「いじめ」に神経質な旦那

旦那と口論になった。
理由はM男のこと。

M男が使っていた傘が「女の子みたい、キモイ!」と小学校でからかわれたらしい。
たしかに、フルーツや花模様が描かれたカラフルな傘で、
女の子ぽかったかもしれないが、
園時代、M男が「これ、きれいだから・・・」と言って選んだお気に入りの傘だった。
M男は綺麗なものが好きで、そこに女っぽいとか男っぽいとかそういう感性はない。
「きれいなものはきれい」ただそれだけだった。

なのに傘のことでからかわれた事がイヤだったようで、
雨が降っていても(この梅雨時に・・・)、「かさはいらない!」と言うようになった。
一度や二度ならともかく、何度もからかわれたらしいので、新しい傘を買ってあげようかと思い、
「今日、新しい傘を買ってくるから、今日だけがまんしてこの傘を持っていってね。」と言った。
あたしんちはM男用の傘が1本しかなかった。

その日、学校から帰ってくるなり、「傘、壊れた!」とM男が言う。
「え?壊れたんじゃなくて、壊したんじゃないの?!」と聞くと、
「う、・・・・・ん・・・・・。」と言葉を濁した。
案の定、自分で壊したらしかった。
怒ることはなかったけど、少しM男と話し合った。
旦那はあたしがM男に言いきかせた内容に腹を立て、納得できなかったようだ。

私は、「もう少し強くなりなさい!」と言った。
悪いことをしているわけじゃないんだから、毅然とした態度で、
「何が悪いんだよ!」ぐらいのことを言ってやりなさい、と。
「綺麗だなぁ」とか「これいいなぁ」と思う感性(1年生には難しいかな~とは思ったけど)は
人それぞれ違うんだから、それを自分と違うからと言って、責めるほうがおかしいんだよ、と。
みんながみんな、必ずしも同じものを持って、同じ価値観じゃなくちゃいけないということはない

と言うようなことを言ったのだけど、

「傘ぐらいのことで、周りに敵を作らすな!
新しい傘をすぐ買ってあげればよかったのに・・・。
子どもってのは、そういうちょっとした事で、
いじめにつながっていくんだから。
そのことが大きくなって、
これから先いじめ続けれらても良いっていうのか?!」
と言われた。

たしかにたかが傘のこと。
でも、周りからちょっと何かを言われたくらいで、イチイチそれを気にして、その通りにしていたら、
キリがないとあたしは思った。
小学生ともなると、親の目、先生の目が届かなくなることが多い。
結局、自分で自分の身を守っていかなくてはいけなくなる。
子ども自身が自分をしっかり持って、強くならなくてはいけないのだ。
いつも親が側で見守って、助けてあげるわけにはいかないのだ。
(もちろん、できる限りのことはするけど・・・・)
一年生、たった6歳の子にそんなことを言うのは酷だっただろうか?

「おまえのは正論だけど、子どもの世界には通用せん!」とも言われた。

旦那は、M男のいじめや友達同士の関係に関して、恐ろしく神経質だ。
園時代も面談日になると、先生にそのことばかり相談していた。
M男がちょっと友達とうまくいってなかったり、「○○くんに、××って言われた・・・。」なんていうことに、
敏感に反応し、「先生に相談して来い」と言うし、はっきり言ってちょっと異常だ。
なんでもかんでもいじめに結びつける。
以前、M男が友達に怪我をさせられて帰ってきたときなんか、
本当に怒り狂っていて、なだめるのが大変だった。
「M男にDSを買ってあげて欲しい・・・」と言ったのも、そのためのお金も出したのも旦那だった。
(DSを持っていないことで、いじめられるのを恐れていたからだ)
我が子が可愛いのはあたしも同じだけど、
この年齢の子どもたちのやりとりはその場限りで、そんなに深い意味がないこともあるし、
もう少し、気持ちを大きく持ってもらいたんだよなぁー、と思う。
子どもの言うこと全てを真に受けとめていないわけじゃないし、
大事なSOSはしっかりと受け止めないといけないとあたしだって分かってる。
旦那なみたいな考え方だったら、先がもたないよーーーー!!

旦那はまだ怒っている・・・・・・


スポンサーサイト

給食試食会

M男の小学校で給食試食会なるものが行われた。
主に一年生の子を持つ保護者が対象だ。
栄養士さんのお話、
「なぜ給食があるのか?」
「昔と今でどう給食が変わっているのか?」という内容のお話を聞き、
「朝ごはんにはどういうものが良いのか」なんていうお話も聞けた。

あたしたちが子どもの頃と違って、今は給食週5回のうち4回が米飯。(あたしんちの地域では)
パンは食パンはでず、コッペパンのみ。
理由はカットパンは空気が触れる面が多く、ぱさつきやすいからとか・・・。
ご飯だって玄米とか、麦飯、胚芽米、おにぎりだってでる。
給食も健康ブームね~。

郷土料理、各国料理とメニューのバリエーションも豊富。
韓国料理ビビンバや南米料理チリコンカーン、
沖縄料理のチャンプルーやそれに合わせてパイナップルゼリー、京都料理のにしんなす。
子ども向きじゃないような郷土料理もあって、「食べれるのかな~?」とも思ったけど、
いろいろな料理があることを知るのも食育だよねぇ。。。。。

