スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮気はやったもん勝ち!!

考えがまとまらず、今までの結婚生活や、
あたし自身のいたらなかった態度を責め続ける毎日だった。

子供のために、
「片親にはしたくない」
「なんとか家庭を守りたい」
「M男は男の子だから、将来絶対父親の存在が必要になる時があるはず」

そんなことを考えて、一年間旦那の浮気を見てみぬふりをしてきた。

仕事だといって帰りが遅く、朝も早く出て行き、
休みの日はどこへいくかも言わずこっそり抜け出し、帰りは午前様。

ここ一年、親子三人そろってご飯を食べたことなど無かった。
もちろん、旦那はM男と遊ぶことも無く、一緒に出かけることも無く、
「xxに行こう!」と約束してても、当日「やっぱりやめる」とドタキャンしたり、
M男の父親への信頼も失われている。
最近、M男は父親のことを「アイツ」と私の前で呼ぶようになった。


これを聞いた瞬間、私の中で何かが切れた。
私が守ろうとしているもの、「片親にしたくない」とか、「家庭」とか、
「息子にとっての父親の重要性」とか
そんなものはもう存在していないんじゃないかと。

もちろん両親そろって、仲がいい家庭が一番だけど、
親になる資格のない親に子供が育てられても、
仮面夫婦でお互いを信用できない両親を見て育つよりも、
しっかりと子供を愛し、慈しみ、
心から自分を守ろうとしてくれる親が一人でもいれば、
それでいいのではないかと。


昨日、法テラス(無料法律相談所)に行って来た。
別居や離婚に際しての色んなことを相談してきた。
勿論、事前に離婚関係の本を読んだり、ネットで調べたりもしてから。

慰謝料を旦那からも、浮気相手(同じ会社の10歳年下の部下)からも
取ってやりたいと考えていたけれど、
思うような決定的証拠
(メールでのやり取り等の状況証拠しかない)はなかなか見つからず、
法的に動いたとしても、私のほうが追い詰められるのではないかと言われた。

うつ病も患っているあたしなので、
精神的負担がかかることに労力を費やすことより、
一刻も早く病気を治し、
子供と二人、これからの生活のことを考えていったほうが得策だとの
アドバイスだった。

つまり。。。。。。
浮気っていうのは、証拠さえ隠しておければ、
やったモン勝ちですか。(苦笑)
あたしには、調査会社に依頼するようなお金もないしね。
慰謝料云々もお金持ちだけの話ですか。。。。


たとえ、ここであたしがギャフンと言わせられなくても
人の道に逸れたことをしでかした人間は、いつか天罰が下る。
あたしはそう信じている。



スポンサーサイト

こんな時に朗報(^^)

うちの中が暗く、重い中、
M男はM男なりによく耐え、頑張っていると思う。

こんな状況の中、朗報が一つあたしんちに飛び込んできた!


夏休みのM男の自由研究が
市のサイエンスコンテストで佳作に入選したとのこと。

毎年800~900の応募がある中、100ほどの作品しか入選しないコンテスト。
しかも入選作品は小学校の高学年・中学生のものが多い中での入選。

よく頑張った!M男!
嬉しいな~。

サイエンスコンテスト入選!

市のサイエンスコンテストでM男の夏休みの自由研究が佳作で入選した。
化学部門での入選。
今年は市の小中学校合わせて、1000点近くの応募があり、その中の100点が選ばれた。

科学館での入選作品展示がはじまったので、見に行ってきた。
久しぶり、一年ぶり(?)くらいの家族3人でのお出かけとなった。
旦那が浮気を始めてから、休みでも旦那は家にいることがなく、
めっきりM男と二人でのお出かけばかりだったので、不思議な感じだった。

入選作品はどれも素晴らしく、
「なるほど~、こんな実験やテーマもあるのね。」と感心させられた。
とくに自分で実験装置まで作っている作品は、本当にすごいと思わされた。

