期限切れ~(T_T)

46,938語 YL6.0~7.0
HolesHoles
(2000/05/09)
Louis Sachar

商品詳細を見る


ルイス・サッカーさんの本は、SSSでもすごく評判が良くて、
あたしの”絶対読みたい本リスト”に入っていた。
でも手にする機会がなくて、今まで読んでこなかったのだけど、
多読をする友人が「是非、読むべき。Holesは図書館にあるよ。」と教えてくれたので、
予約を入れてやっと手元に届いた。

おもっていた以上に読みやすくて、3ページくらい読んだところで、
すっかりそのストーリーの中に入り込んでしまった。
でも字が小さいこともあって、読んでも読んでも進まず、
たまたま読む時間もあまりとれず、結局半分を読んだあたりで、
タイムリミットがキターーーーーー!

図書館から何度も「返却してください」の催促が来るまで、
粘って、粘って、読み続けたけど、終わりまで読むことが出来なかった。(T_T)
おまけに次の予約が入っていて、延長も出来ず。。。。。
涙を呑んで返却する羽目に。

また今度予約して借りよう。
図書館だと期限があって、自分のペースで読めないのが難点だ。
スポンサーサイト

Vocabulary Puzzles Grade 2

Vocabulary Puzzles Grade 2Vocabulary Puzzles Grade 2
(1999/08)
Judith Giglio

商品詳細を見る


このワークブックが終わった。
もともとページ数が少なく(30ページ)、ゲーム感覚のパズル形式なので、
やりだすと、何ページも続けてやってしまったり、終わるまで実際の日数は大してかかっていない。
これはパズルが好きなM男にはぴったりだったようで、楽しんでやってくれたので良かった。

新しく追加したワークはこれ↓
やっぱりパズルである。
Games and Puzzles: Activity ZoneGames and Puzzles: Activity Zone
(2002/06)
不明

商品詳細を見る

菌のお勉強

最近、家で実験らしい実験は出来ていないけど、
自然観察教室や科学館に行ったり、ほぼ毎週のように外部のイベントに沢山参加している。


家では菌の勉強のために、菌床栽培のしいたけを育てた。
これにはM男、大喜び。
育てて観察して、おまけに食べれちゃうんだから!!

箱を開けるととこんな感じ。
しいたけ1

育て方はとってもかんたん。
送られてくる菌床には、しいたけが大きくなるのに必要な菌と栄養がすでに埋め込まれている。
霧吹きで1日、3~4回水をあげるだけ。
ここで、きのこのような菌栽培には、適度な湿度と温度が必要だとわかる。
(11月の秋に育てたので、温度管理の必要は一切なし。
きのこ栽培には、春か秋が最適。)

「しいたけには原木栽培という、木に菌を埋め込む方法もあるけど、
今回は菌床栽培という方法で育てるんだよ。」と図鑑の写真を見せながら説明。
「かびもきのこと同じ菌だし、ヨーグルトもヨーグルトの菌で作るし、納豆も菌を使って作るんだよ。」と
教えたら、M男はびっくり!!
ヨーグルトメーカーがうちにあるので、ヨーグルトも作ってみた。


・・・で話をシイタケ栽培に戻して。。。。

1・2日たつと芽(目?)のようなものが出てくる。
しいたけ2

3・4日目。
しいたけ4

5日目。
しいたけ5

1週間ほどで収穫が出来た。
しいたけ6

しいたけ6

一番小さい菌床(¥2200)を購入したけど、およそ2週間の期間で30個ほどのしいたけが収穫できた。

分厚くてしっかりした歯ごたえで美味しく頂いた。
沢山取れたので、干ししいたけにもした。

これは期間限定の郵便局のふるさと小包で申し込んだもの。
でも同じところのシイタケ栽培キットは、年中ネットでも受け付けてくれる。
こちら↓
くぼ観光農園

困った時は無料相談電話もある。
あたしも一度だけ困ったことがあって、相談したら、おじさんが丁寧に教えてくれた。
子どもと一緒に菌のお勉強をして、お料理するのはいかが?


セキツイ動物を英語でお勉強

昨日M男がいつもしているワークブックに
Games and Puzzles: Activity ZoneGames and Puzzles: Activity Zone
(2002/06)
不明

商品詳細を見る


AmphibiansとReptilesという言葉が出てきた。
詳しい意味は分からなくても、ヘビとかワニとかカメとかそういう動物のことだということを
M男は知っていた。

そのページにcrocodaileとalligatorの絵が載っていたので、
思わずあたしが「どう違うか知ってる?」と質問した。
「うーん。。。わからない。」

そこから端を発し、理科のお勉強がはじまった。

Crocodiles have long, pointed snouts that are widr at the eyes and narrower at the nose.
Alligators have rounded snouts, as wide at the eyes as the nose.


