スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百聞は一見にしかず~海外旅行記1~

初親子海外旅行から帰ってきて、怒涛のごとく、普通の生活が始まった。
少しずつだけど、初親子海外旅行記を書いていこうと思う。

今回の海外旅行は、ベトナム経由シンガポール5日間の旅。
旅行の詳細は、おいおい書いていくとして、
帰ってきて、まず、ひとこと。




たのしかったああああああああ!



久しぶりの海外旅行、そして初の子連れ旅行でもあったので、
正直に言うと、旅行前は不安のほうが大きかった。
旅行前の下準備や手続きも多いしね。
でも実際はそんな心配どこ吹く風♪
やっぱり思い切って「行って良かったあ
いいタイミングで行けたとも思う。

今回の旅は、行き当たりばったりの旅行ではなく、
実はけっこう計画的で、旅の目的もきちんとあったのだ。
目的は次の3つ。

1.家族での思い出作り。
2.英語学習の意義を知ってもらう。
3.世界は広く、色んな民族、文化、価値観、言語があることを知ってもらう。

嬉しいことに、今回の旅行で、全ての目的が達成された。
そういう意味でも本当に有意義な旅行となった。

まず1つ目。
これは言うまでもない。

2つ目は、かねてから考えていたことだった。
M男が高学年になったら、長期休暇を利用して、
海外へM男一人での短期留学を考えていたくらいだ。
ただ、M男は高学年になってから、合唱団の練習が忙しくなり、
時間が取れなくなってしまったため、今回の家族旅行に変更になったのだ。

M男の英語学習は現在停滞している。
かれこれ停滞状態が続いて3年。

「言語力がないのか?」
「センスがないのか?」

などと、思い悩むこともあったけれど、
伸び悩んでいる理由は、そういった能力の問題ではなく、
「やる気」の問題なのではないかと感じるようになった。

M男のかねてからの口癖は、
「なんで英語をしなくちゃいけないの?」だった。

世界の公用語であることや
言語の違う人々とのコミュニケーションの手段であること、
将来の選択肢が広がることなど、
その必要性、重要性をどんなに説明しても、何度説得しても、
M男の心に一度も届くことはなかった3年間。

「うちはお金もなくて、海外へ行くこともないし、
普段は英語が必要のない生活で、日本語で十分な生活なのに、
なんで勉強するの?何のための英語なの?」とそう言い続けるM男に、
あたしはグの根もでなかった。
M男がそう言うようになってから、英語力はどんどん伸び悩み、停滞していった。

そんなM男が今回の旅行で少し変わった。
旅行から帰ってきて言ったM男の英語への感想。

英語って、生活のためにあるんだね。英語って言葉だったんだね。
今まで勉強していた英語と、旅行に行って使っていた英語が同じものなんだってわかった。
別のものだと思っていたけど、繋がった。」


あたしがM男に感じて欲しかったことが、M男の口から出てきて、
「やっぱり海外旅行に行ってよかったなあ。」と心から思った。
外国語学習がテストや検定のための机上の勉強ではなくて、
コミュニケーションのための「ツール」なんだというこの感覚を持つことができたなら、
英語学習の意義も理解でき、今後の英語力も上がっていくことだろう。

今回の旅行は、この感覚を得ることができるかどうかの賭けでもあった。
得ることができたら大成功!
もし、その反対だったら・・・

海外旅行という少し大きな出費は、
旅行前はリスクのある大きな賭けだったけれど、
結果として、今後のM男の教育のためにはいい投資となり、回収できたように思う。


そして3つ目。
シンガポールという国を旅行先に選んだことも、実は意味があった。
そう、シンガポールは言わずと知れた、多民族国家であるということ。

前もって旅行先の国の地理、歴史、社会的なことを二人で簡単に調べてはいたが、
いまいちピンと来ない感じの様子だったM男。
しかも5年生の社会の授業では、世界の地理の勉強が始まっているのだけれど、
それが「嫌い!面白くない!」と豪語していた時でもあったので、なおさらだった。

