スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職活動中

あたし、就職活動をしている。
ネットやハローワークで職探し中。

年齢的な壁がたか~~~く、たか~~~く感じる。
若い子でも就職難の時代なので、仕方ないけれど、
正直キツイ!

正社員の仕事を探している。
離婚問題が片付き、子供の学校関係の役員も終わったので、
本格的に仕事ができる時期に入ったことと、
今後のことを考えるとやはり正社員がいいと思った。


子供に合わせたライフスタイルを考えると、
土日休みで、残業が多くない職。
そうなると事務職になってしまうんだけど、
正社員の職自体が少ないのに付け加え、
あっても給料の低いものばかりだったりする。
(事務職は派遣に取られちゃってるもんなあ・・・)

子供がいなかったら、サービス業でもOKなんだけどなあ。

近所に親戚もいなくて、また兄弟もいないM男には、
あたしだけしか頼る人がいない。
あたしがいなかったら、ずっと一人ぼっち。
M男のとの生活に合わせられる職。
今はこれが優先事項。

なんとか仕事、見つかるといいなあ。


働きながら子育てができる環境整備が日本には必要だね。
スポンサーサイト

自分探しの旅

こんな年になって自分探しの日々。
就職活動をすると自分はどういう人間で、何ができるのか、
逆に何が出来ないのかを嫌というほど考えさせられ、見つめさせられる。

あたしって人間は、本当・・・・、全てが中途半端で落ち込むよ~~~~~。
一体あたしは何をやってきたんだろう?

人生が折り返しに来ているのに、何もできない、ダメ人間だという気がして、しんど~い。


年齢制限だけでもしんどいのに、さらにこのご時世。
条件に合うところはなかなか見つからない。
自分の中で仕事に求めるハードルをもっともっと下げなくてはいけない。
選べる立場にないことを実感している。

職探しを始めて思ったことは、あたしの考えは時代には合っていないということ。
つまり、時代が求めている人材もスキルもあたしが若かりし頃とは全然違うということ。
若かった頃にスキルを磨かず、結婚して、出産して、社会とのブランクがあり、
かつ一人で子育てをしながらの女性には、
今の時代は、底辺の道しか見えない。


これが、格差か・・・・?!


選択を少し間違ったために、こんなにも人生が変わってしまうなんて。

最近は、なんでも「自己責任」、「自己責任」っていうけど、
全て自己責任で切り捨ててしまうのは、あまりにも酷かと。
神様じゃあるまいし、人間だもん。
やりなおしのきかないこと、見通しを間違ってしまうこともあるじゃない!

愚痴ってても仕方がないけどさっ。
つきあってくれてありがとう。
ごめんなさい。

勉強になる転職活動 

今の職場は本当に気に入っている。
あたしが一家の大黒柱でなく、金銭面で問題がなければずっと続けたい職場だ。
人間関係も仕事の内容もいいし、なにより家事育児の両立が可能なのだ。
今まで働いてきた職場の中で居心地の良さはNo1だ。

なので転職しようという気になかなかなれなかった。
でも、やっぱりこのままのお給料では息子一人育ててはいけないし、
何より自分が老後に困ってしまうと思った。

自分が持っている履歴書の書き方&面接の攻略法という本を読んでみたが、
どうも今の時代にしっくりこなかった。
よくみてみると裏表紙に1998年という文字が!(笑)

古すぎる・・・・・


重い腰をあげて転職市場の状況や企業研究、
キャリアデザインを考え始めた。
それは、ずっと家庭との両立を優先にするために
パートや派遣でやってきたあたしの知らないことばっかりで、
あたしが大学卒業時の就職活動とのそれともまた違かった。

多分これがあたしにとってラストチャンス。
年齢的に失敗はもう許されない。
一生を左右する大きな決断どころになるだろう。
だからこそ、真剣に考え、妥協できるところはするけれど、
ハードルを下げすぎずに決めていかなくてはいけない。

今までのあたしは、結婚も含めて、
選ぶ相手や企業のハードルが低すぎたように思う。
そのときだけの感情や状況だけじゃなく、
将来性をもう少し重視すべきだったと反省している。
若い時はまたやり直せるから楽なほうでもいいやと安易に決断してしまうが、
大事な決断はそれではいけないのだ。
転職活動はしんどいけど、
この点に注意して、逃げずにやっていきたいと思う。

今の時代は、面接にこぎつけるまでは大変だなんて、意外だった。
書類選考を突破するのが大変なのね。
最低でも100件は応募する覚悟だ!

