小学算数でつまづかないために

昨日、小学校PTA主催の保護者向け「家庭学習のための算数教室」が行われた。
子どもは一人で、専業主婦のあたしは時間がたっぷりあるので、
何かと学校の行事に足を運んでいるのだが、これにも迷わず参加した。

PTA会長は教育にとても熱心な方のようだ。
PTA会で先生が話された内容がとてもよかったということで、
是非その内容を保護者の皆さんにも聞いてほしいと
今回の算数教室が行われることになったそうだ。

内容は高学年向け・・・という感じがしたが、
低学年の子を持つあたしでも、「大きくなるとこんな勉強をするのね。」などと思いながら
どうやって難しくなっていく算数を教えていくべきなのか、
低学年は低学年なりの算数の下地作りの大切さを感じながらお話を聞くことができた。

いきなりだったが、
5年生と6年生の算数の問題を解くことになった。
高学年になると、つまづく子の多い分野からの出題だそうだ。
『割合』の問題。
割合は今まで習ってきた足し算、引き算、掛け算、割り算をベースにした総合的な問題になるそうだ。
だからか、「難しい」と感じる子が多いらしい。
けれど割合は小学校6年間の算数の中で、一番重要な分野であり、
また中学の数学へ繋がる重要な基礎になるので、
「難しい」と感じる気持ちを取り除き、理解できるようにしてあげる必要があるとのことだった。

<5年生の問題>
船には84人乗っていました。
これは定員の70%です。
船の定員は何人ですか。

<6年生の問題>
アリスさんは、家から集合場所の学校まで行くのに、歩けば20分、走れば8分かかります。
はじめ15分歩き、そのあと走って学校まで行きました。走った時間は何分だったでしょう。

どうです?解けましたか?

<5年生の問題>の解答
割合の求め方
 くらべられる量÷もとにする量=割合
 もとにする量×割合=くらべられる量
 くらべられる量÷割合=もとにする量

今回はもとにする量を求めるので
84÷0.7(70%)=120    120人と出てくる

<6年生の問題>の解答
まず距離を1と定める。
1分当たりいくら進むのかと考えると、
歩いた場合1÷20(分)=1/20
走った場合1÷8(分)=1/8
これが実は分速に当たる。

そしてはじめ15分歩いたのだから
(分速)1/20×15(分)=3/4
歩いただけで全体の3/4まで進んでいることになり、
1-3/4=1/4
残り1/4の距離を分速1/8で進むので
1/4÷1/8=2

つまり答えは2分

小学生の問題でもやり慣れていないと、
一瞬「うん?」と考え込んでしまわないだろうか?
「え?あたしだけ・・・・?

いきなり高学年の問題を見ると、「結構難しいじゃん!」とびっくりしちゃうけど、
小学校の算数は急に難しくなるわけではなく、
全て今まで、つまり1年生からのつながりの上に成り立っている。
だからからこそ、低学年のうちから「簡単だから放っておいてもできるだろう・・・」と思わないで
しっかり親が家庭で見守ってあげたり、手伝ってあげる家庭学習が大切だということだった。

小学校の算数というもは突然数式が出てきて、机上で解くものではなく、
生活の上にあり、実生活でも普通に使われていることばかりなのだそうだ。
これは小学校の先生からよく聞く話だ。

例えばクッキーを買ってきました。
「人数分に分けて」と言えば、そこで割り算の基礎が出来上がる。

「家族みんなのお皿を持ってきて。」と頼み、
家族4人分のお皿を二つの手で持ってきた。
2枚と2枚。
4という数の塊は2と2なんだと分かる。
これは1年の算数で学ぶ、数の分解の基礎。
もしくは同じ数の塊、2が二つ、ということで掛け算の基礎にもなる。

小学校の算数はこんな生活体験の積み重ねでもあるので
「具体物を通して体験させてあげると、より分かりやすくなる。」と先生はおっしゃっていた。
学校では先生が授業でみる生徒数が多いので、十分な体験をさせてあげることができないそうだ。
その分を家庭で、親のあたしたちに体験を積ませてあげて欲しいということだった。

そして、数の世界は「美しい」「綺麗」ということを教えて欲しいということ。
高学年になると倍数を習う。
この勉強のとき、『パスカルの三角形』というものを使っているということだった。
パスカルの三角形で2の倍数だけ、3の倍数だけと
その決めた数の倍数だけ色を塗っていくと、綺麗な模様が浮かび上がってくる。
つまり数の世界は整然としていて、とても綺麗であり、
中学に上がり、中学数学で一定の方式によって答えが導かれることを経験することにより、
その感覚がより鮮明にわかってくるらしいのだ。
すーと答えが導き出される快感に近いものなのかしら・・・?とも思うんだけど、
そういう数の世界の楽しさ、美しさを是非教えてあげてください、というのが先生の最後のお言葉だった。

小学算数につまづかないために家庭学習で大切な事
①小学算数は1年生からの学習のつながりの上に成り立つので、
低学年のときから、しっかりと家庭で見守ってあげること。
②具体物で示したり、家庭での生活体験を重ねさせてあげること。
③数の世界は「美しい」「楽しい」と感じてもらうように教えてあげること。


スポンサーサイト

3年生の算数に入ったよ

苦戦していた九九もほぼ完璧になったようで、(笑)
2年生の算数の基礎勉強は一応終わった。
ただ、もう一度復習をしてみて、固めたほうがいいかと思い、このドリルをしている。

算数しっかり総復習―新指導要領準拠 (小学2年)