来年はどんなテーマでM男は頑張ってくれるのかな。
楽しみだ。

うつ病の原因と浮気調べ

あたしのうつ病の原因は旦那だ。

一年間見てみぬふりをしてきた、旦那の浮気と借金。
仮面家族だとしても、それでも、旦那がきちんと仕事をして、
家にお金を入れ、家族に暴力さえ振るわなければそれでいいと思っていた。
浮気だって遊びだろうし、放っておけば自然消滅すると信じていた。
色々調べると自分が惨めだし、普通にしていられなくなるだろうから、
一切何も調べることはしなかった。


それが旦那の一方的な「離婚宣言」で、これではまずいと思い始めた。
もし、本当に離婚になった場合、
あたしがM男を引き取り一人でやっていかなければならない。
そうなった時のために自分に不利にならないよう、
証拠を集めなくては・・・と思ったのだ。


まずは旦那の財布チェック。引き出し類、かばん等のチェック。
それらしいもの(領収書とか写真とかメモとか)は、
残念ながら一切出てこなかった。
やっぱり一番証拠が出てきやすいものはなんといっても携帯だ。

浮気をするようになると、
まず一番怪しい行動は、
携帯を肌身離さず持ち歩き、ロックをかける事からはじまる。
旦那もそうだった。
今まで携帯のチェックなんてしたことなかったけど、
自分と子供の将来のため、チェックを開始。

たまたま旦那は8月の終わりに携帯を替えたところで、
古いものが放ったらかしだった。
しかしロックがかけてある。
思い当たる数字をいれてみるがどれもヒットせず。
けど、何回目かで本当に偶然だが、解除できてしまった。
(ちなみにあとから知ったことだけど、
最近では携帯のロックを解読できるソフトが売っている)

ここをクリック

そこから約一年分の女とのメールのやり取りが出てきた。
でも決定的とは言えない内容ばかり。
けれど、
「好き」
「本当に大好き」
「寝顔が可愛い」
「朝までありがとう」
デートの約束等々の内容が出てきた。

体の関係があったかどうかは、
決定的なものが無いのでなんとも言えないが、
隠れてこのようなやり取りをすると言うことは完全に浮気だ!
(私の浮気の概念では)

相手は26才、会社の部下。
しかしこの女性とは一年も付き合っていたにもかかわらず、
今年の9月ごろ終わっているようだった。

・・・と同時に怪しい・・・・と思われるもう一人の女とのやり取りを発見!
古い携帯では「怪しい・・・・」という女の直感だけで、
それらしきやり取りがなかったのだが、
今度は新しい・現携帯も旦那の就寝中盗み見しはじめたらビンゴだった!
「怪しい・・・・」と思われるその女が、今度は新しい浮気相手になっていた。

またしても会社の部下、38歳。
メールのやり取りから、どうやらその女は未婚で彼氏付きらしい。
女まで二股。
最低なやつらだ。

携帯からあらゆる証拠が出てくるたび、
覚悟はしていたもののやっぱりショックだった。
話し合いを持とうとしても旦那との話し合いはいつも平行線で、
離婚理由がわからない。
そしてあたしの全てが悪いように揚げ足をとるかのような発言で、
毎日の生活がびくびくするようになり、
おまけに旦那が浮気をしていることも借金をしていることも
あたしは知っているのに一切知らないふりを続けて隠していたことが
余計に心の負担になってしまっていた。
話し合いでも一切それには触れなかった。

我慢に我慢を重ねたその結果があたしのうつ病だ。


何も信じられない!

どんどん、ひどくなるあたしのうつ病。
病院に通って薬を服用するも、感情のコントロールがきかない。

法律相談まで行って、覚悟を決めたんだったら、
「あんたが浮気をしていることは知ってるんだから!」ってぶちまけたら、
少しは病気も落ち着くのではないかと、とうとうぶちまけた。

・・・・が当の本人は、否定・否定・否定・否定。
あまりに否定するものだから
現女の名前は伏せ、「あんたと二人で話しても堂々巡りじゃん!
P子(元女の名前)呼んで!
今すぐそいつ呼んで三人で話し合おう!」と夜中に大騒ぎ。(笑)