ところが、旅行から帰ってきて、M男の様子がすっかり変わった。
世界の国旗や地球儀、地図を熱心に見たりして、興味を持つようになった。

シンガポールでは、常に多数の言語が飛び交い、食を初めとして多様な文化がある。
中国系、マレー系、インド系と、様々な民族が暮らす様を見て、
日本との文化の違いや民族ごとの違いを強く感じていたようだった。

「日本では当たり前だと思っていたことが、
実は当たり前じゃないとわかってびっくりした。
色んなことが違う。」と。

違いを目の当たりにして、
日本の長所や短所をはじめて感じた瞬間でもあったらしい。



百聞は一見にしかず

とは、まさにこのこと。
大収穫の旅行、大成功の旅行となった。

つづく
スポンサーサイト

国際空港にまつわるあれこれ~海外旅行記2~

今回の旅行は、安く行きたかったので、
ホテルとか航空会社のランクは無視。

AB-ROADから安くいけるところを探し、インターネットで予約。
旅行会社はケイ・アイ・エス・インターナショナルを利用。
聞いたこともない会社だったが、
スムーズに手配を進めてもらい、対応もよかった。

シンガポールへの空の旅は、ベトナム航空を利用した。
初めて使う航空会社だった。
フライトアテンダントさんは、
小豆色のベトナム伝統服の「アオザイ」を着ていて、みなさん綺麗だった。
飛行機に乗った瞬間からベトナムを感じてよかった。
機内食もまあまあ、よかった。

日本からベトナム航空でベトナム南部にあるホーチミン(ベトナム最大の都市)で乗り継ぎ、
そこからシンガポールへ。

日本からホーチミンまで5時間。
ホーチミンからシンガポールまで1時間。

PICT0001_convert_20120512154535.jpg
機体は綺麗なブルー。


乗り継ぎ時間は2時間だったので、
外には出ず、空港内でぶらぶらした。
国際空港(タンソンニャット国際空港 )とは名ばかりで、小さい、こじんまりした空港だった。

ホーチミンで驚いたことは、店員さんの態度。
お世辞にも良いとは言えなかった。
空港から出ていないので、空港内の店員さんしか知らないけれど、
常に携帯電話を片手に握って、
勤務中だというのに、しゃべっているか、メール(?)をしている。
接客中でさえも、電話しながらオーダーを聞いたり、おつりを渡したりする始末。
愛想もよくないし、怒ったような話し方をする。
女性店員さんが、みんなベトナムの伝統服の「アオザイ」を
綺麗に着こなしていたのは良かったけれど、
サービスの悪さは残念だった。
M男はただただ、日本のサービスとの違いに驚愕し、テンションが下がってしまっていた。
(あたしも



空港内では米ドルを使用。
空港内のショップで売られているものは、全てが高かった。
日本のコンビニよりひどいサンドイッチが6ドルもした。

せっかくベトナムにも来たのに、
あまりいい印象をもつことなく、シンガポールへ旅立つこととなった。
買い物をする気にもなれなかった。

PICT0002_convert_20120512155800.jpg
ホーチミンの空港の窓から見えたCANON。


シンガポールへ着いた頃は、もう夜だった。
あいにくの雨模様で、ムシムシした暑さだった。
熱帯気候を経験するのは初めてだった。
赤道に近い場所っていうのは、こういう感じなんだなあ・・・と嬉しくなった。

空港にて両替をした。
日本円からシンガポールドルに両替するなら、
「日本ではなく、シンガポールの空港がいい」
とネットや地球の歩き方に書いてあったので。

空港には現地のガイドさんが待っていてくれて、
ホテルまで送迎してくれた。
市内中心部から少し離れたところのホテル。
中級(?)クラスのホテルかな?
「寝るだけ・・・」と思っていたので、ホテルには期待をしていなかっただけに、
意外にもアメニティグッズやコーヒー&紅茶などがきちんと用意されていて、
予想以上に良かった。

