スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父親の存在と男の子の思春期

新年度の始まりだ。
春休みが終わったらM男は、新3年生。
クラス替えがあり、多分、担任の先生も変わる事だろう。
名字も変わり、あたしの旧姓になる。

あたし:クラス替えがあるから、今までいた友達と別れることもあるし、
逆に今まで違ったクラスの子と友達になる機会もできるけど、
春休み終わってから急に名字が変わるのは大丈夫?
心の準備はできてる?

M男:うん!大丈夫。春休み前にもう皆に言ってあるから。
新しいニックネームも考えてもらったし。
(今までは名字にちなんだニックネームで呼ばれていた。)

M男の心は準備万端らしい。
そうは言っても、最初は抵抗あるだろうな。
生まれて初めて呼ばれる名字。

でも子供は順応性があるから、
親が心配するほどではないかもしれない。
毎日友達と遊び歩いて、楽しんでいるし、
自分のことで精一杯で、家のこととか名字が変わるだとか、
そんなことは二の次、三の次といった感じ。
それで良い。
子供には子供の世界がある。

不安なのは、これから入る思春期だ。
男の子なので、なおさら想像がつかない。
母一人で対処できるのか?と。

でも離婚せず、旦那が父親としていた所で、
家庭を顧みない人だったし、いてもいなくても、
結果は同じになったのではだろうか。
あたし一人で子育てを頑張るという結果。
無責任な父親の姿は、百害あって一利なし。

離婚がM男に与える影響は、
あたしがしっかりしてさえすれば、
少ないかもしれない。




2年前から英語でゴスペルを歌いに、
キリスト教の教会に月1ペースで行っている。
そう、もう2年も続いているのだ。
毎回ゴスペルを歌った後、英語でバイブルトークをするが、
普段生活していく上で「ああ、そうかもしれないな。」と
気づかされることが多く、人間関係や生き方の勉強になる。

バイブルトークの後は、いつも一緒に食事をするのだが、
そこで他愛もない会話がまた楽しく、
家庭的な柔らかい包み込まれるようなこういう教会だったからこそ、
2年も通えたのかなあと思う。
クリスチャンではないあたしに入会の強制や勧誘は決してない。

2年も通っていると、互いに心も通じ合えるようになるので、
あたしんちの状況などもポツリ、ポツリと話し、
弱音なども聞いてくれるのだけど、
「母親一人でM男の思春期を乗り越えなければ行けないのが不安で・・・・」
などというと、

「ここに来ている限りは大丈夫。
男の人もたくさんいるし、頼りになるよ。
M男くんの悩みに応じて、
お兄さん的な人が必要なときは、
年齢の近いお兄さんが、M男くんの相談にのってくれるだろうし、
お父さん的な年齢の人が必要なときは、
そういう人がM男くんの相談にのってくれて支えてくれると思うよ。」と励ましてくれた。
(シングルマザーでやってこられた先輩方がその教会にはいらっしゃる)

たしかに実際、今がそうなのだ。
教会に来ている男性たちが、代わる代わるM男と遊んでくれたり、
構ってくれたりして、M男もなついて楽しんでいる。

これから先、どうなるのか、
またM男もどう育っていくのか、
不安なことも多いけど、
ご近所さんたちや教会の方々、自分の親戚など、
あたしは周囲に恵まれていて、
たくさんの応援や支援、励ましを頂戴しており、
本当にありがたいことだと感じずにはいられない。

あたしには旦那がいないし、
M男には父親がいないけど、
その分、きちんと他で愛や情けを受けられるようになっているんだなと思う。

周囲からも愛されて守られて育つM男は、
人の痛みがわかる、いい大人になれるかもしれない。

災い転じて福となす!


スポンサーサイト

未来への財産

英語ゴスペルを歌いに行きたいという気持ちから、
月に一回、プロテスタントの教会に通うようになり、
イングリッシュバイブルディスカッションを通して、
少しずつ聖書の教えを聞くようになった。

難しいことや、宗教臭い話はあまりなくて、
生活の中で、
「こうしたらもっと変わるかな。」
「どうすれば、もっと良くなるのかな。」
なんてちょっとした考えさせられる話が多く、
実りある時間を過ごせていた。

月一回だった教会での聖書との触れ合う時間も、
今は、多いときで月に3、4回、
(ほぼ毎週に近いね・・・)
時には礼拝にも出席している。
牧師さんから直接手ほどきをうけ、
聖書の教えに耳を傾け、
自分のことに置き換えたりして、
どう生きたらいいのかを考える機会がほとんどだ。

英語での聖書ディスカッションだけでなく、
日本語でのディスカッションにも参加している。
グループで、あるテーマに沿って話し合うのだけれど、
いつも、いつも敬虔なクリスチャンの生き方の謙虚さには頭が下がる思いだ。

あたしにとってそれは、
自分を戒め、新たな生き方を模索するのにいい機会になっている。

人から受けた裏切り、離婚、
息子を一人で育てなければいけない責任と重圧に
まだまだ心乱れる日々だけど、
この経験は、人の痛みに共感し、自分を振り返ることができるための
いい機会になると思う。



過去は過去。
今は今。
未来は未来。
今のあたしは、辛く悲しい過去によって確実に成長しているはずだ。
それはきっと未来への財産になるよね。




(余談)
「聖書の教えが本当に必要なのは
お母さんじゃなくて、お父さんのほうだよね。」とM男。

バイブルディスカッションを横で聞いているM男の一言だった。
聞いてないようで子供はちゃんと聞いており、
その善悪をも分かっている。

そうだね。
身勝手にやりたい放題やっている人こそ
その罪を悔い改め、生きる道を見つけて欲しいね。


また一人ワープア?後任決まる!