そのうち、あたしがあまりに感情的に怒鳴ったりわめいたりするし、
(今までこんなことはしたことがない)
しかも女の名前まで知っていたことに動揺したのか
「おまえどうしたんだ。おかしいぞ。。。」と。
浮気をせめると男は逆切れするので、
あたしがそうなるスキを与えないようにしただけなんだけど。

そうやって話てるうちに、あたしがそのせいでうつ病になってしまったことも
暴露することになってしまった。

その晩はM男がその騒ぎに驚き、起きてきてしまい、
話し合い(怒鳴りあい)は解決せず終了したが、
次の日、旦那は何事もなかったように、普通に過ごし始め、
仕事で帰りが早くなろうが、遅くなろうが、連絡を入れるようになった。
休みの日も家にいて、M男と遊ぶようになった。
(今までこんなことはなし)


あたしたちとやり直すつもり頑張っているんだと思っていたし、
怒鳴りあったそれからしばらくして、
もう一度話し合いを持った時は、浮気は相変わらず認めないものの
涙まで見せていた旦那なのに・・・・・。


女と別れ、改心したのかと思ったけど、
こっそり携帯を覗き見すると、やっぱり続いており、
帰宅時家に入る前や、私達が寝てからやり取りをしていることがわかった。

ショックだったなー。
本当にショックだったなー。
あの涙は何?
偽?
演技?

それに浮気がばれたとわかって、やり取りや履歴を消していることもわかった。
でも情報化時代、携帯から浮気の証拠をつかむ方法は
色々調べた結果、実は携帯会社がauだと色々できるのである。
(あたしんちはau)

「愛してる」と言い合っていたり、
女は自分も二股かけてるくせに、
「今は無理なのはわかってるけど、いつかあなたを親に紹介したい。」
なんてまでほざいてる。

旦那はあたしには「毎日仕事で遅くなる」と連絡入れてるのに、
仕事を早く終わらせ、毎日女と会ってる。
あたしに「やり直したい」と言って涙を見せたその次の日には、
なんと!女とホテルに行っている。


バカ旦那!

もう、何もかも信じられない!








離婚は戦い!

最近はブログのテーマとはかけ離れた内容が多いなー。
こんなはずじゃなかったのに・・・・・。

毎日のように旦那とは普通にしてたり、ケンカをしてたり、腹の探り合い。
離婚はパワーが必要だと言うのがよくわかる。
お金も絡むし、そういうときにこそ相手の人間性がよく見えてくる。

相手に非があって別れる時は、
絶対に泣き寝入りしてはいけない!



どんな卑怯な手を使ってでも、証拠を沢山集めるべきだ!
そして自分と相性のいい弁護士と出会うこと。

知り合いに相談したみたら、
あたしが相談した弁護士は、いわゆるハズレ弁護士だったようである。
(あたしにとっては)

決定的な証拠がなかったとしても、
集められるだけ証拠を沢山集められれば、
それが例え状況証拠だけだったとしても
弁護士によっては、有利に持っていってくれる先生もいるらしい。


うつ病になって自殺未遂まで起こすほど、
精神的苦痛をこんなに受けているのに
「相手の女に慰謝料請求の内容証明さえ出せない」なんて先生はハズレだと。


あたしの病気。ちょっと良い時もあれば、全然駄目な時も。
ゆっくり、付き合っていくしかない。
悔しさはいっぱいあるけれど。

英検準2級受験結果

昨日、M男が英検を受けた。
過去問を2度解き、2度とも合格点に達していたので、
本人がやる気満々で受験を決定した。

ところが、最近一気にあたしたち家族が崩壊しつつあり、
あたしは「うつ病」で自分のことで精一杯だし、
M男の様子も少しづつおかしくなりつつあった。

受かる!!
確信していた今回の準2級だったけど、
速報で自己採点をしたら、惨敗だった。


子供にとっての全ての基盤は、家庭円満だ。
あらためて実感した。

M男、ごめんよ。

逃げられ男にならないための八ヶ条

面白いものを見つけた。
正しく今のあたしんちの状況で、旦那に突きつけたい!