基礎、つまり教科書で習うような内容とは違った応用問題が含まれていて、
力がつきそうなドリルだ。
これを選んでよかったなぁと思う。

これに並行して3年生の算数も始めた。
まずは教科書に沿った内容のこのドリルから。

啓林 算数3年 ドリルの王様

あたしんちは算数を固めるのに、3~4冊のドリルをさせ、
M男が内容をほぼ完璧に理解していて、計算力がついていれば、一応終了とし、
次の学年の算数に進んでいる。

どこまでつまずかず、先取りできるかわからないけど、
M男も楽しんでやっているようだし、
もしつまずいても、M男のペースで時間をかけてゆっくりできるので、
このまま頑張ってみようと思う。

算数の家庭学習

M男の家庭学習は、算数だけ先取り。(本人の希望による)
今月末で三年生の算数が一通り終わる。
文章題と発展的な計算問題のドリル1冊ずつを2ヶ月間かけてやってきた。
来月からは復習を兼ねてもう一冊三年生用のドリルをするつもりだ。

夏休みに入ったころに、4年生用のドリルをさせようと思っているが、
ひと学年分の算数が、小学校では一年かけてやるのに、
家で毎日少しずつやって、3,4ヶ月で終わってしまうなんて、なんだか複雑な気分だ。

ゆとり教育が撤回され、現在は移行期に入っており、
以前よりは学習する内容が増え、濃くなったらしいが、
それでも「ゆっくりすぎやしないだろうか?」と疑問に思う。

学習内容の移行措置について、問題集の会社がHPで解説してくれている。
こちら↓
移行措置について



図形の問題があまり得意でないらしいM男のために、
(小さい頃から積み木やラキュー、カプラなんかが得意で、よくやってたんだけどねーー;)
三年生用の問題に取り組みながら、図形関係のパズルもやっている。
能力育成問題集 11 積み木の問題能力育成問題集 11 積み木の問題
(2006/07/01)
伊藤 恭

商品詳細を見る


能力育成問題集 1 点描写1能力育成問題集 1 点描写1
(2006/07/01)
伊藤 恭

商品詳細を見る


このシリーズはレベル分けされているので、
1レベルが簡単だったら、次々上のレベルに上がることができる。

M男は特に、点描写シリーズがお得意らしく、
たった1時間で全ページ(問題集1冊分)説かれてしまったこともあり、
「しまった!」と後悔。小出しすべきだった。


ちなみにこんなものも買ってやらせてみた。
立体を作る問題では少し時間がかかったものの、数時間で全部解いてしまった。
子供騙し過ぎたのだろうか・・・・?!
・・にしても、この程度が出来るのに、なぜ算数の図形問題が苦手なのだ?!息子よ!
イージーキューブイージーキューブ
()
不明

商品詳細を見る

イメージだけでなく、論理的に。

4年生の算数をはじめたら、急に詰まりはじめた。
3年生と4年生では、たった1学年違うだけなのに、
内容が急に抽象的で高度になっているように感じた。

一番つまづいているのは大きい数。(実際の4年生でもつまづく子が多い単元らしい)
億とか兆とか体験の伴わない数にイメージがわかないようだ。
子供の生活の中では、あまり出てこない単位だもの。
当然といえば当然だ。

それとM男は、文章問題を解く時に、頭の中で解いてしまって、先に答えを出し、
後付けのように式を考えながら書くクセがある。
きっと内容を頭の中でイメージし、漫画の吹きだしのように絵でも浮かんで想像し、
その中で解いているのだろう。
だから、答えや考え方が合っていて、ちゃんとわかってるのに、
式だけがどうしても出てこないということがある。

算数を解く時に、体験として知っていて、それをイメージするということは、
小さい子には大変役に立つことだし、必要なことだと思う。
ただそれが生活体験として経験できない抽象的なことに進展していく時、
論理的に考え、それを数字や式で表すことができないと辛くなってくるんだなーと思った。

M男にとって、まだ年齢的に論理的な思考は難しいかもしれないとは思うけど、
練習することはいいのではないかと思っている。

ちょうどもうすぐ夏休みなので、学校の宿題が終わったら、これをやってみようと思う。

数量・図形トレーニング―算数・数学 (4年生上) (論理エンジン)数量・図形トレーニング―算数・数学 (4年生上) (論理エンジン)
(2006/07)
「論理エンジン」研究会

商品詳細を見る

買ってよかったお勧め事典

算数おもしろ大事典―IQ算数おもしろ大事典―IQ
(2007/01)
不明

商品詳細を見る


本屋を久しぶりにぶらついて、あたしの目に留まった本。
M男のためにかなり奮発して買っちゃった!!

算数オリンピックに出ているお子様達にも人気のある評判の辞典。
中身は本当にいい!! 
この内容なら、ほぼ4000円というお値段も許せる。
数の歴史から始まって、算数が得意になる応用編まで、
色んな算数にまつわる内容が事細かに説明してある。
算数好きのお子さんに、また好きにさせたいと思うなら、一家に一冊あってもいいかも


M男は早速気に入って、毎日あたしと少しずつ読んでいる。
詳しく言うと、あたしが読んであげて、わからない語句や考え方を説明したりしながらである。
地名が出てきたときは、地球儀でその場所(国)を調べたりしながら、
ときには紙と鉛筆で、図に描いたり、計算したりしながら・・・・・。
いや~、これはかなりヒット
お気に入り
ランキング
最近の記事
プロフィール

qualitytime

Author:qualitytime
英語大好き☆子育て幸せ☆な家庭だったはずが、旦那のギャンブルでの借金や社内不倫が発覚し、別居(突然の家出と住所不明)、離婚調停をへて離婚しました。シングルマザーとして頑張っています。母として息子を立派に育てていきます!

月別アーカイブ
カテゴリー
あたしの英語関連本
訪問ありがとう!!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
読みの導入にこんなのはいかが?
あたしんちで使っている図鑑や科学の本
M男が今まで使ってきたワークブック
こんなのはいかが?