スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の風邪

誰でもかかる可能性があるという心の病。
別名「心の風邪」。

体の風邪と違って、そのつらさの違いは天と地だ。

少し前から気がついていたけど、少しずつ悪くなってしまった。
そう、あたしは『うつ病』にかかってしまったのだ。
本当はもっと早く病院に行くべきだったのに、
「まだ大丈夫」と我慢し続けてしまった。
頑張れると思っていた。

でもどうしようもないところまできていてしまった。

親に言われ、病院へ・・・・。
薬を飲むが、即効性がないので、相変わらずだ。

原因はよくある話だ。

旦那のギャンブル、借金、浮気。

ふふふ・・・・ホント、どこにでもある話しだ。
スポンサーサイト

あたしのうつ病

ギャンブルはず~と前から。
あたしが知らなかっただけで、結婚前からの趣味だったんだろう。
パチンコ、マージャン大好きな人。

それでもはじめは、小遣いの範囲内でやっていたし、
あたしに黙ってすることはなかった。

それがエスカレートしてきて、
「これで最後にするから、ごめん。」と
パチンコであけた穴埋めのお金を
生活費からむしりとられたことが何度もあった。


そのうち、黙って借金を作って、ギャンブルを始めるようになり、
ここ2年ほどは、女まで作っていた。
知っていたけど、あたしは黙って見て見ぬふりを続けてきた。
黙ってたのが逆によくなかったのか、
女にのめりこみ始め、開き直り始めた。

ばかな火遊びはすぐに消える、恋愛は一時の感情、
旦那の浮気の一つや二つ、男はそういうものだ・・・・
あたしはそう思っていたから別になんとも思わなかったけど・・・・・

旦那が離婚をちらつかせ始めたときは、
離婚理由は訳の分からないものだったし、
「あたしが知らないふりをしているのをいいことに、なんてやつだ!」
と無性に腹が立った。
そこではじめて、今まで我慢していた自分の中の感情が全て動いてしまった。

子供のこと、これからのこと、我慢していた複雑な色んな思い、
全てが湧き出して、整理できない。
頭がごちゃごちゃで、混乱している。
何も決められない、何もできない、もう一歩も前に動き出せない、
頑張れない、死にたいとさえ思ってる。



旦那の浮気とうつ病

毎日、毎日これほどしんどいことはない。
子供の顔を見ては、「いけない、いけない」と我に戻るけれど、
戻れないことも出てくる。

きっと今、全ての真っ最中だから。
そして今まで我慢しすぎたツケ。
心がポッキリと折れてしまった。


旦那の浮気は1年半ほど前から完全に知っていた。
一人だと思っていたが、最近になって、もう一人「怪しい・・・」と
思う人が出てきた。
なんせ、あたしはカンが鋭いのだ。

そしたら案の定、女は二人いた。
現在あたしを含め、3股同時進行中。
あたしは相手にされてないからただの二股か?!(苦笑)


それを知って、またまたショック。
立ち直れそうにない。
何度も「死にたい」と感じる。きっとうつ病のせいもあるのだろう。
衝動が止められるだけ、まだましだ。
M男が「お母さん大丈夫だよ。」て慰めてくれるからだ。

家を出ようか?
このままでは、いつか衝動を抑えられなくなってしまいそうで怖い。

浮気はやったもん勝ち!!

考えがまとまらず、今までの結婚生活や、
あたし自身のいたらなかった態度を責め続ける毎日だった。

子供のために、
「片親にはしたくない」
「なんとか家庭を守りたい」
「M男は男の子だから、将来絶対父親の存在が必要になる時があるはず」

そんなことを考えて、一年間旦那の浮気を見てみぬふりをしてきた。

仕事だといって帰りが遅く、朝も早く出て行き、
休みの日はどこへいくかも言わずこっそり抜け出し、帰りは午前様。

ここ一年、親子三人そろってご飯を食べたことなど無かった。
もちろん、旦那はM男と遊ぶことも無く、一緒に出かけることも無く、
「xxに行こう!」と約束してても、当日「やっぱりやめる」とドタキャンしたり、
M男の父親への信頼も失われている。
最近、M男は父親のことを「アイツ」と私の前で呼ぶようになった。


これを聞いた瞬間、私の中で何かが切れた。
私が守ろうとしているもの、「片親にしたくない」とか、「家庭」とか、
「息子にとっての父親の重要性」とか
そんなものはもう存在していないんじゃないかと。

もちろん両親そろって、仲がいい家庭が一番だけど、
親になる資格のない親に子供が育てられても、
仮面夫婦でお互いを信用できない両親を見て育つよりも、
しっかりと子供を愛し、慈しみ、
心から自分を守ろうとしてくれる親が一人でもいれば、
それでいいのではないかと。