ホテルに着いた頃は夜の9時。
さすがにお子ちゃまは眠かったようで、
M男はさっさとシャワーを浴びて寝てしまった。

こうして一日目は移動で終わってしまった。

シンガポール・チャンギ国際空港にて。




この空港が本当素晴らしくて、空港だけを利用しに遊びにきたいと思ったほど。
施設がかなり充実しており、きれいな空港だった。
「東南アジア一のハブ空港」という異名をとるのもわかる。
(賞も受賞している)
今度海外旅行をするときは、ここの空港をぜひ乗り継ぎ空港ととして使いたい

ちなみにチャンギ空港で5時間以上のトランジットのある場合、
無料でシンガポール観光ツアーができるらしい!!
ぜひおすすめしたい。



つづく

ディープとワクワクなシンガポール~海外旅行記3~

シンガポールについて、一日目がスタート!
この日はシンガポールの祭日、ベサックデイの日だった。
お釈迦様の誕生を祝う仏教の祭日。
ということでホテルの近くにある、「千燈寺院」に行った。
ここがベサックデイのメインのお寺らしい。

沢山の人が祈りに来ていた。
大きなお線香が三本までタダだということで、
お線香をあげ、お祈りをしてきた。
シンガポールの仏像はきらびやかで、派手だ。
(それにお寺も)

PICT0004_convert_20120512171954.jpg
千燈寺院

タクシーで移動し、ALJUNIED(アルジュニード)駅 ゲイラン地区へ。
PICT0005_convert_20120512172710.jpg

駅前でもやはり、参拝中。
大きな仏像があり、参拝客はお供え物を購入し、
PICT0006_convert_20120512172955.jpg

PICT0007_convert_20120512173015.jpg
そしてこんなきれいなお花の飾りを池に浮かべたりしていた。





あたしたち親子の目当ては、南国ならではフルーツ。
特に食べたことのない、果物の王様といわれる「ドリアン」が一番の目当て。

駅から少し歩くと、フルーツの屋台が。
PICT0009_convert_20120512173318.jpg


PICT0008_convert_20120512173339.jpg
これは全部ドリアン。
ものすごい変なにおいに包まれている。
トラックや大きなカゴに山積み。


値段を交渉し、早速初体験ドリアン!!
値段が安いものは甘くなく、おいしくないということで、
思い切って、一番良いものをその場で切ってもらい、試食。
味が気に入れば全て切ってもらい、その場で食べることができる。
いざ!挑戦

PICT0011_convert_20120512173925.jpg
1キロ18シンガポールドル。
あたしが買ったものは、2.2キロだったので、39ドルだった。
日本円にすると、今のレートだと、2500円くらいかな?

うーーーーーーーん
ごめんなさい!
あたしたち親子にドリアンは合わなかったあああああ
一口でギブアップ
M男なんか、ドリアンを口にした瞬間、
ブルブル震えて、涙を流した!
カスタードクリームのような色で、とろとろのクリーム状。
味は・・・・・・
あれは食べたことのない人じゃないとわからないだろうなああ。
なんとも表現しがたい、日本にはない味だ。



 


お店のおじさん、ごめんなさい。m(__)m

ほとんどを食べ残し、帰ることになった。
M男は、ドリアンを口にしたせいで、気分が悪くなり、
あたしたちはテンションダダ下がりで、ホテルへ帰ることになってしまった。



気を取り直して、ホテルの近くのお店へgo!
シンガポールへきたら、一番食べたかった「バクテー」。
ホテルの近くに、美味しいと有名な店が2件あるとわかった。
バクテーとは、漢字では「肉骨茶」と書く。
豚のスペアリブを漢方のお茶で煮込んだもの。
これがとーーーーーてもおいしくて、気に入ってしまった。
見た目はパッとしないけれど、おいしい。
シンガポールへきたら、バクテーは絶対に食べてみて
(写真をとる前にパクついてしまったので、画像なし)

●地元の人でにぎわっていたのは、こちらの店→黄亜細肉骨茶餐室
(マリーナベイサンズのフードコート「ラサプラ・ マスターズ」でも食べられる)
●あたしたちが行ったのはここ→発起人肉骨茶餐館
(胡椒が少し多めで辛かったけど、おいしかった♪)