読みたい人はクリックを!→【逃げられ男にならないための八ヶ条】

旦那、よく覚えとけ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~引用~~~~~~~~

【浮気したけど離婚したくない相談者へ】

「嫁の傷付いた心を癒し、嫁からの信頼を一瞬で取り戻す」

そんな魔法の呪文は存在しない。

例え許すと嫁が口に出したとしても、許す事なんてできないだろう。

ただ、コップのフチを盛り上げて、乗り越えてくれるかどうかだけだ。

嫁が離婚せず戻ってきてくれた=許してくれた と思った時点で

お前は再度捨てられ街道まっしぐらだ。

嫁が普段どおりに接してくれていたとしても、

嫁の心の奥底に、黒々とした鉛を抱かせていることを忘れるな。

浮気した側とされた側では、時間の起点が違う。

嫁が戻ってきたからこの件は終わりーとか、甘い事考えるな。

嫁は夫の不倫を知った時点から、終わりのない苦しみが続いていくんだから。

時として苦しみが頭をもたげ、欝や情緒不安定に陥ったりお前を責める事もある。

終わった事を愚痴愚痴と…と言ったら、その時点で嫁は絶望。

ここも再度捨てられのポイントだ。

軽い気持ちだろうが何だろうが、浮気は愛する嫁をここまで苦しめる。

お前の行動が信じられなくなり、束縛や携帯覗きなんかもするかもしれん。

だが忘れるな、その行為の裏で惨めな事をしている自分に泣いている嫁が居るんだ。

それらを踏まえた上で言う。

どうしても離婚したくないなら、嫁の信頼を取り戻す努力をしろ。

浮気されたのを知った時点で、信頼はゼロではなくマイナスになったんだからな。

ただし、これから先に無限に続く苦しみを、嫁が選択してくれるかどうかは解らない。

苦しみを背負わされる嫁本人が離婚希望なら、それに応じてやれ。

お前はそれだけの事をしたのだから。

逆に、嫁が別れない選択をしてくれたなら

嫁の気持ちに心底感謝して、今後二度と嫁を傷つけるような行為はするな。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


旦那が「あたしの病院(精神科)について行く」と言って、一緒に行った。
意味わからん!
おまえが原因のくせに、どんな顔で付き添いするっていうんだよ!

案の定、先生とケンカ。

心配して、自分の行為を反省してついてきてるのか?
早く別れたくてついてきたのか?

いい加減にしてくれ!ばか旦那。


息子も傷ついている

あたしよりも傷ついているのはきっとM男だろう。
うつ病の私は、体調のいいときもあれば、全く起きれない時もある。
何もかもイヤになって毎日泣いてばかりのときもあるし、ため息は尽くし、
「もう、何もかもイヤ!」と叫ぶことも。

感情のコントロールがきかない。


M男:「お母さん、僕のことももう育てたくないの?」

あたし:「お父さんも、おばあちゃんもいるし、3人で頑張って。」

M男:「僕はお父さんよりも、
おばあちゃんよりもお母さんが好きだし、一緒にいたい。
死ぬことなんて考えないで。」

(あたしは無意識の自殺未遂を2回も起こしてしまった。
これがうつ病の怖いところだ。)

M男の精一杯の励ましの言葉だ。

小2の子の精一杯のあたしに対する愛情の言葉だ。

あたしより、旦那より大人だ。

戦いはこれからと社会復帰

うつ病のあたし。
薬のおかげか超ピークは過ぎたようだ。
少しずつ現実を受け止められるようになり、落ち着いてきた。

旦那との「やり直し」か「離婚」か自分と息子にとってどちらがいいのか
考えられるようになった。
でも我慢はもう駄目だ。
子供のためとか、理由をつけて我慢することは
もうあたしにとっても子供にとってもよくないことがこの病気を発症したことでよくわかった。

自分に素直になることが大切。
だってこれはあたしの人生。
良くも悪くも自分で決めなければならない。

少し早いかもしれないけれど、
仕事や職場の人間関係でうつ病になったわけではなく、
家に問題があるので、身体的・時間的に許される限り外に出てみようと思った。

たまたま目にした求人広告が条件にぴったりだったので応募したら、
採用決定!となり、今日から働くことになった。

大手某会社での海外英文事務。どちらかというと貿易事務に近いかな?
職場も家から近いし、今やっている英語教室も続けられそうな条件だし、
経済的に少しでも自立し、これが自分の旦那からの自立でもあり、
大分気が楽になった。