昨日、法テラス(無料法律相談所)に行って来た。
別居や離婚に際しての色んなことを相談してきた。
勿論、事前に離婚関係の本を読んだり、ネットで調べたりもしてから。

慰謝料を旦那からも、浮気相手(同じ会社の10歳年下の部下)からも
取ってやりたいと考えていたけれど、
思うような決定的証拠
(メールでのやり取り等の状況証拠しかない)はなかなか見つからず、
法的に動いたとしても、私のほうが追い詰められるのではないかと言われた。

うつ病も患っているあたしなので、
精神的負担がかかることに労力を費やすことより、
一刻も早く病気を治し、
子供と二人、これからの生活のことを考えていったほうが得策だとの
アドバイスだった。

つまり。。。。。。
浮気っていうのは、証拠さえ隠しておければ、
やったモン勝ちですか。(苦笑)
あたしには、調査会社に依頼するようなお金もないしね。
慰謝料云々もお金持ちだけの話ですか。。。。


たとえ、ここであたしがギャフンと言わせられなくても
人の道に逸れたことをしでかした人間は、いつか天罰が下る。
あたしはそう信じている。



うつ病の原因と浮気調べ

あたしのうつ病の原因は旦那だ。

一年間見てみぬふりをしてきた、旦那の浮気と借金。
仮面家族だとしても、それでも、旦那がきちんと仕事をして、
家にお金を入れ、家族に暴力さえ振るわなければそれでいいと思っていた。
浮気だって遊びだろうし、放っておけば自然消滅すると信じていた。
色々調べると自分が惨めだし、普通にしていられなくなるだろうから、
一切何も調べることはしなかった。


それが旦那の一方的な「離婚宣言」で、これではまずいと思い始めた。
もし、本当に離婚になった場合、
あたしがM男を引き取り一人でやっていかなければならない。
そうなった時のために自分に不利にならないよう、
証拠を集めなくては・・・と思ったのだ。


まずは旦那の財布チェック。引き出し類、かばん等のチェック。
それらしいもの(領収書とか写真とかメモとか)は、
残念ながら一切出てこなかった。
やっぱり一番証拠が出てきやすいものはなんといっても携帯だ。

浮気をするようになると、
まず一番怪しい行動は、
携帯を肌身離さず持ち歩き、ロックをかける事からはじまる。
旦那もそうだった。
今まで携帯のチェックなんてしたことなかったけど、
自分と子供の将来のため、チェックを開始。

たまたま旦那は8月の終わりに携帯を替えたところで、
古いものが放ったらかしだった。
しかしロックがかけてある。
思い当たる数字をいれてみるがどれもヒットせず。
けど、何回目かで本当に偶然だが、解除できてしまった。
(ちなみにあとから知ったことだけど、
最近では携帯のロックを解読できるソフトが売っている)

ここをクリック

そこから約一年分の女とのメールのやり取りが出てきた。
でも決定的とは言えない内容ばかり。
けれど、
「好き」
「本当に大好き」
「寝顔が可愛い」
「朝までありがとう」
デートの約束等々の内容が出てきた。

体の関係があったかどうかは、
決定的なものが無いのでなんとも言えないが、
隠れてこのようなやり取りをすると言うことは完全に浮気だ!
(私の浮気の概念では)

相手は26才、会社の部下。
しかしこの女性とは一年も付き合っていたにもかかわらず、
今年の9月ごろ終わっているようだった。

・・・と同時に怪しい・・・・と思われるもう一人の女とのやり取りを発見!
古い携帯では「怪しい・・・・」という女の直感だけで、
それらしきやり取りがなかったのだが、
今度は新しい・現携帯も旦那の就寝中盗み見しはじめたらビンゴだった!
「怪しい・・・・」と思われるその女が、今度は新しい浮気相手になっていた。

またしても会社の部下、38歳。
メールのやり取りから、どうやらその女は未婚で彼氏付きらしい。
女まで二股。
最低なやつらだ。

携帯からあらゆる証拠が出てくるたび、
覚悟はしていたもののやっぱりショックだった。
話し合いを持とうとしても旦那との話し合いはいつも平行線で、
離婚理由がわからない。
そしてあたしの全てが悪いように揚げ足をとるかのような発言で、
毎日の生活がびくびくするようになり、
おまけに旦那が浮気をしていることも借金をしていることも
あたしは知っているのに一切知らないふりを続けて隠していたことが
余計に心の負担になってしまっていた。
話し合いでも一切それには触れなかった。

我慢に我慢を重ねたその結果があたしのうつ病だ。


お気に入り
最近の記事
プロフィール

qualitytime

Author:qualitytime
英語大好き☆子育て幸せ☆な家庭だったはずが、旦那のギャンブルでの借金や社内不倫が発覚し、別居(突然の家出と住所不明)、離婚調停をへて離婚しました。シングルマザーとして頑張っています。母として息子を立派に育てていきます!

月別アーカイブ
カテゴリー
あたしの英語関連本
訪問ありがとう!!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
読みの導入にこんなのはいかが?
あたしんちで使っている図鑑や科学の本
M男が今まで使ってきたワークブック
こんなのはいかが?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。