スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『笑い・言葉遊び』から伸ばす

どうやらM男の読書苦手感は克服されてきているらしい。(まだまだ気は抜けないが・・・
順調に読み進めることができている。
・・・といっても自分では読まない。
全部読み聞かせ!
時間と体力がいる~~~~!
(気長に、気長に。←自分に言い聞かせている)

なにはともあれ、M男が「この本読んで」と嬉しそうに本を差し出しながら、
次から次へとせがんでくることは、あたしにとっては喜ばしい限りだ。(大変だけど
読みたい本もどんどん現れているようで、
「次は○○っていうシリーズの本を借りたいし、予約しておいて!」と、
まだ読み終わっていない山積みの本を目の前にして言う有様だ。
そしてM男が好むタイプの本というのが、大体分かってきた。
(本だったら何でもいいという訳ではないらしい)

親が読ませたいと思う本と(正統派の感動本とか?)

子どもが読みたいと思う本というのは

明らかに違うことが分かった。


M男の読書が苦手だった理由は、実はこういうところにもあったのかもしれない。

年齢的なことや男の子ということで、
今のM男は、『おちゃらけたり』、『ふざけたり』、人を笑わせたりすることに興味がある。
そのせいか『おばか系』のお話、『言葉遊び』的なお話が好きなようだ。
例えば・・・・・

へんしんシリーズ
これは最近人気の絵本らしい。
M男の通う園でも子ども達に大人気。
今回このシリーズを7冊も借りてきた。

そこに入ると変身しちゃうらしい。
何が何に?
例えばノートがへんしんトイレに入っていくと
「ノート、ノート、ノート、ノート・・・・・」(くり返して言ってみてね!)
「とのー、とのー、とのー」と殿様に大変身!
てな具合で、色んな言葉(もの)が変身しちゃんのだ。
いわゆる言葉遊びの絵本。

かいけつぞろりシリーズ
パンツマンシリーズ
おばか系代表!
絵本ではないので内容が長いし、言葉も幼児には難しいかもしれないけど、
おばか系、笑いは共通のようで、めちゃくちゃ楽しんでいる。
『パンツマン』は元々は英語版なので、日本語バージョンが楽しめるなら、
英語版も是非M男にチャレンジしてもらいたい。
昨日この本を読み聞かせていたら、
M男自身がパンツ一丁に風呂敷巻いて、本当にパンツマンに変身してしまった!(おバカ!

英語でも人を笑わせるようなことを言うのが楽しいらしく、
ライミングを使ったSilly Sentenceを作って一人で笑って、楽しんでいる。(おバカ!
「A snake ate a cake and had a stomachache!あははは~~~。
ヘビがケーキなんか食べれるわけないやろ!」なんて関西風に突っ込みながら・・・。

なぞなぞなんかも大好きだ。
「Why is 6 afraid of 7?」というなぞなぞを出したら、
「Because 7,8,9.」が答えなのだけど、(分かります?)

つまり・・・・
Seven ate nine.8を『eight』じゃなく、『ate』と考える。
7が9を食べちゃったから6は7を恐れているのだ。
これはM男に超大うけ!
それ以来、自分でもなぞなぞを作ってあたしに質問してくる。

こんなことから、言葉にもっと関心・興味をもってもらい、読書へも結びつけて、
伸ばしていきたいな~と思う。
スポンサーサイト

『もったいないばあさん』を英語で

『もったいない』
これは地球温暖化が進んでいる現在、
それを止めるためにあたしたちが身近にできることを見つけるためのキーワードかもしれない。
ノーベル平和賞受賞者のワンガリ・マータイさんが
日本のこの『もったいない』という感性、感覚をもって地球を守ろうではないか!と提言しているくらいで、
資源の少ない日本の昔からある大事な価値観なのだ。

もったいないばあさん』はこれをあたしたちに、
特にそれを知らない子どもたちに説いてくれている。
社会でも子ども達の間でも大ブームの絵本だ。
あたしは大分前からこの絵本の存在を知っていて(1~2年ほど前??)、
M男が園から借りてきたことがあった。
今でもM男の園ではブームが続いていて、
先日M男は園から『エコ』なる言葉まで覚えて帰ってきたくらいだ。

ネイティブの子ども向けのワークをやらせていても
『リサイクル』をメインにした環境を大切にする内容が盛り込まれていて、
これからの子どもには環境に対する教育が必須になっているように思う。

もったいないばあさん』の絵本は、日本語で書かれたもの(シリーズで、他にも種類がある)と
英語で書かれたもの
がある。
どちらで読んでみても面白い。
ただ『もったいない』という感覚は仏教の教えから来ているようで、
仮にネイティブの人が絵本を読んだとしても、そのことを
『どれだけ理解してくれているのかな~?』、『伝わっているのかな~?』と思う。

『もったいないばあさん』を通して、
『もったいない』という意味の説明を英語で紹介しているサイトを見つけた。
アメリカの公共ラジオ放送で、音声も聞ける。(Listenをクリックしてね)
(その内容が翻訳されているサイトはこちら

