スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共感覚

「共感覚」
最近まで知らなかった。
新しい脳科学の研究分野のようだ。

M男が小さい頃かったころから、
変わったことを言う子だなとひっそりと感じていた。
色に例えて言うことが多かったからだ。
だけどただ単に、人より感受性が強いのだと思っていた。

最近になって、テレビでM男と同じようなことを言っている人を見て、
「あ!おんなじだ!へー、これって”共感覚”っていうんだ。」とわかった。

ご存じない方はこちらからどうぞ  

共感覚とは・・・・
ある刺激に対して通常の感覚だけでなく
異なる種類の感覚をも生じさせる一部の人にみられる特殊な知覚現象
をいうそうだ。

M男の場合は、共感覚の中でも最もよくあるパターンで、
文字(漢字以外)と音に色がついて見えるという。

例えば、数字。

0-白
1-黒
2-赤
3-黄色
4-青
5-ピンク
6-赤っぽいオレンジ
7-黄緑
8-緑
9-ピンク

とこんな風に見えるんだって。
10以上は、1の部分が黒で、0の部分が白という風に
1~9の色の組み合わせで見えるんだとか。
ひらがなにもカタカタにも、アルファベットにも色があって、
色で見えるらしいけど、聞き出すのは大変なので断念。
耳で聞いた音(音階によっても)色が見えるんだって。

色の見え方は人によって違うらしく、一定ではないようだ。
この共感覚。
特別なことなのか、それとも
皆が持っている感覚にもかかわらず、
大きくなるに連れて消えていく感覚なのか、
その辺はまだまだ解明されていないようだ。

文字や音が色で見えるからといって、
特別普通の人と変わったところはない。
ただ、文字や音に色があるという感覚は、
ない人には理解しにくい感覚なので、
「変わったことをいうな・・・」くらいに捉えられることはあるかもしれない。
あたしがM男にこのことを指摘するまでは、
M男は、皆にも文字や音に色が見えるんだと思っていた。
ごくごく当たり前のことだと認識していたようだ。
人間って不思議だね。

もっとこの不思議な感覚を知りたくなって、
こんな本を読んだ。

ねこは青、子ねこは黄緑―共感覚者が自ら語る不思議な世界ねこは青、子ねこは黄緑―共感覚者が自ら語る不思議な世界
(2002/07)
パトリシア・リン ダフィー

商品詳細を見る


共感覚者の驚くべき日常―形を味わう人、色を聴く人共感覚者の驚くべき日常―形を味わう人、色を聴く人
(2002/04)
リチャード・E. シトーウィック

商品詳細を見る


共感覚をもつ有名人には
宮沢賢治やノーベル賞を受賞した物理学者、リチャード・ファインマンがいるらしい。
で、こんな本も読んでみた。
ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)
(2000/01)
リチャード P. ファインマン

商品詳細を見る


スポンサーサイト

別れて一年がたち、思うこと

職場では年末に一年分の書類の整理をするのだが、
今、今年の書類を少しずつ整理し始めている。
昨年の11月に、離婚を意識して現職についたのだが、
溜まった書類を見ていて、
「ああ、一年経ったんだな・・・・」と感慨深くなった。
そう、ちょうど一年前の今頃、元旦那が家を出た。
うん、それからも一年経ったんだなあと。

あの頃、一年後の自分が想像できなかった。
うつ病のまっさかり。
肝臓病も併発して動けなくなったこともあったっけ。
そんな中、開き直って、責任転嫁し、暴言を吐きまくる元旦那との生活が
本当に苦痛で、何度も死にたいと思いつめていた。

あれから一年。
死なずになんとか生きてこれたことが不思議だ。
あんなに死にたいと思ったほどの状況も乗越えられた自信が
今のあたしだ。
少し強くなれたのだ。

あの頃は、本当に悲惨な精神状況だった。
その状況に耐えられず、
あたしは夫婦としての修復を選ばず、離婚を選んだ。
離婚することで経済的な不安や子供の精神的苦痛など、
離婚の結果として起こる負の問題もあるとわかった上で、離婚を選択した。
経済的なことと子供のことは、自分がしっかりしてさえいれば、なんとかなると思った。
結婚生活を続け、自分の心が壊れてしまったときのほうが、
最悪の結果になると思ったからだ。

離婚を決め、別居してからのほうが、
心が落ち着き、自分自身を取り戻せるようになり、生活も安定した。
あのとき、選択を間違えなくて良かった。
もしあのとき我慢して、自分の気持ちにうそをつき、
結婚生活の継続という方向を選択していたなら、
きっとあたしはこの世にいなかったかもしれない。

あたしにとっては、

子供のため、経済的なこと<自分自身の精神安定

だった。

これに関しては色んな意見があるだろう。
自分のことだけを尊重し、子供の気持ちを考えていないとか。
でも、自分の気持ちをごまかして、さらに我慢とか、努力とか、犠牲とか
そんなことを強いられて生活を続け、自殺した母を持つほうが、
子供にとっては無言の虐待になったのではないだろうか。

離婚は、すっぱりと決められた。
不倫された妻の中には、
相手の女に旦那を取られたくないという不倫相手への嫉妬で
離婚を承諾しない人もいるらしいが、
あたしは、そんな執着がなかった。
「こんな男でよければどうぞ、どうぞ。」という気持ちだった。
一緒にいる価値を見出せなかった。
それほどまでに元旦那に幻滅してた。
人間性のかけらも見出せなかった。
元旦那への情もなかった。
どうせこんな男、どんな女とくっついても捨てられるだけだろうとも思った。


あれから一年か~。
感慨深い。




結婚生活に悩みを持っている方、
離婚を悩んでいる方、
あたしは離婚という選択肢を選んだけど、
どういう道を選ぶか、選んだ道を幸せの形にするかどうかはあなた次第。
一般的に『離婚は結婚の失敗』といわれているけれど、
あたしにとっては、
『結婚生活を続けることのほうが、結婚の失敗になっただろう』と思っています。
カウンセラーの意見や心理分析も
世の人の経験やアドバイスも、
そういうものもあるのだなあという参考程度で、
決してそれが全てではありません。
夫婦のあり方も、離婚に至る問題も、
一つとして同じケースは存在しないと思います。
夫婦の数だけ存在し、一くくりに分類できない複雑な問題だと思うのです。
色んな要素が複雑に絡んでいるからです。

結局決めるのは、自分の心と向き合った正直な気持ちと自分の価値観です。
人の人生は永遠ではないからこそ、
あなた自身を大切にし、
あなたが幸せだと思える選択をしてほしいとと願っています!



お気に入り
ランキング
最近の記事
プロフィール

qualitytime

Author:qualitytime
英語大好き☆子育て幸せ☆な家庭だったはずが、旦那のギャンブルでの借金や社内不倫が発覚し、別居(突然の家出と住所不明)、離婚調停をへて離婚しました。シングルマザーとして頑張っています。母として息子を立派に育てていきます!

月別アーカイブ
カテゴリー
あたしの英語関連本
訪問ありがとう!!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
読みの導入にこんなのはいかが?
あたしんちで使っている図鑑や科学の本
M男が今まで使ってきたワークブック
こんなのはいかが?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。