あたしの心はどちらかというと離活準備といったところなのだろう。
もう少し落ち着いたら、以前やっていた翻訳の勉強も再開して、
そちらでも食べていけるようになりたい。

あたしと旦那の子供時代の家庭環境  パート1

どんどん色んなあたしんちのプライベートをブログの中で暴露し、
どこまで書くべきか・・・・とも考えたりもするけれど、
同じようなことで悩んでいる人もきっと多いことだろうし、
少しでも参考になればと、思い切って書いて見たいと思う。


今週末義母があたしんちに来て、しばらく滞在する予定だ。
義母は働いており、あたしんちから遠いところに一人で住んでいるが、
この不況で仕事が少し休みになったらしく、
様子を見に(きっと心配なんだろう。。。。)やってくる。


あたしの親、義母には全て家庭のゴタゴタは相談済みで、
あたしの親は勿論あたしより(当然だ!)、
義母に相談した時は、もしかしたら、息子可愛さに”斬られる”かも・・・・と
予想していたんだけど、なんとあたしよりに付き、
涙まで流して「至らない息子でごめんなさいね・・・」
言ってくれたのだ。


まず、あたしは結婚当時から薄々とは感じていたのだけれど、
(旦那は知らないらしい・・・・世間知らず坊ちゃんの典型だよ!)
義母は2号さんだったのだ。
つまり妻子のある人から略奪し、義父と駆け落ち結婚をした経歴の持ち主だったのである。

なんとな~く、知ってたけどね。。。。

20歳の年齢差とか、共働きで、かつ義母は朝から晩まで働き詰めなのに、
なぜかすごーくうちが貧乏だったことだとか・・・
色々事実から予想立てれば、わかる。
これも女の勘ってやつだ。(笑)
旦那の給料は養育費と慰謝料に当てられ、奥さん(義母)の給料だけで
旦那のうちは生活していたのだろう、と。

ところが義母と電話で話しているうちに新たなことが発覚!
その続きもあり、なんと子供が二人(旦那とその弟)出来た後、
義父は新たな女を作り、3年も帰ってこなかったそうな・・・・・。
つまり元々女癖のアルどうしようもない輩だったのである。
そして一度は戻ってきたものの、その後も女を作っては遊んでいたそうだ。

そのときに義母は反省したそうだ。
自分も人の道に外れたことをした身。
そうすれば、同じことが自分にも必ず戻って来るんだと。
相当女関係では苦労したようである。

だからこそ、「今回の息子の件は、私にも責任の一端がある。
自分のしたことの報いが、息子にも出て、こうなってしまったのだろう。」と。

「ここでちゃんとその流れは斬って、きちんとしなければならない。」

義母はそう断言していた。

旦那が父の女関係を知らず、自分達を育てるために、
なぜ母があそこまでの苦労をしていたのか・・・・
母が弱点である旦那には、真実を話すいいきっかけのように思うけど。
義父はもう10数年前に他界しているしね。

義母はどんな父親でも息子にとっては、
たった一人のかけがえのない存在だからと、
美化し続けてきたらしいが、
40も近い一人の男として、世間知らずの坊ちゃんで終わらせないためにも
反面教師として、是非語ってもらいたいものだとあたしは思う。

さて、今週末。
どんな話し合いになるのだろうか・・・・・。


続きはまた。あたしと旦那の子供時代の家庭環境 パート2        
         ↑読みたい方はクリックしてね。

あたしと旦那の子供時代の家庭環境  パート2

先日は旦那の家庭環境を話した。
まー、色々複雑だったにもかかわらず、義母が出来た方だったため、
貧乏家の世間知らずのボンで育った旦那。

一方、あたし。
あたしも負けず劣らずすごい家庭環境で、
あたし自身すごい子供時代を過ごして来ている。

あたしには実父と実母がいない。
実母はあたしが11歳の時白血病で他界。
その後実父は、すぐに再婚。
母っ子で、ちょうど思春期にあったあたしはそれがすごく面白くなかった。
それが理由だけではなく、
再婚相手の女が、当時36にして初婚なんて。。。。
珍しい時代だったせいもあるけど、
なんせ36にしては未熟な女だったと今にしては思う。