↓こんな本を買ってみた。

会ってみたくなる履歴書・職歴書と添付手紙の書き方〈’13年版〉会ってみたくなる履歴書・職歴書と添付手紙の書き方〈’13年版〉
(2011/06)
福沢 恵子

商品詳細を見る


転職面接突破法―10万人が受講した究極メソッド転職面接突破法―10万人が受講した究極メソッド
(2011/08/06)
細井 智彦

商品詳細を見る


↓これらは図書館で借りた
若者はなぜ「会社選び」に失敗するのか若者はなぜ「会社選び」に失敗するのか
(2007/02/23)
渡邉 正裕

商品詳細を見る


緊急転職 研究編 今すぐ転職したい! Best100社緊急転職 研究編 今すぐ転職したい! Best100社
(2009/02/27)
JOB NEXT

商品詳細を見る


7割は課長にさえなれません (PHP新書)7割は課長にさえなれません (PHP新書)
(2010/01/16)
城 繁幸

商品詳細を見る
キャリアのみかた -図で見る109のポイント-キャリアのみかた -図で見る109のポイント-
(2010/02/15)
不明

商品詳細を見る


企業研究とか現代の企業が求めている人材像を調べていると、
これからの子供にどういう能力が求められ、
どういう教育が必要なのかが見えてきて面白い。
あたしたちアラフォー時代の教育観、職業観が覆される。
親は自分が受けてきた経験を基準に子供の教育観や職業観を定めるけれど、
それでは古いんだということがわかった。
時代は流れ、求められる能力はかわるのだから、
それに合わせて考えていかなくてはいけない。
ましてや自分のコンプレックスを押し付けるなんてもってのほか!

色んな意味で転職活動は、いい経験になってます☆

何がいいのかわからない

いとこ(男42歳)と久しぶりに電話で話した。
いとこは、15日で仕事を辞め、転職活動をするとのこと。
仕事が忙しすぎて休みがなく、体を壊しそうだし、
家族との過ごす時間もなく、もっと家族との時間もとりたいから転職するのだとか。

42歳での転職活動。
厳しいかもしれないだろうけど、彼はカラっとしていた。


ワークライフバランス。

日本人は働きすぎだ。
仕事のためなら家族との時間をないがしろにしてもOKていう、感覚が強いけど、
本当は、仕事(ワーク)も家庭での時間(ライフ)もバランスをとることが大切。

家庭をもって、あたしもそれは痛感している。

今のあたしは、いとことは反対で、
仕事が少なすぎて、経済的に不安なので、転職を考えている。
そう、仕事が少なすぎて、経済的に困窮するのもまたバランスが悪い。


いとこの奥さんも2ヶ月前に転職したばかりらしく、
彼女の場合は、リストラだった。

大手企業の正社員だったのに、
合併を機に整理対照となり、リストラされてしまったのだとか。
今は新しい会社で派遣社員として、1日4時間の短時間勤務をしているとのこと。

あたしが「正社員の仕事を探してる」って言ったら、

「正社員って、なんなんだろうね。
私も就職したばかりの頃は、大手の一流企業でずっと正社員で働けるって思ったから、
入社してここまできたのに、合併だかなんだか知らないけれど、
正社員でも、あっさりこんな風に切られちゃって、
安定しているから正社員になるっていうのは、
今の時代、違うのかもしれないね。」と言われた。

ガツン!ってきた。

本当にそうなんだよね。
上場一部の大きな企業に長年正社員で勤めていても、
経済環境の変化でこんなに簡単に立場を覆されちゃって、
そういう人から見たら、今のあたしは、
「なんで正社員にこだわってるの?」としかうつらないのかもしれない。

何を軸に仕事を決めるべきなのか。。。
わからなくなってきた。



転職活動に邁進

書類選考を通過し、
一般常識、小論文の筆記テストを受け、
一次面接を突破した。

次は2次面接。
内定までどれだけかかるのかな・・・・。

中途採用って新卒と違って、
実務経験(即戦力となる)と人物重視選考のイメージがり、
もっとスピーディーに決まるのだと思っていた。

まあ、それぞれの会社によるのかもしれないけれど、
やっぱり今時は正社員になれるのは、ほんの一握りなのかなあ。。。。って
あらためて実感する。

面接でどう話すか、改めて練り直し中。
自分を知るいい機会。

そしてこれからどういう生き方をしていかなければいけないのか、
と自分を律していく機会にもなる。

正社員は危ない! 正社員は危ない! "リストラなう"を生き抜く方法
(2010/10/07)
尾方 僚、奥山 周 他

商品詳細を見る


↑図書館で借りて、今読んでいる本。
正社員になっても、そこがゴールではなく、
出発点だということ。

就活って、結婚に似ている。
自分が求めている条件、生き方に会う人を見つけ、
アピールする。
互いに求めているものが同じなら結婚。(就職)
でも、それは始まりに過ぎない。
長く続けるには互いに努力が必要なところなんかもね。

離婚経験が転職活動をするにあたって、役に立ってる。
無駄な経験はないって、本当だね。

お気に入り
最近の記事
プロフィール

qualitytime

Author:qualitytime
英語大好き☆子育て幸せ☆な家庭だったはずが、旦那のギャンブルでの借金や社内不倫が発覚し、別居(突然の家出と住所不明)、離婚調停をへて離婚しました。シングルマザーとして頑張っています。母として息子を立派に育てていきます!

月別アーカイブ
カテゴリー
あたしの英語関連本
訪問ありがとう!!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
読みの導入にこんなのはいかが?
あたしんちで使っている図鑑や科学の本
M男が今まで使ってきたワークブック
こんなのはいかが?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。