スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難破船状態の会社?!

入社してもうすぐ二週間がたとうとしている。
怒涛の一週間が過ぎ、二週間目でほんの少しだけ慣れてきたというか、
周りが見えてきたし、仕事の流れもつかめてきた。

事務の仕事なので、
横に管理職の上司がいて、
会社の環境改善の話や会議の打ち合わせが聞こえてくる。
それに加えて悪口もいっぱい聞こえる。

知らない振りして、仕事をしているけれど、
なんというか・・・・・
その話の内容で「この会社は難破しかけているんだなあ・・・」と
わかった。

数日前には役員会議?のようなものが開かれていたけど、
うーーーーん、なんだかみんなバラバラって感じだし、
何より、「これが経営陣かい?!」ってくらい
薄い人材ばかり。

いかにも中小企業って感じ。
人が育っていない。
社内は中途採用の社員ばかり。
中途の寄せ集めだから、バラバラ。
場当たり的にしのげれば良いという感じの社風なのか?
入って一年足らずの人がゴロゴロ。
あたしが入社するちょっと前、突然退職者がでたとかで、
また求人募集をかけているらしい。

ま、それでも人は人。
あたしはあたし。
あたしはできることをやって、その分を給与としてもらうだけ。


とはいえ、社内はどんよりとして暗くて、
活気や笑顔が無く、行くだけで生気が失われていく。




スポンサーサイト

監禁されているみたい

昼休みの過ごし方まで管理されていて、
正直つらい。

今日は半端なく、イライラして、
精神的に追い込まれた。

自宅から徒歩1分の距離に職場がある。
あたしはてっきり昼休みは自宅で食べていいものだと思っていた。
子供の夏休みにも帰れるし、「良かったあ」と喜んでいたのに
入社初日、モラ上司(あたしの教育係らしい)が

「自宅が近いので、もしかしたら自宅での食事を考えているかもしれませんが、
それはやめてください。よほどの理由があるときに限り許めますが、
そのときは許可を取って、帰ってください。
こちらではお弁当の宅配をとっていますので、
お弁当を持ってくるか、宅配弁当をとるか、どちらかにしてください。
どちらにしますか?」

「・・・・」

アルバイトを含めていろんな職場を経験しているが、
ここまで昼休みの過ごし方を限定してくる職場は初めてだ。
昼休みって使い方は自由なんじゃないの?
しかも昼に何を食べようがもっと自由だと思うんだけど。
外食しようが、コンビニで買ってこようが・・・。

無言で怪訝そうな顔をあたしがしていると、
「公私のけじめと言いますか、
当面の間$#%&&%$・・・」と分けのわからないことをつぶやいて、
話をうやむやにした。

なんだかよくわからない理由だった。
とりあえず、初日なので「はい。ではお弁当を持ってきます。」
と言ったものの、イマイチ納得がいかず・・・・

というのも、
その後、同じ職場の人が、
「qualitytimeさんは、やっぱりお昼は家で食べるんでしょ?
近いもんねーーー。」と言ってきた。

「それが・・・・駄目みたいなんです。」

「え?なんで?へー。」

そしてあたしの教育係上司に向かって
「なんでqualitytimeさんは家に帰って食べたら駄目なの?
社長がそう言ったの?」と。

「私が決めました。
けじめと言いますか、$#%&&%$・・・」とまたゴモゴモと話すモラ上司。

結局なんで帰ってはいけないのかが全くわからず。
持参弁当か宅配弁当の二択しかないので、
外出禁止も当然といった雰囲気。

昼休みまで自分の管理下におきたいなんて、
なんてモラ男なんだ。

それでも職場でゆっくり休めるならともかく、
休憩場所が無い。
デスクでご飯を食べる。
デスクで整理整頓をしたり、
教えてもらったことをノートにまとめたりして過ごしていると、
仕事の依頼が来て、休み時間なのに、仕事モードになり、
全然休めない。

外出はしてはいけない。
休憩場所は無い。
デスクにいると仕事を頼まれる。

八方塞で死にそうだ。
息つく暇もない。


いい意味でも悪い意味でも
「昭和な会社」だ。
拘束されるのが大嫌いなあたし。
耐えられるかな。
月曜日、もう少しなんとかならないか交渉しようか・・・。
試用期間中なので少し気が引けるけど、
自分を守れるのは自分しかいないし、
自分にとって働きやすい環境を交渉でもっていくのも
大人のやり方だよね。

俺様の命令が会社のルールっていう、
こういう人が一番性質が悪いんだよな、本当・・・。

続けられるかどうか?

毎日通っていて思うが、
まあ・・・あれやこれやとある会社である。

小さい会社って、ここが初めてじゃないけど
社員数の少ない社内は、一人ひとりの個性が目立って、人間関係が重いし、
権力にも偏りがあり、複雑な社内事情がある。
「小さい会社の常識は非常識」って言葉、知ってるのかなあ・・・


休み時間ですら、社員同士が世間話もしない暗い会社なのだが、
思い切って、あちこちの先輩社員さんを捕まえて、
世間話をしてみた。


そうしたら、会社の裏事情がわかった。

コミュニケーションはしてみるもんだね~


ここの支店の元トップが
それはそれは、ワンマンで独裁者だったようだ。
おまけに前任者の女性事務員がこいつとできていて、
(多分あたしの予想)
自分も権力を持っていると勘違いし、
かなり威張り腐ってこわ~い人物だったとか。