あたしの後任の方が決まった。
若い方だ
本当にこんな世の中でいいのだろうか?と思う。
大学を出てほんの間もない人のようだが、
もう少し頑張って、正社員の道を探せなかったのだろうか?と
老婆心ながら、後任の方の行く末を案じてしまう。
「アラフォー、扶養ありの難あり」女でも
なんとか転職活動を頑張って、少しでも未来ある正社員へ就くというのに。
若くて独り身だったら、
あたしなんかより、もっともっとチャンスはあるし、
なんでもチャレンジでできるのに。



ここでアルバイトの延長のようなことをするらしい。
また一人ワープアさんが増えるんだなあ。

あたしは、てっきりご主人の扶養に入った主婦がくるんだと思っていた。


まあ、こんなことを思っても仕方がない。
どんな人なんだろう。
来週から引継ぎをする。



ところで、新しい後任の方の話をしながら、
上司がこんなことを言った。

「他の人らは、生活できているんだろうか?」と。

他の人らというのは、あたし以外の契約社員の人たちのこと。

「この間、彼らの給料明細を見て、びっくりした。
あんなで、やっていけてるんだろうか?
やめたいとか、言ってなかったか?」

今の会社は、というかこの課は、
本当に人間関係は良好で、
上司も憎めない、いい人なんだ。
会社のシステムとして、契約社員の待遇はどうしようもできないけど、
人として、こうやって思いやってくれたりしてれる。

だから、辞めにくかった。
寂しいな、
ここでの仕事もあと一週間か。。。。



絶対に綺麗になってやる!

鏡の中の自分を見て驚いた。
すごーーーく老けていた。
疲れきった顔。



お ば  さ ん


なんだかんだと4ヶ月。

精神的におかしくなっていたので、見た目もひどくなっていた。

彼とのことはやっと終わったようなので、
自分が幸せになることだけにエネルギーを費やさなければ!

久しぶりに、マッサージに行って、フェイシャルエステに行った。
体を解し、エステで磨いて、ちょっと生き返ったような感じがした。
もっと綺麗になって見返してやる!!

まだまだアラフォーでもいける!
まだまだこれからだわ!

永久脱毛に、歯のホワイトニング、ジム通いをしている。
絶対に綺麗になってやる!

この夏は、ビキニを着て、ブイブイ言わせてやる~~~~。
↑これは言いすぎ?!

苦しかった日々

ここ2週間、とても苦しかった。

ロシアくんからのメッセージ、
元夫との和解とさよなら。

過去を振り切って、ひたすら前に進んでいたところ、
後ろからギューーーーーと髪を引っ張られ、
身動きがとれなくなってしまったような、
そんな2週間だった。


過去を色々思い出したり、
葛藤したり、
心がかき乱されるような
そんな2週間だった。


以前から申し込んでいたラフティング。
色んなことがあった後だったので、
気分は乗らなかったけれど、
行って、正解だった。

死ぬほど笑って、はしゃいで、体を動かして、
すっきりした。
生きてる~~~~~♪って心から実感した。

楽しいこと、幸せになれる瞬間は、私の人生において、まだまだたくさんある。
そう感じた。

ラフティングしたその川は、
ロシアくんとの思い出が沢山詰まった川だった。
最初は、景色を見ながら、涙が出そうになった。
ロシアくんの嬉しそうなあの時の顔が頭に浮かんだからだ。
あれから1年も経っていないのに、
こんなに変わってしまった現実がある。

でもラフティングの楽しさや興奮で、
その思い出の上に、新しい思い出が上書きされた。
少しずつ、美化されたロシアくんとの思い出が、他のことで上書きされるといいなあ。



お気に入り
ランキング
最近の記事
プロフィール

qualitytime

Author:qualitytime
英語大好き☆子育て幸せ☆な家庭だったはずが、旦那のギャンブルでの借金や社内不倫が発覚し、別居(突然の家出と住所不明)、離婚調停をへて離婚しました。シングルマザーとして頑張っています。母として息子を立派に育てていきます!

月別アーカイブ
カテゴリー
あたしの英語関連本
訪問ありがとう!!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
読みの導入にこんなのはいかが?
あたしんちで使っている図鑑や科学の本
M男が今まで使ってきたワークブック
こんなのはいかが?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。