あたしに対して嫌がらせから始まり、次第には父と共に虐待し始めた。
暴力だと世間にばれるので(そこが狡い!)、
監禁と食事を与えられない生活だった。

「そんなにあたしがいらないなら、施設に入れてください。」と
何度お願いしたことか。
学校の先生にも頼んだが、
当時は今のように子供への虐待はあまり認知されてなくて、
それに父は学校の先生に
「母が亡くなったばかりで精神的にダメージを受けているので、
聞くだけ聞いて、そっとしてあげて下さい。」的なことを
言ってごまかしていたようである。

何度も隙を見て逃げ出すあたし。
親戚のうちをたらいまわしに助けを求めていた。
そこで見るに見かねた優しい母方の伯母が
家裁に申し立てを起こしてくれ、あたしを養女として引き取ってくれたのだ。
それが今の母である。

実の子より、女(再婚相手)を選んだ父。
とてもとてもショックだった。
母を失ったショックと父に捨てられたショック。
親戚の顔色を伺う生活も大概だった。

今の養母はとてもいい人で、自分の子供もいるけれど、
それ以上にあたしを可愛がってくれ、助けてくれた。
そのおかげで今のあたしがある。


高校までは伯母にお世話になって出してもらったけれど、
大学にいくまでの余裕はなく、就職を勧められたが、
どうしても大学に行きたかったので、
育英会の奨学金(貸与型)と返還義務のない奨学金を二つゲットし
(そのために中・高は必死で勉強したよ!)
それを大学の授業料にあて、生活費はアルバイトで稼いで大学を卒業した。


人の道にそれたことをした父と再婚相手のその後。
やっぱり当然の報いがあった。
自営をしていた父の会社は傾き、倒産。3億の借金を抱え夜逃げ。
離婚せざるを得なくなった再婚相手は、父との間に出来た二人の子供を抱え、
大変苦労しているらしいと風の噂できいた。


子供時代、大人の自分勝手に振り回され、
大人の事情を沢山見て育ったあたし。
辛かったけれど、良かったと思う。
自分を守るには守る術を自分で身に付けなければいけないことを知ったし、
(そのおけげで知識武装は結構しっかりしてるよ)
反面教師みて、あんな大人になってはいけないということも学んだ。


子供に罪はないから、大人の被害者になってはいけないとか、
大人の現実を見せるべきではないとか、
臭いものに蓋をすべき子育て論があるけれど、
あたしは自分の経験から、決してそうは思っていない。
いずれはわかることだし、親だって人間である以上、間違いはある。

あたしはM男に、自分の子供時代の人生を含め、真実をわりと話す。
今回の旦那の件も、M男は親のあたしが言うのもなんだけど、
敏感で賢い子なので、感付いていたので、全て話した。
その上で、
「お母さん、離婚しなよ。贅沢できなくても、
僕お母さんとだったら二人で頑張れるから、頑張ろう。」と
もしかしたら、精一杯の無理で言ってくれたのかもしれないけれど、
あたしの気持ちは伝わったのではないかと思っている。

あたしはM男を世間知らずぼっちゃんに育てるつもりはない。
いろんな意味で賢い子になって育って欲しいとそう願っている。


あたしと旦那の子供時代の家庭環境パート1
↑読んでない人はクリックして読んでね。
お気に入り
ランキング
最近の記事
プロフィール

qualitytime

Author:qualitytime
英語大好き☆子育て幸せ☆な家庭だったはずが、旦那のギャンブルでの借金や社内不倫が発覚し、別居(突然の家出と住所不明)、離婚調停をへて離婚しました。シングルマザーとして頑張っています。母として息子を立派に育てていきます!

月別アーカイブ
カテゴリー
あたしの英語関連本
訪問ありがとう!!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
読みの導入にこんなのはいかが?
あたしんちで使っている図鑑や科学の本
M男が今まで使ってきたワークブック
こんなのはいかが?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。