<参考までに>
●『もったいないばあさん』のHPはこちら
●作者の『真珠まりこ』さんのHPはこちら
●『もったいない』のHPはこちら(キャンペーンをしてるんだって)

お手伝いのススメ

現代の子どもはたくさんの能力を要求されている。
それを支える親も大変で、『子育て力』なんていう言葉ができ、親が評価される日が来たりして(笑)。
冗談はさておき、現代の子どもが必要とされる力は、あたしが知っているだけで、
「考える力」
「生きる力」
「コミュニケーション力」
「読解力」
それにプラスして、学力低下が叫ばれる今日、「学力」か?
とにかくたくさんの力を要求されている。

もちろんどれも大切なことなのだけれど、
あたしは「生きる力」に関連して、「自立」が大事かなと思っている。
いつまであるとおもうな、親と金。
こんなことわざがあるように、いつまでも親が子どもの面倒を見るわけにはいかない。
一人でも十分に生きていけるように自立させなければならない。
具体的に言うなら、身の回りのことを自分ひとりでできるようにすること、
衣食住がきちんとできるようにすること、つまり家事かな?
自分で汚れた服を洗い、干し、たたみ、清潔なものを着ること。
自分で食事を作り、かたづけ、食べることの大切さを知ること。
住む場所の清潔を保つこと。
これは小さい頃からどれくらいやってきて、体で覚えているかによると思う。
特に清潔なんて、感覚に近いかも・・・・。

あたしたちの年代以降の男性諸君は、
はっきり言って、家事が出来ない、もしくはしない人が多い。
自分のことなのに、身の回りのことが何一つできないことに恥かしさを覚えなんて、
おかしいの一言に尽きる。
脱いだら脱ぎっぱなし、汚い服を着ていても気持ち悪いと感じないとか、
カビだらけのお風呂に入っていても平気とか、朝から晩までコンビニ弁当でも構わないとか、
(↑これ、結婚前のあたしの旦那
本当に信じられない。
仮にこんな人たちが賢くて学歴があっても、外でいくら仕事ができても、人間として魅力的とは思えない。

あたしは子どもの頃からお手伝いを当たり前にさせられる家庭で育った。
そのおかげで、一人暮らしをはじめても、結婚しても
家事のことで困ったことはほとんどと言っていいほどなかった。
子どもの頃は、「家事が面倒だなあー。」と思うことはしょっちゅうだったが、
今では、身の回りのことを自分ひとりで何でもこなせるようにしてくれた親に感謝している。
ところがそれと全く正反対の旦那。はあー
その経験があってか、あたしは一人っ子と言えど、この点においてはM男を甘やかしたりはしない。
何でもM男にやらせる。
夕飯を作るときだって、包丁を持たせるし、
掃除機がけの時だって、「ここのお部屋はやって頂戴ね。」と頼む。
とにかく、ありとあらゆる家事をやらせてみてる。
勿論自分の身支度なんて当たり前だ。

子どもにお手伝いをさせることの大切さを説いている本があったので読んでみた。
そこで紹介されていることは、どれもあたしが子どもの頃やっていたことばかりで、
なんだか嬉しかった。


今さらながら・・・・

図書館通いと、M男の読書は順調である。
・・・と言っても読み聞かせばかりだけど。
日本語ではかいけつぞろりにおおはまりで、シリーズ全てを制覇したいそうだ。
このシリーズはM男くらいの年齢の子たちはほぼみんなはまるそうだ。
作者は違うがゾロリが出てくる別シリーズほうれんそうマンもある。
昔話もたくさん読んであげるが、昔話ってなんか怖い話もあって、
「え?こんな話こどもにしてもいいの???」なんてのもある。
『かちかちやま』なんか、タヌキがおばあさんを殺して、『ばば汁』にしておじいさんに食べさせるのだ!
想像しただけで、怖くて、気分が悪くなるぅ~

ところであたしの住むところの図書館には英語の絵本の蔵書も結構あって、驚いた。
恥ずかしい話だけど、有名洋書絵本って、「読んでみたいな~」と思っても、
ハードカバーで高価なものばかりだったので、手にしたことがなかった。
その図書館では移動図書館にあるものなども取り寄せてもらえるので、
かなりたくさんの有名洋書絵本をあたしたちはただで読めることが分かった。
(持ち帰りが大変だけど・・・。あたしんちは自転車で片道30分こいで図書館に行っている)
本当に今さらなんだけど、エリック・カールレオ・レオニなどの有名作者の本からスタートしている。

繰り返しの文章が多い絵本で有名なエリック・カール。
シンプルだけど、その中に温かさや良さがある。
読みを始めようとしているお子さんには本当にピッタリだ。
M男には「退屈かな~?」と思ったけど、なんの、なんの、それなりに楽しんでいた。
久しぶりにあたしも童心に返って、絵本の世界を満喫中。