試食会で食べた給食のメニューは、
チキンカツ、キャベツとコーンのソテー、味噌汁、白飯、牛乳。(ご飯に牛乳はきついかったわ^^;)
加工食品は食の安全面を考慮して使っていないんだそうな・・・。
カツにつけるソースも手作りだとか・・・・。
驚いたのはカレーのルーも小麦粉から作っているんだって!
小学校の給食、思っていた以上においしかったぁ~~~。
給食は色んな食材になれたり、楽しんだりするだけでなく、
家庭ではなかなか取れない栄養素が取れるような工夫もされているんだって!
ありがたいし、嬉しいことだ。

1ヶ月¥4000。一食あたり¥200ほど。
この物価高の今日、この予算で献立をたてるのは大変なようだ。
そうだろうな・・・・・。
給食費を払わない保護者が増えているなんてニュースを聞くけど、
栄養士さんの頑張りを知ったら、そんなことはできないはずだ。
物価が上昇しているのなら、給食費、少し値上げしてもいいんじゃないかな~。
とあたしは思うんだけど。
栄養士さんに感謝だ!ありがとうございます。

そうそう、朝ごはんにはやっぱり日本食、ご飯がいいらしい。
ご飯は昔からある日本の食文化。
つまり日本人の体はご飯に合う体質なのだそうだ。
朝ごはんに菓子パンを食べてくる子どもが多いらしいけど、
菓子パンは菓子パンといわれるだけあって、分類は菓子なんだって。
菓子と言うことは糖類が多く、急激に糖を取ると、糖を下げようとするインシュリンが出て、
逆に低血糖状態になるので、朝ごはんを食べていないのと同じような、
イライラ感がでたり、集中力に欠けたりすることがあるのだとか・・・・。

朝ごはんはしっかりご飯で決まりだね~!
・・・もともとあたしは朝は「味噌汁にご飯派」なので、続けるだけだけど・・・。



家庭学習

小学校に入学して家庭学習が定着しつつあるような気がする。
学校で学習することによって、本人の自覚も出てきているようだし。
そこは、さすが学校!
「学校でずっとイスに座っているのがしんどい!」と言っていたM男だけど、
最近はそれも慣れたみたいだ。

今宿題でどんなことをしているのかと言うと、
●ひらがな一文字(相変わらず1日一文字なのだ!)-なぞったり、自分で書いて練習。
●算数プリント-A4くらいの大きさのもの1枚(表のみ)
●音読-教科書の好きなところを好きな回数。

日々の自主的(?)家庭学習
●算数ドリル1枚(表裏有)-学校に行く前、朝にやることが多い。
●国語-国語辞書を読んだり、絵本の読み聞かせ、教科書ワークで読解の確認等。
●英語-絵本の音読・読み聞かせ、語数の少ない絵本1冊の書写、英語ワーク1ページ。
毎日必ずやっているのは算数と英語。
国語は時間があれば、たま~に。
あとはM男の気が向いたらだけど、WEBレッスン。

土曜日は頑張ってママのサタデースクールを開講してるよ!(詳しくはこちらから
日々の取り組みとあまり代わり映えしないけど、
算数のドリルは枚数を多くして、3枚
英語は読み聞かせの絵本を多くしたり、
国語は・・・一時作文指導をしてたんだけど、「難しい」と言われたので、やめた。
1年生にとって、自分から発信するというのはまだ難しいようだ。
習ったことを読んだり、書いて練習したり、ワークブックなどで理解力を確認することはできても、
『自分で考えて、まとめ書く』ということは、たとえ自己紹介であっても難しいと言うことが分かった。
考えることはできても、まとめてというのが難しいようだ。
同じ年齢でも女の子は上手に手紙なんかを書くので、驚かされる。
女の子と違って手紙を書くということも少ない男の子にとっては、
自分の気持ちを文章に表す行為はもう少し先なのかもしれない。
ということで、国語はこれと言って、「やってます!」ということはしてないかなぁ。
「もっと図書館に行きたいな~」と思ってるんだけど、近所の図書館は工事中で閉館中。
当のM男は遊びの方に夢中。特に買ったばかりのDSに。

まぁ、1年生でこれだけやってれば十分だ。
中学受験もするつもりはないし。。。。
M男は毎日DSのことも気になって仕方がないようだけど、友達との遊びにも夢中で、
日が長いのも手伝って、7時くらいまで平気で外遊びをしている。
クラスの友達が遊びに来ることもあるし、
自然と集まった近所の子達と遊ぶこともあるし。
毎日勉強もしているけど、汗くさ~くなるまで遊んでもいる。
家庭学習も大事だけど、遊びの方が大事だよね。




お気に入り
ランキング
最近の記事
プロフィール

qualitytime

Author:qualitytime
英語大好き☆子育て幸せ☆な家庭だったはずが、旦那のギャンブルでの借金や社内不倫が発覚し、別居(突然の家出と住所不明)、離婚調停をへて離婚しました。シングルマザーとして頑張っています。母として息子を立派に育てていきます!

月別アーカイブ
カテゴリー
あたしの英語関連本
訪問ありがとう!!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
読みの導入にこんなのはいかが?
あたしんちで使っている図鑑や科学の本
M男が今まで使ってきたワークブック
こんなのはいかが?