FrogsとToadsの違いは?
Frogs have smooth skin.
Toads have warty skin.


TurtlesとTortoisesの違いは?
Turtles live in fresh water and salt water,and on land.
Tortoises are turtles that live only on land.


そしてついでなので、脊椎動物(Vertebrates)と
その5つのグループ(Fish,Amphibians, Reptiles, birds, Mammals)を英語で教えてみた。

参考にして使った教材はこれ↓
Everything You Need To Know About Science Homework (Everything You Need to Know About)Everything You Need To Know About Science Homework (Everything You Need to Know About)
(2004/12/30)
Kate KellyAnne Zeman

商品詳細を見る


この小学生向け参考書を買ったのはずいぶん前だった。
「M男にもいずれ必要になるかな~」と準備し、
その当時は、あたしがペラペラとめくってちらっと読んでいただけだった。
それがこんな形で使えるようになったのは嬉しいし、何よりそこまで成長したM男に驚くばかりだ。



カブトムシの標本作り

今頃なんだけど、しかもこんな冬に・・・・・カブトムシの標本とは季節外れな話題である。
あたしんちのカブトちゃん(成虫)、結構長生きをして、つい先月☆におなりあそばした。
すごいよね?!

せっかくなので、M男と二人でそのカブトちゃんを標本にした。


今は便利な世の中で、簡単に甲虫の標本を作れちゃうんだよね。
こんなキットが売っているのである。
標本キット
今はもうこのキット売れ切れかもしれない。
あたしんちは、夏に買っておいたものをごそごそだしてきたのだ。



標本台
カブトちゃんを置くための台。
周りは厚紙、中はスポンジでできている。


あたためる
☆になったカブトちゃん(死後10日ほどがベストらしい)をドライヤーで温める。


保存用液に浸す
付属の液に浸す。
防腐剤や光沢材なんかが混ざっているらしい。


成形
液から取り出して、ピンセットで成形する。
1~2時間ほど乾かす。


出来上がり
標本台に入れ、ラベルを貼って、ケースに入れて出来上がり。


とっても簡単に甲虫の標本完成








しゃべり隊大流行

M男が「英検3級受かったんだー!」と嬉しさのあまり、ご近所にも言い回ったらしく、
突然、近所のママたちから、
「M男くん、英検合格したって言ってたけど、英検ってあの英検?!」と聞かれた。
ひたすら隠していたけど、本人が言いふらしてしまったなら仕方がないし、
「そうなんです。あの英検ですへへへ。」とごまかし気味に言ってみたものの、
「えー!やっぱり、あの英検なんだー。3級って中卒レベルよね?すごーい!
でも”英語を習ってる”って聞いたことないけど、どういうこと?」と根掘り葉掘り・・・・
あれよ、あれよと英語育児のことやら、あたしも英語を勉強していることやら、
しゃべり隊のレッスンのことやら話す羽目になってしまった。
(あ、でも最近M男はしゃべり隊ではあまりレッスンは受けていない。)

ご近所のママたちが一番興味を持ったのは、スカイプを使ったしゃべり隊。
「何それ?何それ?どうやるの?」ということになり、
その日のうちにスカイプのダウンロード&しゃべり隊の受け方講習会がはじまり、
(講師はあたしだぜぃ!
あっというまにあたしんちのご近所さんは、スカイプをダウンロードし、
マイクやらカメラを購入し、しゃべり隊のレッスンまで、受けだした。
そのスピーディーさとバイタリティーにあたしはただ呆気に取られ・・・・・。

あたしんちのご近所はしゃべり隊が大流行中。
口コミの威力を見たり!

多読が染み付いてきた・・・と感じた瞬間

最近、パソコンの前に座る時間がなくなったため、ブログを書けなくなってきた。
リアル社会であちこち出歩いて、いろんなことに挑戦しているからだ。
ヨガをはじめたり、お料理教室に通ったり、
英語勉強会に足を運んだり・・・・と好きなことをフラフラやっている。

・・・で参加し始めた英語勉強会なのだけど、
これが、どうも合わないようで、やっぱり今回限りで参加を止めようかと考えている。

初級レベルと上級レベルと二つ見学させてもらった。

<初級レベル>
みんなで同じ絵本を読んでいる。
勉強会では一斉にその絵本を音読し、一人ずつ1ページ訳していく。
それで約1時間。
年齢層は割と高くて、あたしのお母さんみたいな年齢の方(10人ほど)ばかりで、
一番お年をいかれた方で、80代(?)かなー。

