スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働くママにとっての夏休みは大変。

本格的に夏休みなった!
働くママたちにとっては夏休みは大変な大行事だろう。

M男は学童に通ってはいない。
「一人で大丈夫」と言うことで、
近所の友達と遊んだり、
一緒に宿題をして過ごしている。

あたしの職場は自宅から近いので、
昼休みに一度帰ってきて、
M男と一緒にお昼を食べ、
そそくさと職場に戻る生活が続いている。

この毎日の炎天下での往復は結構キツイ!

毎日の昼ごはんは、普通の主婦でも頭が痛いだろうけど
働いていると、さらに大変だ。

夏は食欲も減退してくるので、
なんやかんやと作っては冷蔵庫に貯蔵。
食べたいときにさっと食べれるようにするのが、
夏バテをせず、
働きながら子供にきちんとした食生活を送らせることが出来るコツだろう。

最近、台所に立ってばかりのような気がするなあ・・・




休みの日はやっぱり色々つれて歩きたいしね。

行きたいところをピックアップし、
二人で相談しているけれど、
結婚していたときから、
家族で出かけることはほぼなくて、
いっつもM男と二人でお出かけしてた。
生活はそんなに変わらない。

父親不在は以前からだったから、
ダメージは少ない!


父親業に比べたら、母親業は大変だと思う。
時には保育士、家庭教師、料理人、家政婦、外で働いていれば、外の顔もあり、
ご近所付き合い、学校の役員やら、一人で何役もこなす。
それに比べて父親は、ただ外で働くだけ。
家ではダラダラ。

最近は「イクメン」なるものが登場しているらしいが、
それでも日本の父親(男)のイメージは妻に依存し、情けない感じ。
世の男性、もっと強くなれ!


母は強いな~と自分でも思う。


スポンサーサイト

慰謝料請求の調停にて

慰謝料請求の調停が行われた。
そのとき、元旦那から謝罪文のようなものをもらった。
和解案も記されていた。

言葉で何度も「ごめんなさい」という謝罪があり、
女性とのことは「どうかしていました」
自分の甘さを反省し、悔いていると書かれていた。

あたしとM男に申し訳ない思いと
今までの結婚生活への感謝の気持ちも綴られていた。


が、


もめに揉め、金銭が絡んでいる今、
こんな字面を並べられても
どこも信用できなかった。

自分が苦しい立場に置かれ、
それから早く逃れたいために、
心ない謝罪の言葉を並べ、
早く収めたがっているようにしかとれなかった。

信頼を失くすということはこういうことだ。

相手の言葉を鵜呑みにはできない。
表面上、どんなに耳障りのいい言葉を並べ立てられても信用できない。

元旦那は弁護士に相談し、
自分がしてしまったことの大きさを知り、
その責任からは逃げられないと
やっと現実を受け止め始めた程度だろうと感じている。
もし本当に心から反省するとしたなら、
それは、きっとこれからだろう。

職場も退職する予定だそうだ。
仕事でのミスが重なり、
(家庭が崩壊し、仕事に集中できる環境ではなかったからだと思われる)
部下との不倫のことがばれ、
居づらくなったと漏らしていたそうだ。

なるほど・・・・
家庭からも逃げ、
人間関係からも逃げ、
そして今度は、社会からも逃げるんだ。
クビになるわけじゃないんだから、
そこで侵した自分の罪はそこで償って欲しいものだけど、
自分の人生全てから逃げるつもりなんだなーと思った。

未だに住所不明、
そして会社も辞める。
全てから消えるつもりか?!
あなたの大人としての、父親としての、人としての責任は一体どこに?



家庭も、職場も、信頼も全て失った旦那。
不倫の代償は大きい。
人の転落はあっというまだ。

でもそれに関して同情心も沸いてこない。

「償ってください。」
ただそれだけだ。


夏休みの過ごし方と自由研究

出かけられるときはなるべく出かけ、夏休みらしく過ごし、
(海や山、プール、博物館にいってる)
宿題を手伝ったり、
(今年も自由研究をサイエンスコンテストに出品すべく調べ、
実験してます!)
家事、育児、仕事と
夏休みは普段よりすべきことが多くて、
毎日余計なことを考える暇もなくあっというまに過ぎていく。