図書館に通うことの良さは、ただで色んなたくさんの本を目に・手にすることができることだ。
買うとなると、予算の都合で「これはやめておこう・・・」とか、たくさんは読むことができないし、
その置き場所にも困る。
通うこと、持ち帰りの大変さはあるものの、
図書館に通い、常に本に囲まれ、自分で選ぶことは、
子どもの読む意欲もつけてくれるので、プラス効果が高い!
意欲をさらにあげてくれるツールは、パソコンでの蔵書検索だ。
それが自分でできることもM男の読書意欲を沸かせているらしい。
M男は自分から読みたいと思っている本がたくさんあるようだし、
(成長が伺える^-^)
選ぶ際も親の手間を煩わせることが無く、ラクだ。
そのことがあたしを気軽に図書館へ足を運ばせてくれる理由の一つでもある。
子どもが意欲を持ち、それを成し遂げるための手間を自分でやってのけるようになれば、
図書館通いはこんなに楽しい

卒園まであと1ヶ月

M男が卒園するまで、残すところあと1ヶ月となった。
早いものだ。
M男は毎日目の前に控えた生活発表会の練習に精を出している。
歌・劇・合奏と練習に追われているのだが、
「なかなか歌えない歌があって、困ってるんだ。」と言う。
それを親子で一緒に家で練習することにした。
その歌がこれ。
年長さんには定番の卒園式ソングらしい。
とても素敵でいい歌だ。もう、すでに涙が出てくるう~~~。
<きみとぼくのラララ>
♪「さよなら」なんて 言わなくても
いいよね また あえるね
「元気で」なんて 言わなくても
元気で また あえるね
ぼくの みる 空と きみの みる 空は
つながっているから おんなじ空だから

ラララ さよならのかわりに
なみだのかわりに
ラララ きみとぼくのあいだに
ラララ ひとつの歌

♪心がちょっと いたいのは
笑顔が まぶしい からだね
「さみしい」なんて 言わないのが
いいよね きっと あえるね
ぼくの 歩く 道と きみの 歩く 道は
つながっているから おんなじ道だから

ラララ かなしみのかわりに
手をふるかわりに
ラララ きみとぼくのあいだに
ラララ ひとつの歌

ぼくのみる 夢と きみのみる 夢は
つながっているから おんなじ夢だから

ラララ さよならのかわりに
なみだのかわりに
ラララ きみとぼくのあいだに
ラララ ひとつの歌


メロディーはこちらから

アーノルド・ローベルが丸裸?!

たまたま昨日の晩、NHKの高校講座英語Ⅰを見た。
取り上げられた内容は絵本として有名なアーノルド・ローベルの『Frog and Toad』だった。
「おう!高校でもこの有名な作品を読んでいるんだ~。どんな風に勉強するんだろう?」と
興味があったので、じっくり見ることにした。

最初はネイティブの人が本文を読み、それを日本人講師の先生が説明していくのだが、
それがなんとも、なんとも・・・面白味もくそも無いくらい退屈だった。
「iced teaとは冷たい紅茶のことで、icedはiceの過去分詞で冷たくなったという意味です。」
「Everything is fine.直訳で申し分ないという意味です。」等々。
なんというか・・・・作品が直訳と文法で丸裸にされてしまって、味わうことができなくなっていた。

『Frog and Toad』のシリーズはM男に何度も読んであげた作品だったし、よく知っているだけに、
こんな読み方をされているのはなんだかもったいないなぁ~と思った。
彼の作品は『愛と友情』がテーマだ。
小さい子どもには難しいテーマで、どこまで理解しているかは分からないけれども、
それでもM男なりに理解して、楽しんでいた作品だった。
いちいちiced teaを冷たい紅茶でicedは過去分詞、なんて説明がなくても。
絵本の読み方っていうのは、絵を見ながら、自分の分かる言葉を拾って推測し、
想像して楽しむものだと思う。
そういう楽しみ方が出来るか否かは英語を始める時期の問題と言うよりは、
英語にかけられる時間と目的の違いという気がしてならない。
思春期になって、ある一定期間に受験突破を目指し、
英語を教科として勉強しなければならない子ども達と、
時間がたっぷりある小さいうちから、母国語と同じようにコミュニケーションの手段として
外国語を学んでいる子ども達との違いとでも言うべきであろうか?

早期英語教育には賛成できない部分は多々あるけれど、
絵本を絵本として楽しめることができる特権と言う意味では、
小さい頃から英語に触れるのも悪くないかな~と思った瞬間だった。



お気に入り
最近の記事
プロフィール

qualitytime

Author:qualitytime
英語大好き☆子育て幸せ☆な家庭だったはずが、旦那のギャンブルでの借金や社内不倫が発覚し、別居(突然の家出と住所不明)、離婚調停をへて離婚しました。シングルマザーとして頑張っています。母として息子を立派に育てていきます!

月別アーカイブ
カテゴリー
あたしの英語関連本
訪問ありがとう!!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
読みの導入にこんなのはいかが?
あたしんちで使っている図鑑や科学の本
M男が今まで使ってきたワークブック
こんなのはいかが?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。