全文一人ずつ日本語に訳していってるのに、
「ここの文章の意味がよく分かりません。どういうことですか?」と質問する方もいて、
あたしはちょっとびくりした。

あたしはずっと多読をしてきて、「英語は英語で理解する」という読み方に慣れてしまって、
日本語に訳す読み方から遠ざかっているので、
全文を日本語に訳す読み方に久しぶりに触れて、
まず、とーっても、とーっても違和感を覚えた。
かつ皆さんが日本語に丁寧に細部まで訳しても、
それでも「意味が分かりません・・・」ていう人が出てきたりして、
なんかねー、「勉強の仕方に問題ありませんか?」って思った瞬間だった。

そのときに内容全てを理解しなくていけないと思わないし、
絵本なんだし、絵の雰囲気とか分かる単語だけで推測して内容を楽しんで読んだらいいのになー
と思った。
何回か読んでいるうちにいつか分かる時がくるんだろうから、それまで待ったらいいのにね。。。。

こういうふうに感じるようになったっていうことは、
あたし自身の体に多読が染み付いてきたって事なんだと思うけど。

この勉強会に参加されている方に”多読”という方法を教えてあげたい!って思った。
特に「意味が分かりません。」って質問した方に!
だってその方は、その勉強会での10年選手だそうで・・・・、
10年勉強してきて読んできた絵本数が
「今回の絵本で60冊になりました!」って言っていて、喜んでたんだもん。

まあ、新参者が「やいや、やいや」と口を出して、
その勉強会の主催者の方にケチつけるわけにもいかないんでね。
静かに去ってきた。


<上級クラス>
主催者は同じなんだけど、外国人のボランティア講師が一人入っている。
メンバーはやはり年配の方(やはり10人ほど)が多く、若くても40代後半、50代前半に見受けられた。
アメリカの短編小説を読んでそのお話についてディスカッションするという形式。
さすがに上級クラスは一斉に音読ということは無かったし、
全文日本語訳をするということもなかった。

読んだ本の内容や文章で分からないところ、例えば文学技巧的文章のため、
意味が分かりにくいところを皆でどういう意図なのかを話し合ったり、
そのときの情景や登場人物の心情などを話し合ったりということが行われた。

それで大体1時間半が費やされる。

皆さんの英語力は、さすが上級クラスというだけあって素晴らしいものだった。
ただね、年配の方に多いのだけれど、発音がいまひとつで、聞き取るのに少し苦労した。
あたしも発音に自信があるわけじゃないけど、でもなんと言うか、
年配の方ってどんなに英語が話せても、
残念ながら発音は、独特のジャパニーズイングリッシュの方が多い気がする。
余談だけど、語学って音だけに注目するなら、やっぱり始める年齢が早い方がいいんだろうね。
あたしも発音の面では0歳から英語を始めたM男には敵わない。

みなさん、短編小説の内容に1時間半もかけて討論できるってすごいなーって思った。
あたしは今回、そのお話の内容を知らなかったので、
討論する様子をただ見させてもらっただけなんだけど、
あたしには「無理!」って思っちゃった。
お話が暗くて、子どもの虐待だったり、アル中、家庭崩壊のようなことがテーマで、
社会的にその問題がどうか、自分の意見がどうか、ではなく、
文学的な展開で討論されてるんだもん。

文学って解釈が全て同じじゃなくちゃいけないってことはないでしょ?
でもそこではコンセンサスが求められていて、同じ解釈になるまで話し合われるのだ。

英語で討論するということは、いい勉強になるけれど、
本の内容の解釈を同じにするための討論だったら、あたしには向いてないな・・・と思った。
自分で好きな時に好きな内容の本を読んで、楽しむ。
このスタンスが今のあたしにはあっている。

好きな時に好きな本を好きなだけ
これって、実はすごく大事なんだってことが今回わかった。
自分に無理がないし、何より楽しめる。



お気に入り
ランキング
最近の記事
プロフィール

qualitytime

Author:qualitytime
英語大好き☆子育て幸せ☆な家庭だったはずが、旦那のギャンブルでの借金や社内不倫が発覚し、別居(突然の家出と住所不明)、離婚調停をへて離婚しました。シングルマザーとして頑張っています。母として息子を立派に育てていきます!

月別アーカイブ
カテゴリー
あたしの英語関連本
訪問ありがとう!!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
読みの導入にこんなのはいかが?
あたしんちで使っている図鑑や科学の本
M男が今まで使ってきたワークブック
こんなのはいかが?