最初は謙虚な人なのだと感じたが、
だらだらと最後の肝心な落としドコロがいつもどこに行ったのかがわからないその話し方が、
最近は鬱陶しい。

指示がなく、愚痴なのか、事実の羅列なのか、

「・・・・でどうしろと?!」とあたしは突っ込む。
(↑本当に突っ込んでます!!!)



なのに、

「xxxくんの話し方をどう思いますか?
内容は最もなんだけど、キツすぎませんか?!」と。


仕事なので、内容が最もなら、話し方はどうでもいいよ。
きっと彼はxxxさんのような端的な指示の仕方ではなくて、
自分のようなくどくどとした言い方をして欲しいと思っているんだろうけど、
仕事では端的に言ってもらったほうが、こっちもやりやすい!ってもんだよ。
上司はいつも話が脱線するし・・・・。


決断力もないものだから、
仕事上の問題点を挙げ、改善を申し立てても、結局うやむやで一年。

決断力のない男は嫌だ。

前の旦那を思い出す。
彼も人のお伺いばかり立てて、
世間知らずで「こうしたほうがいい」という知識もなく、
決断力、引っ張る力がなかった。

いつも意見を出すのはあたし、
引っ張るのもあたし、
決めるのもあたしだった。



男はやっぱり決断力がないとね・・・。


お気に入り
ランキング
最近の記事
プロフィール

qualitytime

Author:qualitytime
英語大好き☆子育て幸せ☆な家庭だったはずが、旦那のギャンブルでの借金や社内不倫が発覚し、別居(突然の家出と住所不明)、離婚調停をへて離婚しました。シングルマザーとして頑張っています。母として息子を立派に育てていきます!

月別アーカイブ
カテゴリー
あたしの英語関連本
訪問ありがとう!!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
読みの導入にこんなのはいかが?
あたしんちで使っている図鑑や科学の本
M男が今まで使ってきたワークブック
こんなのはいかが?