夜からは、予約していたナイトサファリへ。
ナイトサファリは、世界でたった一つ、シンガポールにしかない。
これは子供も楽しめるので、シンガポールへ来たら、絶対行って欲しい。
トラムという乗り物に乗って、ジャングルに住む夜行性の動物を(檻なし)
目の前で見ることができる。

日本語トラムと英語トラムがある。
日本語トラムは予約が必要。
英語トラムは予約の必要はなく、その場で乗れるけれど、
ディズニーランド並みの込みようで、待ち時間が多そうだった。
あたしたちは日本語トラムに乗ったので、全てがスムーズに行き、
トラムを降りてからは、散歩をして動物たちを見たりも出来た。

開園まえに、レストランでバイキングの食事をすませ、
ファイヤーダンスを見た。
これもとてもよかった。



旅行を申し込むのと同時に、
オプションでナイトサファリを付けた。
ホテルとナイトサファリまでの往復の送迎と
入場料、トラム料、食事代込みで一人¥7000。
中心部からサファリまでは結構遠いので、送迎があると便利だし、
トラムもすんなり乗れるので、時間の限られた旅行の場合は、
日本でオプションとして旅行会社へ申し込んでおくといいと思う。




最初は、ディープなシンガポールから始まって、
ドリアンでトドメを打たれ、
スタートからテンションが下がったあたしたち親子だったが、
バクテーとナイトサファリに元気付けられ、
楽しかったあ・・・・と一日目が締めくくられた。




つづく

定番観光地を巡る一日~海外旅行記4~

2日目は、普通の観光客が行くような定番エリアにいくことにした。

まずは、やっぱりシンガポールの象徴マーライオンパークへ。
この日も移動はタクシーで。
シンガポールのタクシーは安い。
初乗り3.20シンガポールドル。(日本円で¥200くらい)
15~20分くらい乗って、7.5ドルほどだった。

はじめて目の前でマーライオンを見たとき、
なんだか感動して涙がこぼれた。
本当に日本を出て、海外に来ているんだなあ・・・って。


マーライオン1

そしてマーライオンパークからは、
新しいシンガポールの象徴「マリーナ・ベイ・サンズ」も見える。
CMで見ていたあの変わった形の建物を目の前で見ることができて、
またまた感動

マリーナ・ベイ・サンズ

すぐ近くにシンガポールフライヤー(観覧車)があるので、のってみることにした。
シンガポールの海、インドネシア、マレーシアの島々も見えるとの事で、
ワクワク

晴れていたので、海や島が見え、
海の反対側には近代的な建物(金融街)が見えて、面白かった。

シンガポールフライヤーからの景色

↑シンガポールフライヤーから見たマリーナ・ベイ・サンズ。

マリーナ・ベイ・サンズの中に入り、
お昼の腹ごなしをすることにした。

とても綺麗な大きい施設で、
さすがに新しいシンガポールの象徴だなあ。。。と感じた。
ここはフードコート「ラサプラ・ マスターズ」がある。
あたしたち親子はここで、シンガポール料理に舌鼓を打った。

サイコー!

ラサプラ・ マスターズにて

ラクサ
↑ラクサ
モチモチとした麺に、甘辛いスープが絡んで美味しかった。

シンガポールのお土産でも定番のカヤ・ジャム。
M男はカヤトーストを食べたが、思っていたほどの美味しさではなかったようだ。
スノーアイスのマンゴー味をデザートに食べたが、すっごく美味しかった。
(またまた食べた後に写真を撮ることを思い出したので、写真なし

お腹がいっぱいになったところで、
マリーナベイサンズの展望デッキ「スカイパーク」に行こうと思っていたら、
なんと急に雨が降ってきたため、展望デッキに上れなかった。

予定を変更し、オーチャード通りへ行くことに。
オーチャード通りは、シンガポール一の繁華街。
ブランドショップが立ち並ぶところだ。
そこへは、地下鉄に乗って移動。
シンガポールへ来て、初めての地下鉄利用。
どうやって乗ったらいいのか、わからなかったけれど、
とりあえず、チャレンジ!