支店は、もうこの二人の城と化しており、好き放題だったようで、
そのせいか、この二人以外の社員の定着率が異常に低かった、
という事情があったようだ。

この元支店トップさんは、退職し起業されたらしいが、
その仕事を一緒にするために、
女事務社員も時を同じくして退職したらしい。

「二人が時期を同じくして辞めた」とは、
以前にちらっと聞いたことがあって、
「???あやしい・・・」と、
女の直感が働いていたが、
「二人の城だった」証言を聞いて、確信。

支店を私物化していた恐るべしモンスターたちが辞めた後、
他の部署から、新たなトップたちが送られてきて、
その人たちが今、あたしの上司なのだが、
モンスターたちが仕切っていた支店は、
完全に荒らされており、
その建て直しにてんやわんやだという事情が
入社した今の会社の裏に潜んでいた。

その建て直し要員の一人が、あたしでもある。
毎日仕事をしていて、以前の資料ややり方をみていて、
本当に杜撰だったことが手に取るようにわかる。

よく、会社として成り立っていたなあ・・・と
感心するくらい。
上場企業だったら、あり得ないけれど、
まあ、それが小企業ならではの企業風土なのかもしれない。

「前は、事務方の人たちには
”話しかけるな!”っていう怖い雰囲気があったので、
体制が変わっても僕たちは、それを引きずってしまっているのかもしれません。
今は、そんな感じでもないし、こうやって気さくにqualitytimeさんも
話しかけてくれるので、僕たちも気持ちを切り替えていかなくちゃいけませんね。
なにはともあれ、早く社内が落ち着いて欲しいです。」

とのこと。

社内がくらーーーーーい雰囲気に包まれていたのも、
あたしたちのいる前では、誰も世間話をしなかったのも、
悪しき慣習だったんだということがわかっただけでもほっとした。

少しずつでもいいので、明るい社内に変わるように頑張ろう。


頑張って続けられそうな感じしてきた。


もっとひどい会社も経験しているだけに、
これくらい屁じゃないわあ~


される側からする側へ

新しい社員の募集をかけている我が社。
少ない応募者の中から選ばれた人たちの面接試験が行われた。

ちょっと前では、あたしがされる側だったのに、
今ではする側の立場になるわけだ。
不思議な感じ。

あたしが受けものと同じ内容の筆記試験や性格判断テストの解答を
今回はあたしが採点をする。


筆記試験は参考程度のもので、
面接重視だとは聞いていたけれど、
人のものを採点しながら、
あたしはどれくらいだったんだろう?と思った。


そうしたら、上司が
「qualitytimeさんの点数は、かなり高得点だったんですよ。」と
教えてくれた。
今までの最高点の方より1点低いだけだったと。

へー、そうだったんだ。



「今日の面接者、どう思います?」

と聞かれたりもしたが、
ノーコメント。
ついこの間まで転職活動していた身としては、
その人の人生を左右するようなことをあたしからとやかく言えないよー
と思った。

おまけにまだあたしは正社員じゃないし、
”明日はわが身”。

新しい方の採用が決まった。
お盆休み明けから来られるらしい。

これでまた新人さんが一人増えた。
あちこり見渡しても新人さんばかり。
(あたしも含めて)

新人ばかりで成り立っている会社か。
歴史はそこそこある会社なのに、
人を育てたり、大事にしたりする風土がないんだろうなあ。
恐ろしい。

でもそれを変えていこう!と
頑張っている上の人たちがいることもわかる。
どこまで変われるのか・・・・

いつもピリピリ・・・

マイナスオーラばかりでている職場。
毎週月曜日になると、ブルーになり、胃がキリキリ痛む。
最近の猛暑とストレスで、体調が良くない。

とにかく職場の雰囲気は、ピリピリムード。
マイナスのオーラしか漂っていない。
笑顔が無い、笑いが無い。
悪口ばかりが聞こえる。

今日、あたしが帰るときも、なんかもめてて、口げんか中だったなあ。

仕事は楽しくやらなくちゃ。
笑いがあるところから、モチベーションも上がる。


メリハリっていうの?!
やるときはやり、抜くときは抜く!みたいな、

「常に向上心を持って、今の環境に危機感を感じながら仕事をして欲しい」

とモラ上司は熱く語っていたが、
この今の職場でそれは逆効果ではないのか?!

サビ残で、遅くまで残っている人の環境を改善するところから、
働く人同士の信頼関係を築くところから、
職場の雰囲気を明るくするところから、
全ては始まるんじゃないかなあ。


モラ上司よ、
自分の価値観が全て正しいからと、
押し付けてルールとするのは如何なものか?


「新婚旅行に行きたいので、休みたい」と相談に来た部下に、
「そんなに休みたいなら、辞めてしまえ」とは。

可愛そうなモラ上司。
ある意味、そんなあなたに同情するよ。
その器の小ささに。





お気に入り
ランキング
最近の記事
プロフィール

qualitytime

Author:qualitytime
英語大好き☆子育て幸せ☆な家庭だったはずが、旦那のギャンブルでの借金や社内不倫が発覚し、別居(突然の家出と住所不明)、離婚調停をへて離婚しました。シングルマザーとして頑張っています。母として息子を立派に育てていきます!

月別アーカイブ
カテゴリー
あたしの英語関連本
訪問ありがとう!!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
読みの導入にこんなのはいかが?
あたしんちで使っている図鑑や科学の本
M男が今まで使ってきたワークブック
こんなのはいかが?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。