こんな生活を続けていたら、
なんだか修羅場が起こる前の生活に戻った気がする。

目の回るような大変な日々だったけど、
こんなにも平和な日々だったんだ・・・・と。

心療内科の先生にもそのことを話した。

「忙しくて受け入れがたい現実を考える暇もなく、
心がふさぐこともなく、
意外と平穏さを感じてボチボチ過ごせてます☆」

「良かったですね。
たしかに顔が以前より明るくなったような気がします。
多少忙しいくらいがいいのかもしれませんね。」


昨年もM男といっぱいお出かけした。
今年も土日はお出かけして、一緒に色んなことを体験した。

自由研究も昨年のテーマの続きをさらに追求して、
今年も入選を狙っている!
一緒に調べて、そのお手伝いをしていると、
本当に平和で、楽しくて、今まで起きていたことがウソのように思える。

もうすぐ夏休みも終わる。
あたしのバタバタ生活も終わる。
夏休みが終わっても、余計なことを考えないように、
なにか新しい方向に進めるようなことにチャレンジしたいと思う。

今は、M男と自然界の不思議テーマを見つけ、
理科の研究をしているときが一番楽しい。


テーマの謎を解明するのにこんな本も読んでみたりして・・・

親も子も「わかった!」 パパが教える科学の授業親も子も「わかった!」 パパが教える科学の授業
(2006/09/14)
もりした

商品詳細を見る



いまさらきけない化学の疑問 (教えて!左巻先生)いまさらきけない化学の疑問 (教えて!左巻先生)
(2009/05/26)
左巻 健男

商品詳細を見る


図解「物理」は図で考えると面白い図解「物理」は図で考えると面白い
(2005/12)
瀧澤 美奈子

商品詳細を見る


今年の研究のテーマは物理に関することだ。
物事の原理を解き明かすことは難しいね。
仮説と実験結果が合わないこともある。
でもそれがまた次へのステップになって、それはそれでまた楽しい。
理科嫌いだったあたし。
どうしてこんな楽しいことを子どもの頃に経験してこなかったんだろうな・・・。
こういうことの楽しさを小さい頃から知っている子は本当に幸せだと思う。


2回目の父子面接

「夏休みだから、どっか連れて行ってよ!」と
M男が父親にねだり、
「大きいスライダーがあるプールがいい!」というと、
「うん、考えておく。また電話する。」とプール行きが決定したようだった。

10日たっても連絡が無いので、
痺れを切らしたM男が父親に電話した。
「電話、全然くれないじゃん。いつ行くの?
どこのプール行くの?」
「XX日に○○プールにしようと思うんだ。
朝8時に迎えに行くから、準備しててね。」と
2回目の父子面接が実現したのである。

今まで元旦那が自分で計画を立てて、
息子をどこかへ連れて行くなんてことは一度もなかったので、
かなり驚きである。
しかも自分で行き先を決め、
交通ルートもしっかりとインプットして!

息子会いたさゆえ、最後のチャンスとでも思い、
行動で示しているのか・・・・・
あたしたち夫婦がもめている時、
「家族で出かけることも苦痛だった」と言い放った同一人物とは思えない行動である。

プールで楽しみ、お昼を食べ、その日の父子面接は終了。
午後3時くらいに帰ってきたとのこと。
(あたしは仕事中)

元旦那は、プールのスライダーで、
頭から真っ逆さまに落ちて、頭をプール底にぶつけたらしい。
監視員さんが「大丈夫ですか?」と声をかけるくらいだったようだ。(笑)

プールの帰り、駅まで歩いている途中で、
階段から転げ落ち、顔、肩、腕、結構な怪我をしたらしい。(笑)

暑さで体力がないのか、まともなものを食べず、ちゃんとした暮らしをしていないため、
足腰が弱くなってこんなザマなのかわからないけど、
天罰はどんどん下ってるね☆

口の中に大きな口内炎ができて
柔らかいものや流動食しか食べれないんだとか。

怪我や口内炎も含めて「病院に行って診てもらってくる」と
M男に別れ際言っていたそうだ。

ボロボロですな~。
彼の不幸を見聞きするのは楽しいな♪

来月、今度は二人で映画に行くそうで、
前売り券を予約して購入したそうだ。
父子面接、今のところは順調そうだね。
あたしはアイツとは一切会わずに進められるので、有難い。


お気に入り
ランキング
最近の記事
プロフィール

qualitytime

Author:qualitytime
英語大好き☆子育て幸せ☆な家庭だったはずが、旦那のギャンブルでの借金や社内不倫が発覚し、別居(突然の家出と住所不明)、離婚調停をへて離婚しました。シングルマザーとして頑張っています。母として息子を立派に育てていきます!

月別アーカイブ
カテゴリー
あたしの英語関連本
訪問ありがとう!!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
読みの導入にこんなのはいかが?
あたしんちで使っている図鑑や科学の本
M男が今まで使ってきたワークブック
こんなのはいかが?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。