シンガポールの地下鉄はMRTと呼ばれている。
お金を入れると切符じゃなくて”カード”が出てくる。
・・・でこのカード代が1ドルかかるのだが、
乗り終わった後、このカードを返却すると、1ドルが戻ってくる仕組み。
乗るためのカードを買うこと、カードの返却&払い戻しも
全て自動券売機でできるのがすごい!
はじめはこのシステムを知らなかったため、
カードを買うのに時間がかかってしまった。

右往左往しながらやっと地下鉄にのり、オーチャド通りへ到着。

2日目のつづきはまた明日。

つづく

定番観光地を巡る一日~海外旅行記5~

オーチャード通りについて、びっくり。
シンガポールって本当に大都会なんだね。
東京みたい
活気に満ち溢れ、経済成長力のある国なんだと肌で感じた。

ブランド店とかは興味が無いので素通りして、
あちこち見て歩いた。
結構、日本のお店もあって、驚いた。
高島屋、無印、トイザラスもあったなあ。

トイザラスに入り、
シンガポールの子供たちがどんなおもちゃで遊んでいるのかを見てみた。
DSとか、WIIのような日本の子供たちにとって定番のゲームはなくて、
シンプルな、子供らしいものが多かった。

そうこうしているうちに、お腹が空いてきた。
晩御飯の時間だ。

たまたま見つけたラッキープラザ。
ラッキープラザって結構有名なところで、
シンガポール国内でもレートのいい両替商があり、
庶民派エスニックショッピングモールらしい。
特にフィリピン系のものが充実している。
(たしかに、そうだった。)
しかもシンガポール土産店もあって、
かなり格安で定番土産が手に入った。
(マーライオンチョコが7箱(12個入)で20ドルだった!

ラッキープラザB1 アジアンフードモール。
ここで食べたシンガポールの代表料理のチキンライス。
サイコー!!の一言。

チキンライス1
↑半端なく美味しかった


ナシゴレン

シーフード・ナシゴレン
甘辛いチャーハン。
添えてあった野菜のピクルスみたいなのが美味しかった。

お腹がいっぱいになって満足したところで、
雨も止んだため、またまた地下鉄に乗り、
マリーナ・ベイ・サンズへ戻った。

昼間に急な雨で展望デッキに上がれなくて、
予定を変更せざる得なかったかったときは、
アンラッキーだなあ。。。って思ったけど、
実は、ラッキーだったかも。

ラッキープラザを覗けて、
おまけに、展望デッキに上る頃は、
なんと、夜景の綺麗な時間だったから。

その前にマリーナ・ベイ・サンズで行われる、
「ワンダ・フル」と呼ばれる噴水ショーを見た。
海辺で行われるショーは幻想的で素晴らしかった。
噴水に映像が映し出され、光と音楽とシャボン玉が舞う、
素晴らしい綺麗なショーだった。
このショーを見たM男は一気にテンションが上がり、
「シンガポール、サイコー!きてよかったー!」と叫びながら
スキップをしだした。
シンガポール最後の素敵な夜となった。

ワンダフル1

ワンダフル2

ワンダフル3






それから、マリーナ・ベイ・サンズの展望デッキ「スカイパーク」へ。
夜景が綺麗だった。


スカイパークから1

シンガポールフライヤーが見える。

スカイパークから2


2日目は、定番観光コースを巡った。
初海外旅行のM男にとっては、これがよかったらしく、
本当に楽しそうだった。
あたしもすごく楽しめた。
ザ・シンガポールの一日だった。

3日目へつづく

お気に入り
最近の記事
プロフィール

qualitytime

Author:qualitytime
英語大好き☆子育て幸せ☆な家庭だったはずが、旦那のギャンブルでの借金や社内不倫が発覚し、別居(突然の家出と住所不明)、離婚調停をへて離婚しました。シングルマザーとして頑張っています。母として息子を立派に育てていきます!

月別アーカイブ
カテゴリー
訪問ありがとう!!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。